原発再稼働に対する私見

49502d4687fec7ee02ed228ea7000b4f[1]  再稼働申請中の10原発17機

原発再稼働に対する私見

私は原発再稼働賛成である。
原子力発電の発電単価」は安くはないが、既設の設備を運転する限りにおいては安いであろう。
「新規制規準対策」に関する新たな投資は必要であるが、再稼働しなくても設備廃棄費用は必要である。
原発事故は「安全神話」が招いたものであり、厳罰に処せられるべき個人と団体が存在する「人災」である。
また、大規模発電で温暖化に最も影響が小さいのは原子力発電である。

夏までには原発再稼働が実現しそうだという見通しがあったが、今はその夏真っ盛りで、川内原発1,2号機のみが「審査書案の了承」 まで終了した段階にとどまっている。
秋には再稼働しそうであるという。川内原発の地域住民および地域の首長は、比較的再稼働を歓迎する意見が優位なように思われるから、期待通りに再稼働するであろう。
川内原発が再稼働すれば、一つの範例ができるわけだから、順調に再稼働が進むであろう。ただし、例外的にもめる場合があるだろう。特に東電の事業所では。


原発再稼働には、私なりの制限条件がある。
まず、1原発2機の稼働にとどめること。稼働している原発が多いと同一敷地内の事故の確率が増える。1機でも事故が起これば、その対策に集中しなければならない。次段階として、1原発1機の稼働が理想である。今、再稼働申請中の原発では、泊原発(北海道電力、北海道)だけが1,2,3号機3機であり、その他は2機以下である。


柏崎・刈羽原子力発電所(新潟県)は、原発7機がある世界最大の原発である。私見としては、今申請中の6,7号機で一つの事業所にする。次の再稼働申請をするとすれば、別の事業所として分離し、それぞれを別の事業所長の責任管理下に置く。同一敷地で近接するのであるから、それなりの厳しい再稼働条件が必要であろう。


高速増殖炉もんじゅ(敦賀市、敦賀半島)を廃棄すること。日本原子力研究開発機構に所属する。
数々の失敗を重ね、成功の見通しがなく、存在が危険なだけである。金を食う以外にやる気も感じられない。継続は単に関係する官僚のプライドと権益維持と予算配分だけではないのか。
もしものことがあれば、琵琶湖を汚す。嘉田前滋賀県知事の「卒原発」は言い得て妙である。「もんじゅ」には今すぐ卒業してもらい、解体しましょう。国防上もアキレス腱になるだけである。



その他のエネルギー源、発電方式
風力発電、ソーラー発電はエネルギー密度が非常に低く、将来もエネルギー密度を高めて経済性を実現することができない割高な発電方法である。バイオマス発電、地熱発電も規模は大きくない。
石炭火力発電は、最も経済性に優れているが、温暖化ガスである炭酸ガスの排出量が多い。
期待できるのは、メタンハイドレートである。早期実用化を期待する。これが実用化されれば、原発の負荷を大きく減らせる。


※「カテゴリ」に「原発再稼働」を新設しました。クリックすると「原発再稼働」がまとまって表示されます。乞活用。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR