長谷部 誠 選手

8707e58f5617a69b97ad8ee1b93c33fb[1]  長谷部 誠 選手

長谷部 誠 選手
2011年3月 『心を整える勝利をたぐり寄せるための56の習慣出版
印税は全額を同年同月11日に発生した東日本大震災の支援のために日本ユニセフに寄付することを決めた。9月までに100万部を売り上げ、スポーツ選手の著書としては初のミリオンセラーとなった。2013年3月のビルト紙によると、売上は140万部を超えており、寄付額も180万ユーロ(現在のレートでは約180万ユーロ×140円/ユーロ=2億5200万円だが、民主党時代レートは少し低かった(円高))に達している。


日本ユニセフ協会の資料より
あさひ幼稚園の園舎には、町内のお寺「大雄寺」の参道に植えられていた樹齢300年にもなる杉の大木が使われています。この杉も津波に飲まれ、塩害で立ち枯れる運命にありましたが、南三陸の命を伝える木として園舎に生まれ変わり、子どもたちを守っています。 。


公益財団法人 日本ユニセフ協会は、地震および津波により被災した岩手県・宮城県・福島県の自治体からの要請を受け、保育園や幼稚園の仮設園舎、学童等の建設や大規模な修繕のための支援を実施してきました。その対象施設の一つ、南三陸町のあさひ幼稚園の新園舎再建には、ドイツ・ブンデスリーガで活躍する長谷部誠選手からお預かりした総額1億1700万円のご寄付を活用させていただきました。

こうした形でのご寄付の活用は、ご自身の呼びかけに応えてくださった著書の読者お一人お一人の気持ちを具体的な形にしたいという長谷部選手の思いから実現。著書の印税と、長谷部選手が2011年6月に出身地藤枝市で開催されたチャリティイベントの収益金の全額が寄付されました

BpKvXBRCcAAKvXL1[1]  コスタリカ戦を観客席より観戦

ユース経歴
ランカーFC
1990年 - 1995年 青島東サッカースポーツ少年団
1996年 - 1998年 藤枝市立青島中学校
1999年 - 2001年 藤枝東高校

プロ経歴
2002年 - 2007年 浦和レッドダイヤモンズ
2008年 - 2013年 VfLヴォルフスブルク(ドイツ)
2013年 - 2014年 1.FCニュルンベルク(ドイツ)
2014年 - 現 在 アイントラハト・フランクフルト(ドイツ)



 『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』 の内容紹介

心は鍛えるものではなく、整えるものだ。
いかなる時も安定した心を備えることが、常に力と結果を出せる秘訣だ。
自分自身に打ち勝てない人間が、ピッチで勝てるわけがない。』
日本代表キャプテンとして、チームを勝利へ導いた男の実践的メンタルコントロール術。


長谷部誠はサッカー選手としては、特に特徴がある選手ではない。
試合を決定するフリーキックが蹴れるわけではないし、突出したテクニックを持っているわけではない。
だが、彼はあらゆる指揮官に重宝される日本代表の中心選手だ。
浦和レッズではタイトルを総なめにし、移籍したドイツでは、クラブチームを初優勝に導いた。
そして、アジアカップでのチーム優勝……。


彼は一体何を持っているというのか。
それは、類まれなるメンタルコントロール力である。心はよく「鍛える」「磨く」などとされるが、長谷部誠は違う。
心は「整える」ものなのだ。
生活のリズム、睡眠、食事、そして、練習。日々の生活から、心に有害なことをがないように、自分で整える。
そうすることによって、いかなる試合でも、いかなる場面でも揺らぐことがなく、ピッチで力が発揮できる。

実践することはいたってシンプル。力を抜いて無理なく自然体
(コピペ(^^♪を修正)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR