鶴岡天神祭り

天満神社 鳥居
                                               鶴岡天満宮 前景 2114.5.25 
鶴岡天神祭り   天神様編
5月25日天神祭りの日に故郷鶴岡にいるのは、高校を卒業してから数十年、はじめてのことである。
この際、朝から夕方まで祭りを徹底的に享受・堪能することに決めた。すなわち「おまつり」への参加である。

前夜、湯田川温泉に宿泊し、「庄内物産館」から出る急行バスで帰る友人を見送り、車を鶴岡市役所に駐車した。

まず、お祭りの概要を把握したいとおもった。
パレード(行列、くねり)は駅前ともう一か所、二か所より出発し、途中で合流し、「おまつり広場」に集まる。
おまつり広場は、映画「花のあと」で撮影されたあの桜の古木がある鶴ヶ岡城二の丸跡(鶴岡公園内)である。
そこには舞台が設営され、フラダンス、「阿部武雄」の歌謡祭、ジャズコンサート、ストリートダンス、など、一般市民、高校生、小中学生、幼稚園児まで参加しさまざまな催しが繰り広げられていた。


DSC00582.jpg
                                               鶴岡天満神社本殿 2114.5.25 
それから、お祭りのご本尊の「天神様」に参拝することを目的にした。
天神様は屋台などで賑わう主会場「鶴岡公園」から遠いので、お祭りに来ても参拝しない人が多いようだ。
庄内神社が鶴岡公園の中心本丸跡にあるので、こちらが「ご本尊」と勘違いしている向きもあると聞く。

実は、天神祭りのときに天神様に参拝したことはあるのだが、昔のこと、市内における天神様の位置はもちろんのこと行く道筋が記憶から飛んでいる。夕べ湯田川温泉でこの話を酒田出身の同部屋の友人と話していたのだが、部屋のテーブルに鶴岡市の地図が置いてあり、それでチェックしていてくれた。天神様は羽黒街道と呼ばれる道筋にあり、昔は田んぼと離接していたように思うのだが、今は住宅街の中、それも新興というよりは落ち着いた雰囲気の住宅地にあった。
なお、私の生家は市街地から8kmほど離れた羽黒山とは正反対の方向にある水田と砂丘を耕作する農村地帯にある。


DSC00562 (800x542)
                           ご本尊に参拝する「化け物」に扮した母子三人連れ 2114.5.25 
鶴岡天神祭 (化けものまつり) のこと
つるおかてんじんまつり (ばけものまつり) 
毎年5月25日  今年(平成26年、2014年)は日曜日でした


菅原道真公を祀る鶴岡天満宮の祭り。通称「化けものまつり」。道真公が太宰府に配流になった際、別れを惜しむ人々が時の権力をはばかり、姿を変え、顔を隠して酒を酌み交わしたという言い伝えによるもので、鶴岡でしかみられない奇祭。化けもの姿で三年間誰にも知られずにお参りができると、念願がかなうといわれている。当日は、市内あちこちに化けものが出現無言で酒をふるまうほかに、神輿や道真公行列、天狗舞、手踊り行列など総勢約2500人のパレードが市内を練り歩く。

化け物は無言で「お神酒」を注(つ)いで歩くが、車を運転する人を考慮して、ジュースやお茶も持ち歩いている。

DSC00560 (640x393)
                                     巫女さん達 選ばれし女子生徒達 2114.5.25 

DSC00570.jpg
                      学問の神様「菅原道真」に絵馬を奉納する女子生徒四人組 2114.5.25 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR