津波堆積物   JpGU(日本地球惑星科学連合) 2014

DSC00342.jpg
日本丸   最終日5月2日朝、桜木町から会場パシフィコ横浜まで歩いた。その途上に撮影。

津波堆積物   JpGU(日本地球惑星科学連合) 2014 

福島第一原発事故の経緯を検証すると、最も頼りになる予知・予測法は「津波堆積物」の調査・研究である。
その手法は、津波堆積物の調査により、地震・津波の過去の履歴を知ることである。
「地震予知」は機能せず役に立たないどころか、「津波堆積物」の研究などの前に立ちはだかり、むしろ邪魔をした。


「古きをたずね、新しきを知る」という言葉があるが、地球の歴史、地震・津波の歴史についても言えることである。
「クラシック」という言葉があるが、本来、典型・類型(の繰り返し)を知るという意味だという。
この意味で、「津波堆積物」による地震・津波の研究は「クラシック」である。


この分野の著名な研究者に、箕浦幸治(東北大)、平川一臣(北大)、岡村 眞(高知大)、宍倉正展(産業技術総合研究所)などがいる。

この分野の研究と「地震空白域」の関係・対応が議論されたことがあるのだろうか? 私は知らない。
この関係・対応は地震予知とまではいかないまでも、信頼できる地震の予測につながるであろう。


JpGU(日本地球惑星科学連合) 2014 におけるこの分野の研究発表件数は多かった。
しかし、発表会場が狭く、聴衆が廊下まではみ出していた。
会場全体は広く、余裕がある会場が多かったことを考慮すると、主催者のこの分野への評価・思い入れが低いように感じられ、残念であった。


注目講演;地球惑星トップセミナー(メインホール)
宍倉正展: 巨大地震を掘り起こす -津波堆積物からわかること・わからないこと-

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR