平川一臣 という人

吉里吉里浜2      
吉里吉里浜 (岩手県大槌町)  2014年4月17日撮影  
破壊された防潮堤が散乱する。 歩くと砂浜はかすかに鳴いたが、私は大震災前の鳴きの程度を知らない。
ここは、井上ひさしの小説「吉里吉里人」の語源ではあるが、小説の舞台ではない。
小説の舞台は、あの朝ドラ「あまちゃん」を書いた「宮藤官九郎」生誕の地若柳(栗原市、宮城県最北)である。


平川一臣 という人
NHKBSで宮沢賢治について語ったことが印象に残っている。
  カテゴリ<平川一臣 津波堆積物の研究>をクリック、最下段(2012年9月27日)の記事
そして、井上ひさしについて以下のように語っている。平川さんのブログから<コピペ>する。
この方、読書の少なくとも一部分は、好みが完全に私と一致する。嬉しい限りだ



閑話休題かな?
カテゴリ : Diary 執筆 : hkazu 2012-2-11 13:45 .
このところ,取材が多い.当然だろうが・・・,でも,取材で聞かれているうちに,自分の頭がさらにクリアになっていくことを感じながら,揺るがない確信と,問題点を残している部分がさらに仕分けられていることを感じ取っている.丁寧に応対しなくっちゃ!.  

3.11 津波に学ばねばな。らないことは,まだまだいっぱいあるのだが・・・,すでに(研究の側面でさえ)忘れられつつあるのだろうか???・・, 3.11津波の様相を丁寧に地形図上で見直し,分析的に考え,検討していて・・・,ちょっと疲れた.その瞬間に,実在する集落(地名)が脳を刺激して,

吉里吉里浜
吉里吉里浜全景    2014年4月17日撮影
最近、浸食され狭くなって行く砂浜が多い。その共通点は重い砂鉄の残留比が高く黒っぽいことである。
しかし、ここの砂は石英の粒がキラキラと輝き、砂鉄の黒っぽさを感じさせなかった。

井上ひさし「吉里吉里人」を思い出した.・・・抱腹絶倒,才気煥発,博覧強記,縦横無尽,痛快無比,(品性不良)・・・,あらゆる四文字熟語を勝手に並べて(造語しても)なんでもOKになる,ひとりでにやにやし,納得し,啓発され・・・・.”ふかいことを,おもしろく”井上ひさしさんは,いい.本当にいい.腹筋を鍛えるのに(ついでに,アタマと心の筋肉を鍛えるのに)最適にして最良の方法ではなかろうか?まちがっても,電車の中や,授業中(内職)に読まないことだ: ここで急にマジメになってですね,・・・,

3.11以降,取り憑かれたように津波について調査し,考え,ただただ夢中で過ぎた1年だった.とくに頑張ったわけではない.しかし,1日として倦むことなく弛むことなく(ちょっとは弛んだか!?),毎日緊張感を持って,勤勉に日々が過ぎてきた,そういう勤勉,緊張感のなかにいる自分が好きだ,そう言える感覚が嬉しい.

65歳に達せんとするこの期になって,そういう精神とそれを支える身体でいられるのが,とにかく嬉しい.津波でなくなった人達を前に,そんなことを言ってはならないのだが,まったく違う意味での”3.11への個人的謝意”だと書き残しておきたい. ・・・なんちゃって,とここでドイツ語風におふざけでマジメに混ぜ返すことができれば,井上ひさしに弟子入りできるのだがなあ,と非才を悲しむのみ.あちらの世界に行ってから考えるしかない. やっぱり閑話休題でした. .

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR