スキージャンプに対する風の影響

ジャンプ台
「白馬ジャンプ台」 は長野オリンピックのとき建設され用いられたジャンプ台

スキージャンプに対する風の影響


飛距離の測り方:飛び出し(踏み切り)地点から着地地点までの斜めの直線距離を測る。
               すなわち、水平方向の距離と落下距離の合計(ベクトル)である。
               着地点は両足の中間とし、0.5メートル間隔で表示する。


飛距離に対する風の影響
向い風は、斜面に沿って斜面と同じ角度の上昇流となり、ジャンパーを浮かせる作用をする。
追い風は、斜面に沿って斜面と同じ角度の下降流となり、ジャンパーを沈める(たたきつける)作用をする。

飛行機は風に向かって飛び立つが、空気と飛行機の相対的な速度が大きくなるからである。
スキージャンプの場合は、それに加えて斜面上昇流(スロープリフト)下降流が、
プラスに作用するか、マイナスに作用するか、の違いが加わるから極めて大きい影響がある。


滑空機(グライダー)は、スキージャンパー(競技者)に比べ、浮く性能が桁違いに大きいから、上昇流があれば永遠に飛び続ける。アンデス山脈では日昇から日没に間に最大3,000kmも飛ぶという。しかし、下降流があると飛ばないどころか事故につながる場合がある。
ジャンパーの飛行スタイルがV字になったのは滑空性能をよくするためである。



446b6e1c[1]

参考;モモンガとムササビ
V字飛行をモモンガに例えていた。 両種ともネズミ目(齧歯目)リス科モモンガ亜科に属する。

モモンガ(摸摸具和)は、
滑空によって飛翔する性質を持つリスの仲間。狭義には、ニホンモモンガ(Pteromys momonga)を指す。
前脚から後脚にかけて張られた飛膜を広げて滑空する。ニホンモモンガは、体長14-20cm、尾長10-14cm、体重150-220g。体重1500gまでに大きくなる、ムササビよりはるかに小さい


ムササビ(鼯鼠、鼺鼠)は
野臥間、野衾(のぶすま)という異名がある。、モモンガの飛膜は前肢と後肢の間だけにあるが、ムササビの飛膜は前肢と首、後肢と尾の間にもある。飛膜を広げることでグライダーのように滑空し、樹から樹へと飛び移ることができる。160m程度の滑空が可能である。長いふさふさとした尾は滑空時には舵の役割を果たす。頭胴長27-49cm、尾長28-41cm、体重700-1500gと、モモンガに比べて大柄であるのみならず、日本に生息するネズミ目としては、在来種内で最大級であり、移入種を含めても、本種を上回るものはヌートリア位しかいない。
ムササビは日本の固有種であり、本州、四国、九州に生息し、日本国外には生息していない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR