帆船 OECD国際学習到達度調査の1問

DSC08769.jpg  こんな形の凧を持っている  パラグライダーの形

帆船 OECD国際学習到達度調査の1問

日本の成績が上がったと話題になっている。私好みの面白い設問があったので取り上げる。

この問題を問題として出したことが面白い。
凧とグライダー(滑空機)が趣味の私には超面白い。
省エネの問題であることも面白い。
自律安定性とフィードバック制御? この兼ね合いの問題が面白そうだ。


凧は「剥離」の状態であがるが、
「層流」で飛行する航空機より安定させるのに難しい面があると思われる。
2000年の歴史がある凧だが、ここでどんな発展を見せるのか。
楽しみである。


DSC08760.jpg

25%は1/4  4×6=24だから、24の1/4は6  24+6=30km  答 D 

DSC08761.jpg

ルート2は1.414(ひとよひとよ) 150×0.4は60 150+60=210より少し大きいから212  答 B

直感的に最短距離で解こうとした、解答の回路。
もう一問あるが長くなるのここまで。

良い問題を出すよすなあ!!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR