柏崎刈羽原発の再稼働は東北電力で

柏崎刈羽原発の再稼働は東北電力

前稿その2の、問題のタンクは

容量が1基約450トンで、セシウムなどを除去した汚染水が入っている。原発事故の直後2011年4月に設置された事情はあるが、55メートルで50センチの傾斜地に傾斜地なりの傾きで建設したのは柴崎直明福島大教授が指摘しているように問題が大きい。


このタンクの建設法は「囲碁」でいう「本手」ではない。後々まで禍根が残る「ウソ手」である。今回の「トラブル」はその禍根である。すなわち、今回の事故は起こるべくして起こったのである。

これが分からないのをプロフェショナルではなくアマチュア=素人という。東電は素人集団であることになる。
素人集団が原子力発電所を計画し、設計し、建設し、操業・発電し、送電し、売電した。恐ろしい限りである。
だから福島第1原発事故は起こるべくして起こった事故である。したがって、犯罪である。


柏崎刈羽原子力発電所の再稼働は東北電力で

今、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働が問題になりニュースを賑わしている。
新潟県は東北電力の範囲である。すなわち、新潟県は東北6県には入らないが、東北電力に関しては東北7県で新潟県が入っている。


だから、もし、柏崎刈羽原子力発電所を再稼働するのであれば、その立地地域でもあるし、東京電力は福島原発の事故処理で手一杯、いや手に余るのだから、東北電力に移管して稼働すべきである。

東北電力女川原発が事故を起こさなかったのは、偶然ではない。計画段階から周到な津波対策、事故対策を行った東北電力の技術力の背景があるのである。ただし、柏崎刈羽原子力発電所を東北電力が傘下に納めるか否かは東北電力に選択権があるのだが。

  参照  本ブログ 2013年1月21、22、25日
       http://tsujiandon41.blog.fc2.com/blog-category-29.html


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR