試験運転再開「アルプス」、また停止

thumbnail_67421386001_611139952002[1]  ALPS=多核種除去装置   テレビ東京

試験運転再開「アルプス」また不具合で停止 福島第1原発
  2013年9月28日 読売新聞 日本経済新聞  NHKなど

東京電力は28日、福島第一原子力発電所の汚染水浄化装置「ALPS(アルプス)」の試運転を、27日午前0時すぎに再開したが、午後10時40分頃、汚染水から取り除いた放射性物質をタンクから排出する部分で不具合が生じ、停止した。廃液が流れにくくなっていることが判明したが、ポンプには異常がない。 

放射性物質を含む泥状の沈殿物を流し出す仕組みだが、出口での沈殿物の排出流量が減少していた。停止までに約100トンの汚染水を処理したという。沈殿物の詰まりなどが考えられるが、原因は不明という。不具合の理由がわかるまでALPSの運転を停止する。


<コメント>
泥状沈殿物は放射性物質が濃縮されているから、トラブッタら取り扱いが難しいだろう。だから完全自動・無人で処理する必要があると思われる。東芝がこのような問題処理に長けているとは思われない。得意な業種・業界がある筈である。

日本の知恵の総力を結集せよ。残された時間は少ない。いや、ない!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR