小泉今日子 

小泉今日子 こまつ座主演     『頭痛肩こり樋口一葉』に出演の女優6人
(下段中央から時計回りに)小泉今日子、三田和代、深谷美歩、若村麻由美、愛華みれ、熊谷真実


小泉今日子  「あまちゃん」の母「天野春子」

小泉今日子主演で 井上ひさし作 『頭痛肩こり樋口一葉』が、こまつ座第100回記念公演として、紀伊國屋サザンシアターにて上演され8月11日最終日を迎えるという(7月11日初日)。こまつ座(井上ひさし脚本)の代表的な演目である。

この後、  8月17,18日;西宮、  8月20,21日;金沢、  
8月25日;山形県川西町(旧小松町;井上ひさしの出身地)   8月27日;仙台  で上演される。

配役:
小泉今日子;貧困のどん底から筆一つで「たけくらべ」などの名作を残した樋口一葉を演じる。
○三田和代;一葉の母・多喜、 ○深谷美歩;一葉を支える妹・邦子、 ○愛華みれ;旗本のお姫様に生まれながら時代に翻弄される稲葉鑛、 ○熊谷真実;玉の輿から女郎に転落する八重。 
若村麻由美;幽界(あのよ)と明界(このよ)を行き来して夏子と心を通わせる幽霊・花螢役;「一度は演じてみたかった、あこがれの役です」と意気込む。  この女優6人が全出演者である。


2013_higuthi_img1-thumb-262xauto-82[1]  いつものレトロなポスター

「井上ひさし」と「宮藤官九郎」の比較論をやってきたが、「小泉今日子」が両者の脚本を同時に演じていることを知ったのは最近のこと、感慨深い。「あまちゃん」で「アキ」の母「春子」役は宮藤官九郎の指定(というかお願いというか)らしいが、井上ひさしの脚本を、それも「こまつ座100回記念公演」で主演しているのだから、演技者として小泉今日子の評価は高いのであろう。

小泉今日子の印象深い役は、「踊る大捜査線」の「日向真奈美・猟奇殺人犯」役である。あの「何てたってアイドル」がこのド迫力な役・演技をやるのだから凄いと思った。宮藤官九郎の脚本には「何てたってアイドル」から「日向真奈美」までの振れ幅が大きい役柄を意識しているふしがある。

太巻との闘い、影武者をやらせた連中に対する復讐劇、今日(8月10日)の家出したユイの母(八木亜希子)に対する演技などは「日向真奈美」役をほうふつとさせるような迫力がある。「クドカン」はそれを意識して脚本を書いていると思われる。あまちゃんの母「春子」役は小泉今日子にとって代表的な名作・名演になるであろう。

能年玲奈」はデビューで名作に会い、名演を続けている。
若くしての名作・名演は、蒼井優「フラガール」に匹敵する。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR