官直人がおかしい

官直人がおかしい

>吉田昌郎福島第一原発所長 2011年3月12日
>「これから海水注入中断を指示するが、絶対に注水をやめるな」

3月12日、水素爆発した1号機への海水注入をめぐり、「首相の了解がない」と中断を求めた本店に反し、小声で作業員にこう伝え、自らの判断で事態の悪化を防いだ。(本ブログ 7月10日)


民主党の菅直人元首相は、2013年7月16日、
安倍晋三氏(自民党総裁、首相)が東京電力福島第1原発事故への菅内閣の対応を批判したメールマガジン記事(2011年5月20日付)に事実誤認があり、名誉を傷つけられたとして、記事の削除や謝罪を求める訴訟を東京地裁に提起した。菅氏が同日、衆院議員会館で記者会見して明らかにした。

訴状によると、安倍氏は2011年5月20日付のメルマガ記事に、同原発事故の初動対応に関し「海水注入をとめたのは菅総理だった」「海水注入は菅総理の英断とのウソを、側近は新聞・テレビにばらまいた」などと記載した。(時事ドットコム)  


真実は吉田昌郎福島第一原発所長 2011年3月12日の発言の中にある。
官直人は嘘をついている。自分は首相だから日本国民の一人吉田昌郎福島第一原発所長が言ったこと、命令したことは自分のことと錯覚しているのでは。原発事故について、東電に当たり散らすばかりで足手まといになり邪魔な存在だったことを思い出す。腹が据わっていない、へなちょこな、屁たれで、どうしようもない人間が今日本のトップにいると情けない思いをしたことを思い出す。

なまじ東工大物理卒の生半可な知識は首相という立場には邪魔だと思ったし、原発事故が起こったとき仙谷由人だったか「官直人は運が良い」といったことを思い出す。支持率が低下し政権末期だった官内閣が原発事故で寿命が延びるということだった。



菅元首相の安倍首相提訴、「なぜ参院選終盤の今なのか」菅長官が不快感
                                                     産経新聞7月17日(水)
 
菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で、民主党の菅直人元首相が東京電力福島第1原発事対応を批判した安倍晋三首相のメールマガジン(2011年5月20日付)の記事の内容に名誉を傷つけられたとして、首相を提訴したことに不快感を示した。「2年以上前のことをなぜ今更(提訴)なのか。参院選も終盤になり、投票が差し迫っているので、何か思惑があるのかな、とさえ思う」と述べた。

同時に、首相のメルマガ内容について「首相は、それなりに確たるものがあって書いたのだろう」と指摘。提訴を受けた首相側の対応に関しては「参院選の真っ最中だ。当然、終わってからになるだろう」と語った。

<コメント>吉田昌郎福島第一原発元所長が亡くなったタイミングだからかな?



民主党内でももめている。

細野氏「菅元首相はしばらく黙って」
民主党の細野豪志幹事長は5日、菅直人元首相が参院選東京選挙区で、党が公認を取り消した無所属現職の大河原雅子氏を支援していることを批判した。都内で記者団に「代表経験者は党運営の難しさが分かるはずだ。しばらく黙っていただきたい」と述べた。

民主党から公認を剥奪された現職の大河原雅子氏の支援に躍起となっている。この「反党行為」に対し党執行部は警告を発しているが、菅氏は完全無視。9日にはついに、大河原氏の応援のため都内で街頭に立った。今や政界への影響力低下が著しい菅氏だが、今回の“暴走”は党内に大きな波紋を広げている。

私は官直人に人間性のかけらも感じない。人間として嫌いだ。 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR