茅の輪潜り(ちのわくぐり)

氷川神社 茅の輪  7月1日早朝 撮影

茅の輪潜り(ちのわくぐり)

近くの氷川神社で「茅の輪潜り」があり、今年も縁起を担いで参加した。

茅の輪潜りの由来
6月と12月の晦日(みそか、6月30日と12月31日)に行われる除災行事である大祓(おおはらえ)に由来する。大祓は、犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事で、6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)という。

6月の大祓は夏越神事、六月祓とも呼んでいる。なお、「夏越」は「名越」とも標記する。また、「宮くぐり祭」や「輪くぐり祭」とも呼ばれる。

行事としての大祓
701年(大宝元年)の大宝律令によって正式な宮中の年中行事に定められた。衣服を毎日洗濯する習慣や水などのない時代、半年に一度、雑菌の繁殖し易い夏を前に新しい物に替える事で疫病を予防する意味があった。その後、応仁の乱の頃から行われなくなったが、江戸時代(1691年(元禄4年))に再開され、次第に広まった。


氷川神社 茅の輪

1871年(明治4年)の太政官布告にて明治新政府により「大宝律令」の「大祓」の旧儀の再興が命じられ全国の神社で行われるようになった。戦後には「夏越神事」「六月祓」の称も復活し、現在に至る。

夏越の祓では多くの神社で「茅の輪潜り」が行われる。これは、氏子が茅草で作られた輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って穢れを祓うものである。

なお、茅の輪のカヤを引き抜いて持ち帰る人が後を絶たないが、本来は罪や穢れ・災厄をカヤに移すことで無病息災を得る風習であり、カヤを持ち帰ることは他人の災厄を自宅に持ち帰ることになるので(茅の輪のカヤを抜いて持ち帰るのは)避けるべきである。

出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』

>茅の輪を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って穢れを祓う。
このため、一人の通過時間が比較的長くなる。初詣など普通の参拝に比べ人出の割に長い待ち行列ができる。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR