インフルエンザ2

インフルエンザA型一覧表 
                                           A型インフルエンザの9×16=144亜型 
インフルエンザ2

インフルエンザウイルスが、「A型・B型・C型の3種類」に分類されること、世界的な流行<パンデミック>を起こすのはA型であることは既に前稿「インフルエンザ」で述べた。クリック→<インフルエンザ> <カテゴリのインフルエンザをクリックすると直ぐ下に表示されます>

A型には多くの亜型があり、上図に示すH(横軸)はヘマグルチニンの頭文字で、タイプが16種類あり、N(縦軸)はノイラミニダーゼの頭文字で、9種類に分かれる。どちらもウイルス表面にある突起のタイプを意味する。

このように9×16=144存在することが喜田 宏北海道大学大学院獣医学研究科・獣医学部教授・人獣共通感染症リサーチセンター センター長により明らかにされた。

自然界からの分離65;65通りのHAとNA亜型の組み合わせのウイルスがアラスカ、シベリア、モンゴル、台湾、中国と日本で自然宿主であるカモの糞便から分離された。
実験室で作出79;実験室で発育卵を用いて79通りのウイルスを“遺伝子再集合”(組み換えとは異なる、鳥、ブタなどで自然に起こる)によって作出した。

喜田教授
WHOの人と動物インフルエンザサーベイランスネットワーク拠点として、OIE(国際獣疫事務局)の高病原性鳥インフルエンザレファレンスラボラトリーとして、また、OIE/FAOのインフルエンザネットワーク拠点として動物インフルエンザのグローバルサーベイランス、診断および世界の研究者・技術者を指導する。
国内にあっては、農水省の家禽疾病委員会委員長として、高病原性鳥インフルエンザ対策を指揮する。クリック→<拠点リーダー喜田宏


鳥インフルエンザA(H7N9) とは
 鳥インフルエンザA(H7N9)は、今までヒトに感染することが知られていなかったウイルスの感染症で、4月1日にWHOが中国でヒトへの感染があったことを初めて公表した。感染源はわかっていないが、ヒトからヒトへの持続的な感染は確認されていない。

2013年5月15日現在:  死者36人(前報より+5人) 感染者132人

2013年5月18日:
中国で広がる鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)感染で、同国衛生当局は18日、世界保健機関(WHO)とともに実施した合同現地調査の報告書を発表した。 結論は、感染者の多くが市場などで、ニワトリ、カモなど、生きた食用鳥類と接触していたことなどを根拠とした。ただ報告書は、各地の飼育場で実施したサンプル調査で、同型ウイルスは検出されていないとしている。

同型ウイルスが人から人への感染を可能にする変異を遂げる可能性について報告書は、「他の鳥インフルエンザウイルスよりも高く、決して軽視してはならない」と警告した。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR