FC2ブログ

大丈夫か? 日本

大丈夫か? 日本

台風19号の災害概要
10月11~13日、巨大台風19号の広域にわたる豪雨は日本列島に大災害をもたらしている。国交省発表によると、7県74河川130カ所で堤防が決壊し、死亡84人、行方不明9人(10月22日21:00NHKニュース)。山間部など調査が行き届きにくい地域も多いから被災者の人数は増加するかもしれない。
十分な対策をしないと近親者・財産を失う不幸な国民が増え、日本は潰れます。日本経済も潰れます。

        taiji6[1]  台風19号 10月8日14:00
   日本列島と同じくらいの巨大な姿。台風の目の東側の国土通過幅が大きかったらさらに被害が大きくな
   ったと思うと恐ろしい。ハリケーンは全体をアメリカ大陸が受け取る。緩やかな勾配のミシシッピー流域の
   被災洪水面積は半端でないから、住民は事前に車で流域から逃避しなければならない。


『コンクリートから人へ』 は民主党のマニュフェストであったが、その後の自民党政権でも、国土強靭化が叫ばれている中、財務省主導で十分な予算配分せず(政権がだらしないのだが)関連工事が遅滞している。

京都大学の藤井聡教授(元内閣官房参与、内閣官房国土強靱化推進室ナショナル・レジリエンス懇談会座長)は、今朝のラジオで、「最も緊急を要する工事は7兆円に過ぎない。この部分だけでも早急に工事を完了する必要がある。」「荒川流域、東京のいわゆるゼロメーター地帯などはそれなりに対策の効果があったようだが、東北阿武隈川流域がやられたのは対策に地域差があるということだ。被災者、被災地域のみならず日本人は怒らなければならない。」

        img-detail-05[1]  台風の断面図
   台風は、銀河同様、渦流である。渦流はエネルギーロスが少なく寿命が長い。エネルギーロスより
   供給エネルギーが大きければ成長する。海水温度が高いほどエネルギーを多く供給するから巨大
   化しやすい。温暖化が台風を巨大化するというわけである。



アンチ防災
八ッ場ダム(やんばダム)は、来春の運用開始を目指し10月1日試験湛水を開始したが、台風による周辺累計347ミリの雨量でダム湖の水位は約54メートルも上昇、1億トン貯水したという。早速、災害の程度低減に役立ったことになる。
工事が7割終了した段階で民主党政権が工事を中止させたが、石原都知事はじめ関東圏県知事の提言により工事が再開されたことは記憶に新しい。5年遅れで完成し、今回の災害に間に合ったのは不幸中の幸いである。

コンクリートから人へ:むだな公共事業を減らして社会保障や子育て支援に財源を回そうと、民主党が2009年の総選挙で掲げたマニュフェスト。10年度の予算では公共事業費を2割減らした。
枝野幸男、蓮舫のスーパー堤防などの仕分け、民主党政権による防災予算の削減は甚だしかった。


「脱ダム」宣言 平成13年2月20日 長野県知事 田中康夫 という署名宣言書をネットで確認した。千曲川を所管する元県知事は先見の明のなさにさぞかし恥じ入っているだろう。ネットで批判されているようだ。

美観保持のため住民による双子玉川の堤防築堤反対運動があった。武蔵小杉の洪水の原因という。

『ブラタモリ』ファンから見ると、東京は土地の高低差が甚だしい。谷、窪、沢・・・などが付く地名は低地であり、広い低湿地帯もある。脆弱さの原因はさまざまであるが、田園調布の洪水はまさにこれを物語る。


日本国家の対策
中露朝韓との政治・地政学上の問題があるから、 『軍備増強』『防災』も必要不可欠。
だから日本経済を縮小させるわけにはいかない。
貧乏でも幸せがあるとする某メデイア好みの作文があるが、それはあくまで作文である。
自立しないと日本は、中国領の新疆ウイグル自治区、チベット自治区、香港のようになっちゃいます。されちゃいます。
そこには自由も人権もない地獄があるだけです。


『アベノミクスを忘れた安倍首相』は『歌を忘れたカナリア』か?
唄を忘れたカナリヤは/後ろの山に捨てましょか/背戸の小藪に埋〈い〉けましょか/柳の鞭でぶちましょか
/いえいえそれはなりませぬ/アベノミクス以上の経済政策を考えている日本の政治家は他にいないから

中国は日本の財政政策の失敗を研究している。日本の財務省の失敗原因を知っているのだ。
財務省を何とかしないと。財務官僚は低学歴劣等生。国を任せる訳には行かない。

財務官僚は、答えのある試験に合格した者を、我々が雇った公務員に過ぎない。
彼らの最も不得意とすることが、正解のない政策、財務政策である。相次ぐ受験で頭が固くなっているのだ。彼らの頭にあるのは省益(財務省益)である。国家の利益ではない。


以下 次章

スポンサーサイト



プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR