北方四島概観  歴史の一視点

北方四島概観  歴史の一視点
歴史の長期的な視野で北方四島を概観する。

概説
徳川幕府が結んだ北方四島に関する条約を、徳川幕府を排除した好戦的な明治新政権が日本を敗戦に導き四島を失った。その中心であった長州出身の政治家が取り戻そうと、恥ずかし気もなくその出身地長門で日露首脳会談をおこなった。

    th183F1SCP.jpg 北方四島 国後島、択捉島は大きいですね

経緯概要
幕末1855年、日露が北方四島に関する条約:日本国露西亜国通好条約(別称;日露通好条約、日露和親条約、下田条約)を結んだ。今日本が主張している国境がこの条約で決められた。小説家吉村昭がもっとも心動かされる人物「川路聖謨(かわじとしあきら)」が露国プチャーチンとの交渉で結んだ条約で、吉村昭は歴史長編「落日の宴・勘定奉行川路聖謨」という傑作に、この顛末を詳細に書いている。
  参考 クリック → 吉村昭 川路聖謨

徳川幕府は優秀な人材を抜擢して政権与党として十分に機能していたことが分かる。13年後、戊辰戦争(1868年)という無駄な内戦で薩長藩閥政権ができ、制定された明治憲法、皇室典範は欠点が多いもので、日本は好戦的な軍事国家になってしまった。その長州の長門で、長州出身(を少々鼻にかけている)安倍首相とプーチン露大統領が「北方四島に関する日露首脳会談をおこなった。歴史的に観て、私には何という皮肉かと思われる。



現実を重視し開国・開港したのは徳川幕府であり、攘夷! 攘夷!!と時代錯誤な行動をしたのは薩摩・長州藩であったことは誰でも知っている。科学技術だって肥前藩(佐賀藩、鍋島藩)や幕府自身などが維新前に発展させていたし、長州藩の反射炉は肥前藩の縮小模型に過ぎないから、世界遺産とはチャンチャラおかしい。肥前藩は薩長土肥藩閥の一つであるが、反射炉は徳川幕府の大砲を鋳造しているし、閥内では疎外された存在であった。

赤松小三郎や坂本龍馬を暗殺せず、無駄な戊辰戦争をしなかったら、好戦的な明治新政府にはならなかっただろう。殖産興業だって中心になった人材に渋沢栄一のような旧幕臣も多数いた。明治政府内の権力争いは激しくなっただろうが、嚆矢となり賠償金の味をしめた日清戦争も起こらなかったかも知れない。

  参考 クリック → 赤松小三郎
      クリック → 天皇制と明治維新

スポンサーサイト

ラスコー展

spot_01[1]
  ラスコーの壁画  線描画

ラスコー展
上野の国立科学博物館でラスコー展を見た。
12月9日(金) 11:30~14:10 入場料1,600円

好天気だ。用が終わったらどこで何を観ようかと、朝9;50頃上野駅公園口から出て、修学旅行生たちが西洋美術館前で記念写真を撮っている様子を横目にしながら、公園内の美術館、博物館の行事看板を眺める。東京都美術館のゴッホーゴ-ギャン展は先週観たが、ほどほどには混んでいたがあの若冲展の殺人的混み具合に比べると夢のようであった。

人類の一次文化・文明に興味があるから、ラスコー展を見ることにしよう。
すなわち、人類が感性ではじめて発想した美術・芸術に興味がある。ヨーロッパの画家たちが葛飾北斎の影響を受けたとか、バロック、古典派、ロマン派など音楽の流れは一応知っているが、無理して発展(?)させようとした「現代何とか」とか「モダーン何とか」よりは、オリジナルへ歴史をさかのぼることの方が面白そうだ。


DSC07712.jpg クロマニヨン人の像
  寒冷地でも豊かな感じ


我々人類=ホモ・サピエンスの先祖は20万年前アフリカに生まれ5,6万年前からヨーロッパ、アジア、東南アジア諸島、日本、南北アメリカ大陸に拡がっていった。ラスコーの洞窟に壁画を描いたクロマニヨン人はヨーロッパに分岐したホモサピエンスである。ネアンデルタール人が先住し共存したが、壁画などの文化を持たず、ラスコーの壁画が描かれた約2万年前には、数パーセントくらいはクロマニヨンと混血したらしいが、ほぼ滅んでしまったという。ネアンデルタール人のDNAは少なくなったが現代人にも%程度混在しているらしい。

DSC07707 (2)
 泳ぐ鹿  列をなしているのだろうが、ダイナミックな動きを表現しているようにも見える

ラスコーの洞窟と壁画(フランス)は1940年に発見されたが、多数の観客の影響で傷んだため現在閉鎖されている。経過は高松塚古墳に似ている。傍に洞窟の模型・模写を作り、観光に供しているという。科学博物館で見たものは1mm以下の高精度緻密な実物大模写であるというが、模写技術も次第に進歩したからある程度劣化してからの模写であるだろうと気になる。

DSC07702 (2)
 鳥人間  何を表現したものか不明だという

線の流れ、造形描写に非凡なものを感ずるから集団の中で才能ある者が描いたのであろうか。あるいは未開地の原始的なホモサピエンスは(現在でも)数の概念が発達せず、多数の動物などは数より微妙な個体差で認識するというから絵画的才能には普遍的に感性が鋭く優れていたのかもしれない。600の動物の絵が描かれているというが、どのくらいの人数でどれくらいの世代にわたって、何組くらいの集団が描いたのであろうか。

DSC07705 (2)

洞窟の暗い壁に灯をともしながら製作し、その灯で鑑賞したという。動機には、宗教、豊穣への祈りなどあるだろう。しかし、私には芸術への限りない欲求の萌芽があったと思われる。それだから、今ホモ・サピエンスは栄えている。

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR