ボブ・ディラン氏の受賞とノーベル賞

ボブ・ディラン氏の受賞とノーベル賞

ボブ・ディランの受賞
ボブ・ディランの受賞を聞いたとき、私は同賞選考員会スウェーデン・アカデミーの柔軟さに感嘆した。賛辞を贈りたい。

文学の原点を考えるとき、自ずから私は歴史を思い出す。ホーマーの叙事詩、ギリシャ劇、英雄シーザーの戦記、中国の歴史書などなど。日本では万葉の詩人、柿本人麻呂、山部赤人、源氏物語、方丈記、平家物語など。吟遊詩人は世界各地にあまねく色々な形で存在した。万葉、平家物語などもそうであったように、文学と音楽は人類文化の歴史上深い関係を保って来た。シンガーソングライターはその歴史の継承者だと思うが、世界に遍く存在し、記録・通信などの文明の利器を通して現在はその最盛期であるように思われる。

その代表がボブ・ディラン氏なのだと思う。上述のように文学賞の範疇にあることは理路整然としている。


1401x788-GettyImages-74269254[1]   ボブ・ディラン 

ノーベル賞について
シンガー・ソングライターのボブ・ディラン(Bob Dylan)氏(75)が受賞決定について沈黙を続けていることについて、同賞の選考委員会であるスウェーデン・アカデミー(Swedish Academy)の一員が、ディラン氏は傲慢だと非難した。
ディラン氏 は、授賞を伝えるスウェーデン・アカデミーからの再三の電話に応じず、受賞決定に関して公の場でコメントもしていない。

以下に示すようにノーベル賞は偉大な賞である。しかし、賞は基本的にはもらっていただくものだと思う。だから、選考員会はディラン氏に人を派遣して直接伝えるべきである。また呼びつけて渡すものでもないと思われる。直接行って会って賞を渡すべきであることが本質である。受賞会場に来なければ是非実行して欲しい。

傲慢なのは一選考委員だけであって、ノーベル賞が傲慢なものでないことを祈る


※ノーベル賞は何故偉大か?
前にも書いたがノーベル賞はなぜ偉大なのか。ノーベルがノーベル財団がその選考委員会が偉大なのではない。受賞者が偉大なのである偉大な受賞者を選んだ選考委員会も偉大だということにもなるが、平和賞や文学賞の選考結果は必ずしも偉大な選考ではないと思う。科学系の選考は基準を明確にし易いことから、偉大だと言ってもよいと思われる。だからノーベル賞の偉大さは科学系にある。

韓国は「金大中」が平和賞を受賞しただけで、科学系の受賞者がいない。科学系の受賞者が出ることを渇望しているニュースが毎年伝わってくるが、良くその価値を知っているからと言える。


スポンサーサイト

とと姉ちゃん 暮らしの手帳

geo16070905030011-p7[1] 出演者たち
       杉咲花    相良樹    高畑充希    唐沢寿明     伊藤淳史

とと姉ちゃん(NHK朝ドラ) 暮らしの手帳

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」を楽しんでいたが終った。視聴率も高く、好評だったのを慶んでいる。
雑誌「暮らしの手帳」を起こした「大橋鎭子」と天才編集者「花森安治」をモデル(モチーフ)にした物語である。
鎭子が父親代わりの「とと姉ちゃん」とすれば、花森安治は母親の思い出を大切にし、東京帝大時代に自製「貫頭衣」(後、直線裁ちに発展?)を着て構内を闊歩していた服装オタクの面があり、「かか兄ちゃん」の面があったと思う。補い合う相性ピッタリのコンビであったのだと納得する。言葉を変えると「ファザコン」女性と「マザコン」男性のコンビであった。 

私の家内は「暮らしの手帳」の愛読者であり、別荘には今もある期間のバックナンバーと同社の「一千五厘の旗」などの出版物が本棚の一角を占めている。だから、花森安治という天才編集者がいたこと、広告収入なしに雑誌出版を成立させている出版社があることは知っていた。

「暮らしの手帳」の最新版を購入しようと思い立ち、NHK出版物のコーナーに「しずこさん」 (「暮らしの手帖」を創った大橋鎭子)「暮しの手帖 別冊」を入手。NHKのドラマ案内ではなく、れっきとした「暮らしの手帳 別冊」であることが気に入り購入した。


thDF2ZDI8W.jpg  大橋鎭子と花森安治

ヒロイン「小橋常子」は「大橋鎭子(しずこ)」のこと。「常子」という名前は鎭子の母方の祖母の名前にある。
「鎭子」の父「武雄」は北海道帝国大学農学部出身で、三姉妹「鎭子」「晴子」「芳子」は幼少時北海道岩内、三笠、虻田で育つが父の病気療養のため東京府に転居する。10歳で父が亡くなり、ドラマ同様鎭子は喪主を務める。
母「久子」は、京都生まれ小樽育ち、女子美大を首席で卒業した才媛で、母方は京都、小樽で事業家として活躍した家柄。事業家としての鎭子は、長女としての自覚と母方宮原家の血を受け継いだものと思われる。
歯磨き粉を作り販売したことも事実で(14歳~)、ドラマにあったチューブ爆発後は瀬戸物に入れて(OC歯磨き(OCは大橋鎭子のイニシャル))販売した。女学生時代から起業家精神が旺盛であったことになる。

東京府立第六高等女学校(現三田高校)を卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行、調査月報編集の手伝いなどをする。三年勤め日本女子大へ入学したが、体調を崩し半年で退学。編集の仕事をしたいと「日本読書新聞」へ入社、小説家柴田錬三郎は先輩で同僚。
花森安治との出会いは「日本読書新聞」時代の人脈から。資金調達が必要なとき、(女性の出版社創立というリスクから)日本興業銀行の貸し出し基準を満たすはずもなかったが、元同僚達が、自分の退職金を担保に貸し出して欲しいと願い出て、叶ったという。人脈を大切にし、人脈に信頼された人柄だった。それが事業が成功する最大の要因であった。



プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR