天皇制と明治維新 保守主義 その1

aa139912[1] 徳川慶喜の大政奉還にかける竜馬の思い
4464b925[1] 徳川慶喜に対する竜馬のリスペクト(敬意)
大政奉還の後、坂本竜馬は暗殺され、日本は戦(いくさ)に突入する。誰が竜馬を邪魔にし、戦に突入させたのか。「大政奉還」後の経過に明治新政府の「戦の遺伝子」を感ずる。


天皇制と明治維新 保守主義 その1
明治維新は、薩長勢力が天皇家の権威を錦の御旗として担ぎ、権力闘争に利用し、勝利した革命である。

第121代孝明天皇(こうめいてんのう)は、幕末維新のまっただ中を生きて慶応2年(1866年)36歳でお亡くなりになったが、その死をめぐっては諸説あり定かではないが暗殺説がある。孝明天皇は迫り来る外国の脅威に対して強い怖れと拒絶反応を示し、終始攘夷を主張した。 薩摩長州等の倒幕派とは組みせず、あくまでも幕府による攘夷を望んだため、薩摩長州の倒幕派からは危険視されていた。異母妹の和宮(かずのみや)を徳川家に降嫁させたのも、あくまでも徳川家を中心に国体の維持を図ろうとするものであった。

第122代明治天皇(めいじてんのう)は、孝明天皇が崩御され、慶応3年(1867年2月13日)満14歳で皇位に即く。翌慶応4年(1868年)に元服し、即位したことを内外に宣下する。

幕府と討幕派(薩摩長州藩や一部の公卿)は、それぞれ朝廷への工作を強め、薩長両藩に討幕の密勅が下されそうになったので、征夷大将軍・徳川慶喜が慶応3年10月14日(1867年11月9日)大政奉還を奏上し、明治天皇は奏上を勅許した。江戸幕府は存在したので討幕派は引き続き12月9日(1868年1月3日)王政復古の大号令を発し、新政府樹立を宣言した。

徳川慶喜(在大坂)は幕府勢力の反発を抑えたが、江戸薩摩藩邸は攘夷討幕派浪人を匿い庄内藩屯所襲撃など度重なる騒乱行動を起こしアジった為、ついに12月25日小栗上野介の提言、老中稲葉正邦(江戸留守居役)の命により庄内藩による江戸薩摩藩邸の焼討事件が起きる。戦わざるを得ない状況に陥った幕府勢力は慶応4年(1868年)正月、新政府軍と「鳥羽・伏見の戦い」を戦ったが敗北した。これは、翌明治2年(1869年)にかけて戦われた内戦=戊辰戦争の緒戦となった。
 

「江戸城無血開城」は戊辰戦争の舞台が奥羽越(東北諸藩)に移る途中の江戸におけるできごとである。私が注目するのは徳川慶喜の行動である。「大政奉還」、「王政復古の大号令」を通じ徳川慶喜には戦意がなかった。やむを得ず戦った「鳥羽伏見の戦い」の後も慶喜は恭順の意を示した。だから、江戸城開城は徳川慶喜の意向である。また、和宮(かずのみや)も天皇家とのつながりで江戸を戦火から守るために新政府と交渉した。イギリスも江戸攻撃に反対した。旧江戸幕府と戦いたいのは薩摩長州藩であったが、これらの背景があったからこそ、勝海舟と西郷隆盛の無血開城交渉は成立した。

奥羽越における会津藩、庄内藩との戦いは、奥羽越列藩同盟が度々「会庄寛宥嘆願書」を提出したにも拘わらず継続された。以上の経過は、明治新政府「戦いたい遺伝子」を持つ政権であったのではないかという疑問を持つ。また、天皇家を権力闘争に利用したが「朝敵」は新政府の意向でつくられたものであり、会津藩にも庄内藩にも日本中どこにも「朝敵」の意思を持つ藩は微塵もなかった。


「明治憲法」は後世「軍部の暴走」を許した。同時に制定された「皇室典範」に天皇の譲位を盛り込むことが議題に上ったが、日本の歴史と伝統を無視し、断固それを拒否したのは「伊藤博文」(長州藩)であったという。上述したように明治維新時の薩長藩は天皇家の権威を利用し、権力を得た。過去の反省すべは反省し、直すべきは直すこと、すなわち、フィードバックして少しずつ(革命、革新的でなく)より良い方向にもって行くのが保守主義というものである。  つづく

※カテゴリ:右欄のカテゴリ 政治・経済欄の保守主義をクリックすると表示されます 

スポンサーサイト

保守主義

12000j

日章旗  国旗と国歌には左翼思想による拒絶反応が強い。しかし、最近スポーツの日本代表選手が以前より国歌「君が代」を歌うようになったことは喜ばしい。国歌を歌うことは自然なことで、右翼思想とは関係がない。依然として、国旗を門口に飾る家は少ないが私は成り行きでよいと思っている。 
現行法で日の丸は旗のど真ん中にある。


保守主義
私には、マルクス主義史観=唯物史観、進歩史観と呼ばれるいわゆる左翼史観は絶対に受け入れられない。だから、日本を共産主義国家にしてはならないし、一部であれ共産主義勢力を含む政権に日本を委ねる訳にはいかない。

そのためには、いわゆる保守主義の国家にしなければならない。保守主義とは国家の伝統と歴史を重んじ継承するものである。保守主義にも思想の幅があるが、現在の自民党を主体とする日本の保守主義に問題はないのであろうか? その一視点として、ときには明治維新まで遡り、保守主義の問題点とあるべき姿を論じて行きたい。

断わっておくが、保守主義イコール右翼ではない。真正保守は中立である。日本のマスコミは、テレビ、新聞、出版社などが中立よりは左翼に大きく振れているような気がしてならない。テレビは5チャンネル(TV朝日),6チャンネル(TBS)、新聞は朝日、毎日が左翼に振れている。朝日新聞のマルクス主義史観は今にはじまったことではないが、最近文芸春秋までが左に振れ気味なのではないか?とさえ言われ始めている。


選挙運動の演説で左翼の方が優しいように感じられると思われるが錯覚を起こし間違えてはいけない。中国・北朝鮮・旧ソヴィエト連邦の国民が優しく扱われていたかどうかを考えると明白である。また、左翼系テレビ報道はあたかも「我々だけが正義である」ように偏向報道をするがそれにも騙されてはいけない。

政治を論ずる場合、保守と革新に分けるが、日本の現状は革新勢力に見るべきものがない。ロクなものがないと言ってもよい。一方、保守主義と一把一絡げにしているが、その内容を一つ一つ検証することがなされていないように思う。すなわち、保守と革新の対立軸で議論するあまり、保守の中味を議論していないように思うのだ。ここでは保守主義の内容について、新たな「カテゴリ」を設け議論していきたい。それが健全な保守主義を維持発展させる原動力になると信じているからである。



天皇の生前退位

天皇の生前退位

天皇陛下 お気持ち表明 (平成28年8月8日午後3時)  抜粋
本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。

そのような中、何年か前のことになりますが、2度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていく ことが、難しくなるのではないかと案じています。


天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

始めにも述べましたように、憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。
 
国民の理解を得られることを、切に願っています。


      img_1[1] 
                 天皇皇后両陛下 東日本大震災の被災地にて祈る


<所見>
ある憲法学者(横田耕一)は天皇の発意で物事が動くというのは望ましくないと批判している。主権者である我々国民 が考えることである。正論である。率直に言って、我々国民が気が付かず、思いもよらなかったことを、天皇のお言葉で気が付いた。これを機会に「天皇の生前退位」について国民が考えることにすればよい。

日本の歴史を考えた場合、皇室典範 は非常に狭義になっている。例えば、皇統を継ぐのは男系男性天皇だけであるが、歴史上女性天皇は多い。ただし、すべて男系の女性天皇である。また、問題の「生前退位」の例も歴史上は多い。などが歴史的事実であり、皇室典範とは異なる 


<私見>
皇室典範の見直しは煩雑で難しい。「生前退位」の部分だけ改正すればよい。今上天皇(現天皇)だけの特別立法にするのも良いと思う。

お気持ち表明では「象徴」という言葉を繰り返し使われている。明治天皇は日本国の「元首」であった。昭和天皇は「元首」から戦後「象徴」になった。今上天皇は最初から「象徴」であり、「元首」であったことのない天皇である。私たちが聞きなれ使い慣れた「象徴」という表現は現在と将来の天皇に相応しい表現だとおもう。


古代において天皇は権力者であった。平安時代、桓武天皇は平安京遷都、奥羽蝦夷征伐などで権力をふるったが、間もなく摂政、関白などが権力の表に出てくる時代になり、さらに武家が権力を握る時代に変遷した。権力志向の後醍醐天皇が出現したりしたが、明治維新まで、長期に渡り天皇は権威ではあったが権力の座になかった。明治維新では薩長が権力争いに勝つために天皇の権威を利用し、決して天皇の逆賊ではなかった会津藩などを相手に必要もない「戊辰戦争」という内乱を起こした。天皇の権威はやがて軍部から政治権力として利用されるようになり、それが軍部の暴走を招く原因になったのである。

だから、忌わしい歴史の記憶がある 「元首」 より 「象徴」 が天皇に相応しい。
「お気持ち表明」を通じて感じることは、今上は、明治維新時の天皇の「元首」への担ぎ出しに批判的で、それ故「象徴天皇」にこだわりがあるような気がしてならない。


2016東京都知事選の総括

160719_319071_02-640x374[1] 小池百合子東京都新知事 

2016東京都知事選の総括

小池百合子 64 新  2,912,628票
増田 寛也 64 新  1,793,453
鳥越俊太郎 76 新  1,346,103 
上杉  隆  48 新    179,631


小池氏の圧勝を慶ぶ。自民党都議連の闇 を一掃せよ。日本の民主主義の恥だ。
鳥越俊太郎の落選を願っていた。落選確実と思っていたが、落選にホッとした
4位は上杉隆氏であろうと予測していた。得票は増田寛也候補の1/10。ジャーナリストとして鳥越より上杉氏の方が骨がある。日本のジャーナリズム再生に貢献してほしい。


自民党東京都連
会長は、経済再生担当大臣「石原伸晃」であるが、大臣である会長を飾りにするほどの実力者が別にいる。都議会の「ドン」「神田大明神」こと内田茂東京都連幹事長だ。石原慎太郎氏を含む歴代知事を屈服させてきた力の源泉はどこにあるのか。故・樺山卓司元都議が綴った遺書に、内田氏への恨みが書き殴られているという。

 「知事と議会は両輪です。一輪車にならないように」。あいさつのため議長室を訪れた小池氏に対し、都議会の川井重勇議長(自民)は報道陣の前でクギを刺した。報道陣から小池氏と並んだ写真の撮影を求められると「あなた(報道陣)の要望に応える必要はないから」と拒否し、「どうもご苦労さまでした」と小池氏に退室を促した。自民党控室では「ドン」内田茂幹事長と政調会長が不在で、ナンバー3高橋信博総務会長ら2人が対応。「よろしくお願いします」と握手したが、滞在は約30秒と短かった。

自民党都議連を幹部5人が辞任したのは、大好きな「闇」「伏魔殿」に潜るためだろう。油断できない。対峙するのはマスコミの任務と心得、今後も追跡せよ!!!  「闇」から「光」、「白昼」のもとにさらけ出すだけでよい。「明るい場所」で彼らは棲息できない。



鳥越俊太郎
「正義のジャーナリスト」が聞いてあきれる。正義面が気に食わない。公約や政策がなく批判だけで、都知事という公職に「誠実さ」のかけらもない、鳥越を落選させた都民に敬意を表する。134万票は多すぎたと思うが、負の情報の伝達速度もそんなに速くないことの証左であろう。時間とともにどんどん票は減っていたのだが。

「淫行報道」に対し鳥越は大声で否定し、「週刊誌告訴」(「事実無根」として、刑事告訴)しただけである。「淫行」は事実であるが、被害者が表に出たがらないこと、過去のことで実証が難しいことを鳥越は織り込み済みで自信満々を装い、「事実無根の週刊誌による選挙妨害報道があった」と恨み節をまだ言っているという。但し、示談書という証拠が残っているという話もあるようだ。

この問題に対し、報道の自由の声明文の仲間=青木理がラジオでややこしい見苦しい言い訳を言っていた。



内田茂、鳥越俊太郎
「溺れた犬は棒で叩け」 「溺れた犬は叩き続けろ」
 

高市総務大臣の「電波停止」発言に対する抗議。声明文 「私たちは怒っている。高市総務大臣の発言は憲法、放送法の精神に反している。」 呼びかけ人:青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田勢康宏、田原総一郎、鳥越俊太郎(本ブログ2016-03-07;時事:参照) 

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR