大河ドラマ

pc-ttl[1]

大河ドラマ
歴史好きで毎回繰り返し見るほどだった私も、今年の「花燃ゆ」はところどころしか観ていない。
面白いかどうかは個人によるから、あくまで私の主観の問題であるが、視聴率が低かったようだから、あながち、私の主観だけの問題ではないだろう。

実在する人物である「吉田松陰」の妹「文(美和)」が主人公であるが、史実が不明な点もあるようだから大河としての脚本に無理があるように思われる。脚本家は苦労したように思われる。

「テーマ」「主題」は大切である。それが、適切でなければ、良くなければ、あるいは悪ければ、成果を得ることは難しい。だから、NHKの企画段階の失敗である。どのように『テーマ』が選ばれたのか、経緯に問題があるのだろう。
主役の「井上真央」は苦労し、心労もあったと思うが低視聴率は彼女の責任ではない。もちろん大河に相応しい豪華な多数の共演俳優の所為でもない。


今年の「紅白歌合戦」の女性の司会は大河ドラマ「八重の桜」で主役「山本(新島)八重」を演じた「綾瀬はるか」がつとめる。もし「花燃ゆ」の視聴率が高かったら慣例的に「井上真央」がつとめることになったであろうといわれているようだ。

000000134_l[1]

山本八重」は「戊辰戦争」を「戦士」として戦い、京都を舞台に、兄「山本覚馬」を支え、夫「新島襄」と同志社大学の創立に寄与し、「日清戦争」の「看護婦」として活躍し、老いては「茶の湯」などにも長じた。話題のスケールも大きく満載であり、まさに大河ドラマのヒロインとしてふさわしい。



<コメント>
敢えて言う。大河ドラマ(の「戊辰戦争」)は会津の勝ちである。
ヒロインを演じた女優には関係がない。

<付録>
長州、会津に次いで薩摩藩出身者のことである。
朝ドラ『あさが来た』で大久保利通が暗殺される場面があった。「西郷隆盛」の死は不満武士階級を道連れにした意味があったが、大久保利通が生きていたら、日本の国家の骨格・歴史は違っていたかも知れない。生きていて欲しかったと思う。暗殺された明治11年から明治憲法発布(明治22年公布、明治23年施行)までは10年以上ある。わたしは大久保利通を最も評価しているから、せめてそれまでは生きていてほしかった。

スポンサーサイト

韓国の「裁判」・「言論の自由」と「国民感情」

South-Korea-Island-Map[1] セウオル号  珍島発済州島往き

韓国の「裁判」・「言論の自由」と「国民感情」

韓国は民主主義「三流国」である。
こと日本に関することになると韓国民はこぞって「感情的」になり、論理的な冷静な話し合いは成立しない。

「中華思想」という中国中心の思想があるが、韓国は中国に次ぐいわば「次男」であり、日本は中華から遥かに遠い野蛮な「東夷」に過ぎない。と思ってきた歴史がある。
その野蛮な「東夷」に植民地支配されたことは韓国にとって屈辱的な歴史であろう。

地政学的に朝鮮半島は「大陸」と「日本列島」の「渡り廊下」である。
日本への「蒙古襲来」など、大陸〜朝鮮半島〜日本列島には、「日本の朝鮮半島植民地支配」以外にも地政学が大きな要因であった歴史がある。


韓国の朴槿恵大統領への名誉毀損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長は、17日に無罪判決を受けた。氏は、ソウルで記者会見し、厳しい表情を崩さず、韓国検察当局に憤りを表明した。「最近、韓国の言論の自由をめぐり、非常に憂慮すべき事態が発生しているのではないかと心配している」と強調した。氏は被告ではあるが「毅然」とした「その言や良し」。
 
加藤氏は「検察が政権の顔色をうかがっている」と指摘。「産経の記者を狙い撃ちにしたのではないか。このことを改めて問いただしたい」と批判した。

世界的にも「言論の自由」を封殺する裁判であるとの批判が強くなされている。裁判ではセウオール号沈没当日の朴大統領の空白の7時間については何の言及もなされていない。国難といえる大事故当日の政権トップの空白の7時間について、私にとっては興味がなくどうでも良いことであるが、韓国の国民、政治、マスコミがどう扱うのかには、非常に興味がある。



「三権分立」で「司法の独立」は民主主義の基本の基である。韓国の裁判は国民感情に左右されている例が従来から、特に日韓間の「条約」無視という形で行われている。今回は、日韓の外交問題の関わりで「韓国外務省」の圧力が加わり、判決が左右された。

日本外交は今回はヘマをやっていないであろう。トンデモ裁判だから、外交圧力をかけるのは当然で、圧力をかけても良い。しかし、お願いをするのはスジ違いで外交の理に外れる。外交に強い安倍首相だから心配しないが、日本の外務省の外交音痴にはいつも心配している。極く最近も、世界遺産登録で狡(こす)い韓国相手にヘマをやったばかりだ。



<コメント>
トリクルダウン理論(trickle-down effect)という言葉がある。「富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が滴り落ちる(トリクルダウンする)」とする経済理論または経済思想である。韓国が経済成長したのは、日本の隣国で、日本の戦後補償や技術支援のおかげ(=トリクルダウン、滴り落ち)である。

嘗(かつ)て、金曜日夜の韓国行きの航空機に日本の技術者が大勢乗ったという。自己実現と称し、土日を利用して韓国企業に技術指導に行ったのだ。彼らがどれだけ優遇されたかは知らないが、さすが「自由の国日本」である。自分が勤める企業で得た技術・ノーハウを個人の自由と称し、割の良いアルバイトとして、自己実現として、惜しげもなく教えたのだ。

ものづくり」の国日本というが、もちろんそれは大切である。しかし、もっと戦略的大局的な視点が日本には必要である。クロダノミクス(通称アベノミクス)で「円安ウオン高」に振れ、日本の産業と重なる韓国経済は悲鳴を上げている。朴大統領が月に何回もそれを気にして嘆いているという。外交で韓国が妥協しつつあるように思えるのもその効果である。

外交を得意とする安倍首相はそれを良く知っている。外交上も経済益上も、円安ウオン高を持続することにおいて韓国に遠慮することはない。技術の流出を防ぎ「勿体を付ける」必要もある。たとえ公害・環境問題に関することでも、安売りをすることはない。但し、それをあからさまにすることは国際感情で問題があり、旨く立ち回る必要があるが・・・。


アベノミクス を批判する

AS20141119000405_comm[1]
甘利明経済再生担当大臣              黒田東彦日銀総裁         伊藤元重東大大学院教授

アベノミクス 批判する

○アベノミクスの3本の矢
●第1の矢;金融政策:
●第2の矢;財政政策
●第3の矢;成長戦略

をとらえたのは、第1の矢だけ。しかし、これは制度として政治から独立している「日銀」の仕事である。だから私はこれを「クロダノミクス」と呼ぶ。第2の矢は、介護職の報酬を経営会社の配分の問題にするなど現実的でない。それを言い張る安倍首相の国会答弁はむなしかった。狡(こす)い財務官僚の影がちらつく。

○新アベノミクス3本の矢
●第1の矢;名目GDPを2014年度水準(490億円)から2020年に600兆円を目指す強い経済
●第2の矢;出生率を現在の1.4から1.8への上昇を目指す、夢を紡ぐ子育て支援
●第3の矢;介護離職ゼロを目指す、安心につながる社会保障

第1の矢は、インフレで円の価値が下がることでも名目GDPは増える。国の実質の借金はこれにより減少する。上手に2%前後のインフレ率にコントロールできるのであれば私は文句を言うまい。もちろん、最も重要なことは、実質GDPを大きくすることである。

第2の矢;日本の少子化の理由
結婚が減っているのが原因。有配偶出生率は上昇傾向にあり、結婚率が増加すれば少子化は解決される。
労働者派遣法の規制を強化し、適用範囲を制限する。すなわち、人材派遣会社は所詮「人貸し会社」。労働者派遣法は人間を不平等に扱い、憲法違反の可能性が高い。 だから、人材派遣の範囲を明らかに優位な地位にある、弁護士、医師などの人材・有資格舎に制限する。経済的中流層が厚くなれば結婚が増え人口が増える。


第3の矢;介護報酬を拡大、介護職の賃金を引き上げる。前述のように介護職の報酬を経営会社の配分の問題にするなど現実的でない。財務官僚よ! 他人の財布を利用することを全否定はしないが、それはお前らの仕事ではないことを知れ!!


<コメント>
日本の景気回復は簡単である。日本国憲法に謳われているように一億総日本人の人権を尊重し、日本人を平等に一人前に扱う制度にする。ハケンなどやめ、資本の過度の蓄積を止め労働に分配する。それだけでよい。


卑弥呼と古代天皇 西暦表示

1280px-Tennō_Jimmu[1]
  八咫烏に導かれる神武天皇(安達吟光画)

卑弥呼と古代天皇 西暦表示
歴史年代は数列が連続的な故に西暦表示が、和暦より、歴史の流れが分かりやすい。
前節の卑弥呼=天照大御神と神武天皇の時代を西暦表示すると以下のようになる。

西暦247年あるいは248年頃(3世紀中頃) 卑弥呼死去
魏志倭人伝では、卑弥呼の死の前後に関し以下の様に記述されている。
天文学者の斎藤国治は、248年9月5日朝(日本時間。世界時では9月4日)に北部九州で皆既日食が起こったことを求め、これが卑弥呼の死に関係すると唱えた。井沢元彦もこの説を支持している。橘高章と安本美典は、247年3月24日夕方にも北部九州で皆既日食が起こったことを指摘し、247年の日食が原因で卑弥呼が殺され、248年の日食が原因で男王に代わり壹与が即位したと唱えた。これらの説は、邪馬台国北九州説や卑弥呼・天照大神説と密接に結びついている(ただし不可分ではない)。


卑弥呼に関する中国歴史書の記述
239年(景初三年) - 卑弥呼、初めて難升米らを中国の魏に派遣。魏から親魏倭王の仮の金印と銅鏡100枚を与えられる(『三国志』では同二年(238年))。
240年(正始元年) - 帯方郡から魏の使者が倭国を訪れ、詔書、印綬を奉じて倭王に拝受させた。
243年(正始四年) - 倭王は大夫の伊聲耆、掖邪狗ら八人を復遣使として魏に派遣、掖邪狗らは率善中郎将の印綬を受けた。
245年(正始六年) - 難升米に黄旗を仮授与(帯方郡に付託)。
247」年(正始八年) - 倭は載斯、烏越らを帯方郡に派遣、援を請う。難升米に詔書、黄旗を授与。
248年(正始九年)頃あるいはその前後 日本列島で皆既日食。(247年3月24日日没)
卑弥呼が死に、墓が作られた。(『梁書』では正始年間(240年 – 249年)に卑弥呼死亡)
男の王が立つが、国が混乱し互いに誅殺しあい千人余が死んだ。
日本列島で皆既日食。(248年9月5日日出)


神武天皇
五代前に当たるのが天照大神=卑弥呼。前ブログの一代=10.2年を適用すると、10.2×4=40.8年前
西暦288〜289年(=西暦247〜248+41)に神武天皇が皇位に就いた。
現在(2015年)から1726〜1727年前に就位したことになる。
神武天皇は3世紀末に就位し、その治世は3世紀末から4世紀初頭に及んだ可能性がある。


<コメント>
天照大御神」の「天の岩戸神話」は「卑弥呼」の時代の「日食」に比定されるが、それは真実であろう。

かつて、皇紀、神武天皇即位紀元、神武紀元 と言い、神武天皇(初代天皇)が即位した紀元前660年を元年としたが、それほど日本の歴史は長くないようである。

ただし、縄文、弥生時代の遺跡は豊富だから、遺跡から遡れる歴史は永い。これらの時代、先祖は喰いつなぐだけで苦労したとは思われるが、意外にも豊穣な一面もあったようである。
プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR