日本経済の現状

  01_931[1]  日本銀行本店本館

  日本経済の現状

第2 四半期(4,5,6月)、GDPマイナス成長、貿易収支マイナス、経常収支プラス
日本経済は牙城である経常収支がプラスだから、ひとまず安心ではあるが芳しくない。

アベノミクスは、第一の矢=金融政策だけはまずまずうまくいっていると思われるが、第二、第三の矢=財政政策は間違いだらけである。
日銀が行う経済政策=金融政策だけがうまくいっているのだから、前にも述べたことがあるように現法律上では 「クロダノミクス 」 だけがうまくいっていることになる。
尤も、安倍政権がいづれ日銀法を改正するだろうから、改正後はアベノミクスの範疇に入ることになるが。是非そうなって欲しいものだ。金融政策の重要部分は国家的な問題で日銀に任せるには荷が重すぎる。これまでは失敗の連鎖だったのだ。


一方、財政政策を握っているのは財務省であるが、こちらの方はさっぱりである。安倍政権は財務省の言いなりになり、財政出動、公共投資が少な過ぎる。第2 四半期の結果を受け、思い切った追加の積極政策が必要である。チビチビとした投入は武力と同じで何の効果もない。

所得の再配分こそ重要である。日本に奴隷制度の歴史はないが、現今、非正規・派遣という奴隷制度の奴隷層にも比すべき階層が存在し、増加している。その階層への再配分こそ大切である。
正社員の階層では所得が増えても貯蓄にまわるだけで消費にまわらない。非正規の階層では、もともと収入が少なすぎ結婚もままならないのだから、収入の増加は確実に消費にまわり個人消費が増加する。しかも、人口問題などもろもろの問題もこれで解決される。安倍政権は「努力した者が報われる社会」というがこんな簡単なことが分からないのか? 安倍政権には人間・国民に対する愛情が感じられない。


<コメント>
日本は「物づくり大国」とよく言われるが食傷気味である。
金融政策と財政政策の失敗で、1000兆円を超える赤字を蓄積し、人口減少に悩まされている。


これは冗談ではなく、国民を生活苦に追いやり、人口減少を招いた残酷な失敗である。
超円高は企業を海外に追いやったが、日銀の歴史はこの失敗に気づいてさえいなかからもちろん反省もなかった。


クロダノミクスではじめて確信的な対策を打ち円安に誘導しているが、企業が国内に回帰するには長い時間がかかる。
ある信頼すべきシミュレーションでは、このままでは日本の人口は減少し続け、人口ゼロに収束し、日本は消滅する。
今、安倍政権に必要なのは、国民・日本人に対する 「」 と 「優しさ」 である。


スポンサーサイト

盧溝橋事件=七七事変の77周年式典 (2014年)

marcopolobridge_f[1]
 盧溝橋

盧溝橋事件=七七事変の77周年式典 (2014年)
昨年のことである。

中国では盧溝橋事件を七七事変と呼ぶことを前項で述べた。
70周年、75周年に続いて77周年という節目でもない昨年(2014年)7月7日にも習近平国家主席他幹部出席のもと七七事変の大々的な式典が行われた。9月3日に制定された70周年「抗日戦争勝利記念日」を今年大々的に行うが、その前哨戦として77=七七の語呂合わせで間断なく昨年もプロパガンダの機会をつくったのは巧みである。

歴史の真実は、前項の、毛沢東、周恩来、鄧小平の言説で明らかだし、書記長という記録係が偉い共産党幹部がそれが真実であることを知っている筈である。しかし、1980年代より、歴史の真実が歪められ出した。それには日本のマスコミの貢献も大である。池上彰氏もテレビ朝日で盧溝橋事件の原因は分からないと解説していた。

2014年7月7日、北京市の中国人民抗日戦争記念館で催された盧溝橋事件77周年記念式典で、習主席は講話で、日本は今なお侵略の歴史を否定し地域の緊張を作り出していると批判した。

同日午後、菅義偉官房長官は定例記者会見で中国の動きについて、中国は歴史問題を国際化しようとしているが地域の平和と協力には無益だと反論した。


<コメント>
ねつ造ではない真実の歴史で批判されるのであればいくらでも批判に甘んずる。ドイツのユダヤ人虐殺は多くの映像・遺跡が示すように否定しようもない紛れもない事実だ。中韓は、歴史をねつ造して日本を批判する。ドイツは歴史を反省したから立派で、日本は歴史を否定し右傾化していると言う。ねつ造された歴史を認めたらさらに厳しい追及に襲われることは「河野談話」「従軍慰安婦」問題で実証済みだ。日本の多数派である左系マスコミが中韓をリードするからなおさら問題が複雑化する。「南京大虐殺」は中国・米国の合作だからなおさら難解だ。米国は原爆による殺戮の辻褄合わせのため南京大虐殺をデッチあげた。すでに東京軍事裁判で取り上げられていたのだ。

侵略・植民地支配は事実だ。この部分についてはいくらでも謝ればいいが、条約で済んでいるのでは? 条約とは何ぞや? 9月3日がどのように経過するか? 歴史の経過点を注目したい。

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR