菅原文太×井上ひさし×宮藤官九郎 の 交差点

AS20141227001247_comm[1]
  仙台一高の同窓会         井上ひさし              菅原文太 
 
菅原文太×井上ひさし×宮藤官九郎交差点

私は国道4号線沿いの栗原を車でたびたび通る。築館、若柳、神成、有壁。鬼死骸 は一関。故郷の鶴岡に行くときは、築館から菅原文太が住んだ一迫を経由して鳴子温泉を通る。鳴子の近くに鬼首温泉があるが、鬼の死骸と首は直線距離で約40km離ればなれ。このあたりが菅原文太×井上ひさし×宮藤官九郎の交差点である。


菅原文太が亡くなった。享年81歳
1933年(昭和8年)8月16日に宮城県仙台市に生まれた。父菅原芳助(新聞記者、洋画家・詩人:狭間二郎)
4歳から小学校4年までは東京府(現・東京都)育ち。
1943年(昭和18年)に父親が出征すると、父親の実家がある宮城県栗原郡一迫町(現・栗原市)に疎開し、(旧制)宮城県立築館中学校卒業まで同地で過ごした。なお、旧制築館中学校は宮藤官九郎が活躍し卒業した県立築館高校の前身で菅原文太は宮藤官九郎の先輩にあたる。

1949年(昭和24年)、学制改革による新制高校の発足により、県内屈指の名門校である宮城県立仙台第一高等学校に入学。同校では新聞部に所属した。同じ新聞部の一学年下に井上廈(劇作家:井上ひさし)がおり、同校に隣接する宮城県第二女子高等学校には、後に共演することとなる若尾文子がいた。
高校の後輩である作家井上ひさしとは親友であり、代表作「吉里吉里人」の映画化権を預かっていて、文太自身が自らのプロデュースで映画化すべく奔走していたが、実現することなく幻になってしまった。この作品へのこだわりは、栗原が舞台だったことが関係していると思われる。
 『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋、加筆 



井上ひさし
母井上マスの仕事で『人生はガタゴト列車に乗って』 山形県小松町から栗原を経由し岩手県一関市に引っ越すが、赤貧洗うが如しの貧乏生活で仙台の施設にあずけられた。その施設から仙台第一高等学校に通う。菅原文太の一年後輩で同じ新聞部に所属する。仙台一高で県立第二女子高等学校と演劇部を作る。若尾文子と同じ演劇部に所属したことになるがそのことを小説「青葉茂れる」に書いている。それによると二年生のとき若尾文子は映画界入りし、演劇部からいなくなった。

一関(岩手県)は栗原(宮城県)のすぐ北に隣接し、栗原は後に書く名作『吉里吉里人』の舞台になる。なお、吉里吉里は岩手県三陸海岸の大槌町にある地名である。一関は『ガタゴト列車』途中下車で、母井上マスは釜石に永く住んだ。井上ひさしも釜石に住み病院に事務員として勤務したことがあり、大槌町は釜石のすぐ北に隣接する。

photo143_01[1] (528x347) 映画 『ゲゲゲの女房』で共演
     武良布枝役の吹石一恵       茂役の宮藤官九郎

宮藤官九郎 は
宮城県栗原市若柳町出身。実家は文具店を経営。幼少時から文才を発揮し、作文コンクールなどでいくつもの賞を受賞する。県立築館高校出身で、高校時代から学校祭では創作・演出・自演でハチャメチャに活躍していたという。
脚本家、作家としての宮藤官九郎であるが、私は「ひょっこりひょうたん島」「吉里吉里人」などを書いた「井上ひさし」を連想する。共通点は「シェークスピア」タイプの作家だということである。この三人には、方言、流行語、時勢などにかかわる言葉を縦横に駆使し語彙が非常に豊富だという共通点がある。

NHK朝ドラ『あまちゃん』 はそのキャラクターの多様さという点が真骨頂で、多数の新旧俳優が自在に活躍したことではほかに例を見ない。あれだけ多数の多様な俳優に存分に個性を発揮させ、尚且つ新人を多数輩させたことは脚本が持つ力であろうと思われる。「井上ひさし」の最も井上ひさしらしい作品に「吉里吉里人」があるが、その舞台が宮藤官九郎の出身地であることに強い縁を感ずる。


「シェークスピア」には「地球座」があり、「井上ひさし」には小松座がある。三人の交差点である栗原というパワースポットに「吉里吉里座」ができることを夢見る。箱モノではなく民間の力によるささやかな文化の中心として。


スポンサーサイト

碑が立つ話  藤沢周平の随想

DSC00545_20140612224850eae.jpg  藤沢周平先生「記念碑」

碑が立つ話   藤沢周平の随想

藤沢周平に「早春」という現代小説がある。文春文庫「早春」に収められているが、この文庫本はこのほか時代短編小説2編と随想4編から構成されている。その随想の最終編が「碑が立つ話」である。平成7年(1995年)に書かれたと推定される。以下に終わりの部分をそのまま引用する。
  参考  クリック →   藤沢周平生誕地と湯田川中学校のあいだ
             →   湯田川温泉


「碑が立つ話」より 引用
  一昨年の秋に郷里に帰ったとき、私は泊まっている旅館の女将(おかみ)大滝澄子さんに萬年慶一君を呼び出してもらった。
  二人とも私の教え子で、郷里に残る同級生のまとめ役をやらされている。萬年君は家業の農業のかたわら鶴岡市農協の理事も兼ねていて、いそがしい身体なのだが、夜になるとさっそくにやってきた。彼の家は旅館から歩いて十分以内のところにある。
  私は旅館のロビーで二人を前にならべ、哀草果の歌碑の例も出して、文学碑はだめだと強い口調で言い聞かせた。二人は黙々と聞いていたが、やがて萬年君が顔を上げた。「先生が派手なことを嫌うことはよくわかっているいるけれども、文学碑は先生だけのものではなく、私たちのものでもあると思う。碑を見て、あああのころはこんなに身体がちっちゃくて、先生から勉強を習ったなと懐かしく思い出したり、そこに碑があることで何かのときに力づけられる、そういうもんではねえだろうか。もし、先生と私たちをむすぶ絆を形にしたものがなかったら、さびしい」
  今度は私が黙って聞く番だった。負うた子に教えられるという言葉がちらりと頭を横切った。結局私はあなたがたにまかせようと言った。ただし文学碑という言葉を一切使わないことを条件に出した。碑はどこかに「藤沢周平ここに勤務す」というような文字を加えて、校庭の一隅に建てることになるらしい。その動きをわたしはいま、時にはとてもはずかしく、時には私ほどしあわせな者はいまいと思ったり、複雑な気持ちで眺めているところである。

DSC00547[1]
                                 藤沢周平先生の教え子「萬年慶一氏」の「記念碑」発起文

引用文に書かれているように萬年慶一氏は鶴岡市農協の理事であったが、私の兄も同時期に理事で特に親しくさせてもらっていた。萬年さんが藤沢先生に逢うと先生が書いた色紙を持って来るが、自分の手元に残っているのかなあ、と心配していたことがあった。
色紙には 「軒を出て 狗寒月に 照らされる」 と 「花合歓や 畦を溢るる 雨後の水」 という自作の俳句が書かれていたと記憶している。狗は(いぬ)、合歓は(ねむ)と読む。藤沢周平が結核で教職を離れざるを得なくなり、東京近郊の病院で療養していたとき、「海坂(うなさか)」という俳句の会に所属していたがそのときの作品と思われる。


アベノミクス選挙の結果について

05114c1d[1]
日韓首脳会談は扉を開いて淡々と待っているだけでよい。
選挙後、安倍首相は51カ国目からの地球儀俯瞰外交を再開する。熱意を込めて初心でやって欲しい。


アベノミクス選挙の結果について

安倍首相が解散・総選挙を表明したとき、「解散に大義なし」「増税延期には各党賛成しているのだから解散は不要」「選挙費用6〜700億円の無駄使い」などと実に不評であった。 

また、当初予想では、大方の選挙予想は自民党が30議席くらい減らす、というものだった。だが、自民党が圧勝することは、選挙戦中盤のメディア各社の世論調査でほぼ判明していたし、実際に安倍・自民党の圧勝に終わった。この自民党圧勝は、共産党を除く野党にはショックだったと思うが、過去の選挙結果を顧みれば、予想できなかったことは不明というよりほかに言いようがない。

DSC02520 (610x318)
                              2014年衆議院議員選挙の結果(議席数475、5減) (NHK)

解散・総選挙は、首相の権利である。首相は衆議院議員の任期4年のあいだの自分に都合の良い時期に解散権を行使できる。野党がこれを党利党略であると非難してみても仕方がない。つまり、「大義名分なき解散」だと政治家が言うのは、この選挙が自分にとって不都合であると白状しているだけである。メディアの批判も自分の主張と異なり、気に入らないだけである。

選挙に大義があるかどうかは立場による。大方のメディアは「大義なし」と反対であったが、私はこの選挙に大義があったと考えている。不満は多々あるが、他の誰よりも安倍晋三首相の長期政権を望んでいるからである。今の野党には政権を獲る実力の片鱗もないから安心ではあるが、もし政権を握られたら日本は再び地獄だ。問題は自民党内における勢力争いであり誰が自民党総裁すなわち首相であるかが問題である。

今回の選挙は安倍首相の党内での立場の長期的な維持に貢献することに意義があるし、それに対して党内では批判・非難のしようがないのが筋書きである。党内融和のための選挙と表現しても良いだろう。麻生氏、谷垣氏、石破氏などは抑えられるだろう。彼らを傀儡(かいらい、あやつり人形)とする官僚組織、特に財務省が問題である。安倍晋三氏自身も傀儡になる恐れがあるが、これだけ選挙民の支持を得たのだから、官僚組織をドリルで破壊して欲しと思うが果してどうなるか。

我々日本国民は官僚を投票で選んでいない。したがって、権力を与えた覚えはない。小泉政権でも解散と選挙大勝という同じような場面があったが、それでも官僚に取り込まれた。安倍政権は官僚の勢力からどれだけフリーであるかが問われる。これが今後の最大の問題点だ。

今、モンテディオ山形が楽しい 決着編

DSC02480.jpg
                                                      J1昇格おめでとう!!!

今、モンテディオ山形が楽しい 決着編
     クリック → 今、モンテディオ山形が楽しい

① モンテディオ山形 J1昇格を決めた
J1昇格プレーオフ決勝
モンテディオ山形はジェフユナイテッド千葉に1対0で勝ちJ1昇格を決めた。

DSC02459.jpg
                                                 山崎 背番号30 の得点シーン
② モンテディオ山形 天皇杯準優勝
天皇杯決勝 モンテディオ山形vs.ガンバ大阪=1:3

DSC02447.jpg
                                             表彰台のモンテディオ山形イレブンたち 
① <J2 22チーム42試合> 
J1自動昇格上位2チーム 
1位 湘南ベルマーレ        勝点101 得失点+61
2位 松本山雅FC          勝点 83 得失点+30

DSC02468.jpg
      石崎監督と選手たち モンテディオ山形は監督としてのキャリアを踏み始めたチーム、 いわば故郷だ
      石崎監督自身のJ1昇格は3度目 名将と呼びたい!!!

J1昇格プレーオフ 3位〜6位4チーム
3位 ジェフユナイテッド千葉    勝点68 得失点+11
4位 ジュビロ磐田          勝点67 得失点+12
5位 ギラヴァンツ北九州       勝点65 得失点  0 (J1昇格条件を満たさず参加資格なし)
6位 モンテディオ山形        勝点64 得失点+13
1, 2位と3位以下の勝点差は大きく、しかも3〜6位までは差がなくドングリの背比べ状態
プレーオフ準決勝 モンテディオ山形 vs. ジュビロ磐田=2:1

J2残留入れ替え戦 21位 カマタマーレ讃岐  AC長野パルセイロに1:0で勝ち残留  
J3降格         22位 カターレ富山

DSC02478.jpg
                               かつてこれほど目立ったゴールキーパーがおっただろうか?

※<J1 18チーム 34試合>
J2自動降格 J1下位3チーム  
16位 大宮アルディージャ
17位 C大阪セレッソ大阪
18位 徳島ヴォルティス

※ <J3 12チーム 33試合>
J2自動昇格      1位 カターレ富山
J2昇格入れ替え戦 2位 AC長野パルセイロ カマタマーレ讃岐に0:1で負け昇格ならず 

DSC02438.jpg
                       大仁邦彌日本サッカー協会会長は石川竜也選手13とにこやかに握手 
                       モンテディオ山形が長いベテランに格別労をねぎらった印象を受けた

<所感>
ガンバ大阪の決定力は凄いが、山形は良く守った。
「1対2から勝つチャンスがなかった訳ではない」と思わせた。
来季J1のモンテディオ山形の戦いが楽しみだ。

三冠監督「長谷川健太」がさらに名将になることを期待したい。
「優しさ」 と 「真摯さ」 が名将の条件、二つとも持ち合わせている人物だ。
試合後、石崎、長谷川両監督がにこやかに話していた。

屋台の恐竜の子孫たち

DSC02410 (450x321)  焼き鳥

恐竜の子孫たち  氷川神社十日市の屋台

武蔵国一宮=大宮氷川神社は200社以上ある氷川神社の総本社。関東でも指折りのパワースポット。
その神儀大湯祭は今日12月10日に行われる。同時に十日市(とおかまち)と呼ばれる熊手市が立つ。
参道周辺は1200店もの屋台で賑わう。
正月はあちこちの神社に分散する屋台が一道に集まるからその多さは圧倒的でまさにおりだ。


DSC02425 (450x198)  から揚げ

私ごとであるが今日退院したのだが、散歩がてら氷川神社に参拝し、写真を撮って来た。
退院途上とその後の買いものを含め今日はいつもより多い13,000歩ほど歩いた。

DSC02409.jpg  チキンステーキ

私の興味は恐竜の子孫である鶏料理の屋台の分類である。7種類以上はあった。

DSC02405 (450x338)  ドネルチキン ケバブ?

DSC02414 (450x260)  宮崎地鶏

DSC02427 (450x264)  鶏皮餃子

DSC02423 (450x269)  鳥かわ焼
「宇都宮番鶏」という「地鶏」があるようですね。 
庄内地方では荷を背負うとき、肩に綱・紐が、背中に荷が食い込まないように使うベスト(チョッキベスト)に似た稲藁で作った背負子(しょいこ)を「ばんどり」と言う。庄内でも死語に近いかも知れないが、鶴岡「致道博物館」の「民具の蔵」に展示してある。稲わらに布を編み込んだ凝った作りの美しいデザインのものも多い。

クリック → 庄内のばんどりコレクション

アベノミクス選挙

cdd6ce18[1]
                   懐かしい番組だ。 NHK 『ブラタモリ』 を見たとき、この男ただ者ではないと思った。
アベノミクス選挙

解散の理由を、安倍首相の自民党党内対策と書いた。
クリック → <アベノミクス解散2014-11-21>

麻生太郎副総理・財務大臣、谷垣禎一幹事長、二階俊博総務会長などいずれも10%増税派で彼らの就任で増税路線が確定したと報道されていたし、事実彼らは10%増税を当然としゃべりまくっていた。
8%増税のとき、財務省は都合の良い辻褄合わせのデータを用い徹底的に根回ししたが、実績とは大きくかけ離れ出鱈目だったことが明らかになっている


今回の10%増税でも、麻生、谷垣、二階氏ら自民党議員の大勢は、8%増税時と同様に財務省の強力な根回しにより 『財務省のトラの穴の中に囚われていた』。 中でも麻生財務相は一緒に外遊中安倍首相に繰り返ししつこく食い下がっていたようだが、安倍首相には通用しなかった。安倍首相は自民党・財務省のこの大きな流れに逆らって舵を切るには党内軋轢が強く解散するのがもっと良いと考えたといっている。財務省恐るべし。解散に追い込んだのは財務省である。私はこれを 財務省解散 と呼ぼう。


国の借金を減らすため増税しないと国際的信頼が失われ国債の金利が上がりハイパーインフレを招き円が紙屑になると良くいわれる。実際格付会社ムーデーズ(米国)は今日(12月2日)日本の格付けを1段階下げた。経済は人間心理で動くから影響ゼロではないが問題なし。資本主義と言論の自由には迷惑な商売があるものだと思う。緩和により日本国債の金利はピクリとも影響を受けていない。
※個人貯蓄は、日本+1500兆円、韓国-100兆円(赤字)、韓国経済はやばいと思うが格付けは上である。どうでも良いが、なぜ? 韓国人は借金で暮らしているの?

日本の貿易収支は最近赤字であるが、経常収支は黒字である。経済を健全に保つには貿易収支を改善することが、増税より大切である。日本の借金は1000兆円といわれるが、家庭でいえば財布を預かっている奥様の財布が赤字なのとよく似ている。旦那や長男、次男、・・・、長女、次女などがそれぞれ事業をしている。家計費は分納しているが、財布を預かっている奥様の金使いが荒く、いつもピーピー借金している。借金をしている相手は主に家族である。家族それぞれは事業内容が良く家族トータルとしては家計の赤字を補って余りあるほど貯蓄を持ち事業も順調だ。この家庭の経済に不健全なところはどこにもないのだ。

だが財布を預かっている奥様はもっと金をよこせ、と使い道をあれこれあげ、うるさい。しかし、信用ならない奥様に預けるより、今は事業に投資し、従業員の給料をあげる方が優先されなければならない。

安倍首相は、10%増税を1年半延長すると公約したが、1度チャラにした方が良かった。


プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR