従軍慰安婦という朝日新聞の虚報

DSC01376.jpg フジテレビ 新報道2001より

従軍慰安婦という朝日新聞の虚報 吉田清治の講演と著作

朝日新聞吉田清治の虚言を歴史的真実として報道をしたのは1982年9月2日が最初である。ようやくそれを取り消したのは2014年8月5日。実に31年11ヶ月28日の間嘘をつき続けた。

嘘の内容を時系列的に説明する

1982年(昭和57年)9月2日:朝日新聞大阪本社版が
吉田清治が 「体験したことだけをお話しします」と言って講演した〈朝鮮の女性 私も動員〉を真実として報道した。


吉田清治は昭和17年秋、山口県労務報告会下関支部動員部長に就任し、以後3年間、十数回にわたり朝鮮半島に行った。直接指揮して強制連行した朝鮮人は6千人、うち950人が従軍慰安婦だった。

朝鮮人慰安婦皇軍慰問女子挺身隊いう名で戦線に送り出した。
完全武装の日本兵10人同行、吉田の部下9人一斉突入、若い女性の手をねじ上げ路地に引き摺り出し、ホロのついたトラックに押し込む。兵士たちが集団暴行、ボタン工場の女子行員、アワビをとっていた若い海女を、連日「駆り出し」、船に積み込んだ。女性たちは廃人のようだった

DSC01390.jpg
韓国済州島にて取材   フジテレビ【新報道2001】8月10日放映より

1983年(昭和58年):吉田清治 『私の戦争犯罪 ― 朝鮮人強制連行』(三一書房)を発刊
※1989年 (平成元年):同上書 韓国語訳出版



1983年(昭和58年)11月10日:朝日新聞東京版 「ひと」欄に清田治史記者
タイトル:〈朝鮮人を強制連行した謝罪碑を韓国に建てる吉田清治さん〉報道
全国から手紙や電話が相次いでいる。戦争加害の意識に悩んでいた人。『強制連行はじめて知りましたという中学3年生...』
「国家による人狩り、としかいいようのない徴用が、わずか30年で、歴史のヤミに葬られようとしている。戦争責任を明確にしない民族は、再び同じ過ちを繰り返すにではないでしょうか」



1991年(平成3年)5月22日 朝日新聞大阪版 井上裕雅編集委員
吉田清治講演録詳細
従軍慰安婦という制度 950人強制連行 占領直後の前線に、売春組織を陸・海軍のもとに設置したというのは世界史上にないそうです。これが太平洋戦争におけるもっとも大きな罪だと私は信じております。

韓国・朝鮮人の従軍慰安婦」の徴用=駆り出しのやり方
実行者が10人か15人、山口県から朝鮮半島に出張、その道の警察部を中心に総督府の警察官50人か100人を動員。警察官の護送トラックを5台から10台準備、計画通りに村を包囲し、突然若い女性を全部道路に追い出し包囲。木剣で殴る蹴るの暴力によってトラックに詰め込み、むらじゅうがパニックになっている中を、一村3人、5人、あるいは10人と連行主要都市の留置場に入れておき、100人、200人の人数をそろえ釜山まで運び、釜山から関釜連絡船で下関へ運んだ。下関の陸軍74部隊から、前線の軍属に渡し、ご用船で中国、南方へ送るという業務を3年間やっておりました。。


10万とも20万ともいわれる従軍慰安婦は、敗戦後、解放されてから郷里に一人もお帰りになっていないのです。連合軍は中国、その他の占領地でこの女性たちを」送還したのですが、女性たちはすべて郷里に帰らず、名前を変えて各地で生活しています。

私は戦犯の証人としてここに立って皆さまに伝える次第です。 


<意見>
8月5、6日、朝日新聞は上述の自社の報道を嘘であると朝日新聞紙上に掲載した

『従軍慰安婦』という言葉が発明されはじめて使われた。戦時中にはなかった言葉である
『10万人とも20万人ともいわれる従軍慰安婦』:朝日新聞は自国を貶める何という大きな嘘を世界中にばらまいたものだ。 『国家反逆罪』 
である。

会社を解散すべきだ。まず、経営者は総退陣すべきだ。
我々日本国民が簡単に実行できることは朝日新聞を買わないことだ。

今、国連から他民族に対する日本のヘイトスピーチを取り締まるべきという勧告がなされている。この問題が解決されれば自ずと鎮まると考える。その間、ヘイトスピーチをしたい向きは対象を『朝日新聞』にすべきだ。韓国も朝日新聞の被害者

つづく

スポンサーサイト

朝日新聞の「慰安婦問題」の誤報を認めた記事 総論

16ba0415[1]       朝日新聞 2014年8月5日

朝日新聞の「慰安婦問題」の誤報を認めた記事  総論

8月5日の朝日新聞を旅先のコンビニで買った。普段はこの「ねつ造・嘘つき新聞」を買わないが、自紙(朝日新聞)の「慰安婦問題」の誤報を認めた記事が載ると聞いたから買って読んだ。

記事は、 「強制連行」 「「済州島で連行」証言」 「軍関与示す資料」 「「挺身隊」との混同」 「元慰安婦 初の証言」に分かれ、それぞれの最後に「読者のみなさまへ」という欄がついている。

ああだこうだと文章力(?)を駆使して解りにくくし、結局誤報と認めているのは「「済州島で連行」証言」 だけで、見事な言い訳記事であり、読者を愚弄した上から目線の記事である。朝日新聞しか読まない朝日新聞ファンはこれで納得するのかなぁ〜。朝日新聞ファンは、他紙、週刊誌、月刊誌などの批判記事を併せて読んで視野を広げ、被害者=日本人としての批判能力を持って欲しいものである。まとまった、週刊誌、月刊誌記事がお薦めであるが、このタイミングでは月刊誌(WiLLなど)ということになるのかな。

今、この問題は外交上危機的状況にある。お人好しの日本人が陥りやすい「真実は分かってもらえる」と考えるのは国際的には楽観的に過ぎる。保障問題の段階に発展しているのだ。保障してしまったらもう後戻りできない。外交では出鱈目でもねつ造でも百回言えば真実になる。今すぐ、如何にこの問題を解決するか、官民挙げて行動すべきである。

このねつ造は国家に対する犯罪である。朝日新聞はもう後戻りできない段階に達した見通しがついたから、誤報を認めたのかもしれない。それなら朝日の国家に対する「確信的犯罪」である。権力批判という上等なものではないことを肝に銘ずべきである。

今、韓国に対するヘイトスピーチが問題になっている。韓国も被害者である。
ヘイトスピーチの向かうべき先は「韓国」ではなく「朝日新聞」である。
朝日新聞は、日本国家に対して、韓国に対して、国民一人ひとりに対して、市民一人ひとりに対して、償いをせよ。



京都 祇園祭 千年の謎

京都 祇園祭 千年の謎

NHKテレビで表題の番組を見た(総合テレビ 7月23日)。
下の写真、名画1、名画2、名画3に示すように、100枚以上の絵画に描かれた「星模様絨毯」が、ヨーロッパ、中東絨毯生産国はじめ世界中を探しても、切れはしはもちろん痕跡すら見つからなかったそうだ。まさに「幻の絨毯」であった。

メトロポリタン美術館」の研究者梶谷宣子さんが30年前「京都祇園祭」を見物に来て写真を撮って帰り(写真1のような)、「メトロポリタン美術館」の研究仲間に見せたところ大きな驚きとともに問題の「星模様絨毯(写真2)であることが解った。

昭和61年(1986年)本格的な調査が行われた。これは紛れもなく「星模様の幻の絨毯」であった。日本人にとって絨毯は美術品であったから残った。祇園祭はまさに「世界の文化のタイムカプセル」なのである。

DSC01243.jpg
 名画1 アントニウスとクレオパトラ ヤン・ステーン作        クレオパトラとアントニウスの足元に絨毯の
                                                     「星模様」が描かれている

DSC01246 (640x366) (2)
 名画2 テーブル掛けとして用いられている「星模様絨毯」

DSC01249 (640x415)
 名画3 この絵のモチーフは女性奏者と「星模様絨毯」


DSC01253 (640x373) (640x373)
 写真1                             京都祇園祭「北観音山鉾」の前面を飾る「星模様の絨毯」 

DSC01250 (640x359) (640x359)
 写真2                                                「星模様の絨毯」の全体図

世界の文化のタイムカプセルといえば「正倉院」を思い出す。シルクロードの行き着く先の「美術品、宝物の貯蔵庫」である。京都 祇園祭 の凄さは、祭りという毎年大衆とともにあったものが、長期保存の仕掛けになったことである。


日本に残るのは、このような「美術品や宝物」だけではない。
文学、書籍、思想なども大切に保存される。中国では失われた書籍や美術品が日本に残っている例もあるという。
また、外国伝来だけでなく、日本固有の文化遺産も良く保存されている。
これは、「保守の国」日本の特徴と思われる。


実は「マルクス主義」「共産主義」も最後まで残るのは日本ではないかと言われている。新聞の論調を見てもそれは頷けるような気がする。この意味では、「マルクス主義」信奉こそ「保守」といえるかも知れない。

一方、例外的なものとして、明治維新の鬼っ子「廃仏毀釈」がある。神道を重んずるあまり仏教が排斥され、多くの伽藍や仏像遺産を失った。その意味で、明治維新はまだまだ研究の余地がある。


プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR