保科正之

江戸城天守台
 江戸城天守台                             保科正之の時代、つわもの(兵)による武断政治
                                      から武士道による文治政治に代わった。 天守が
                                      ないからこそその象徴となり得るのだ。

保科正之   八重の桜 2
 
松平会津藩の藩祖保科正之は、後世に計り知れない遺産を遺した偉大な政治家である。徳川三代将軍家光の閣僚として、四代家綱の後見人として活躍した。家綱のためにひたすら名前を隠し、明治維新では会津藩が賊軍であったため現在余り知られていないが、我々が最も知るべき政治家である。彼を理解せずして“八重の桜”はもちろんのこと“武士道”も“日本の現在”も理解できない。

秋葉原から神田岩本町へ歩いて行くと、道の両側に商店会が露店を開いていて賑やかだった。そこで署名を求められた。江戸城天守を再建したいので署名を集めているのだという。

賛成しかねたからその理由を尋ねた。そして歴史的に見て再建すべきではないのだと縷々説明した。理屈っぽい嫌な奴に署名を求めたことになる。私は署名しなかった。


江戸城天守は4代将軍家綱の時代に明歴の大火(1657年、いわゆる振袖火事)で焼け落ちたが、保科正之(副将軍格、会津藩主、三代家光の異母弟)の決断により再建されなかった。民政を重んじて復興を優先し、隅田川に初めて両国橋を架けるなどしたが、「天守はただ遠くを見渡すための物見櫓にすぎない」と再建しなかった。

そして、江戸時代200年余の間再建されることがなかった天守である。
再建は歴史に反する行為であるとともに、実は“武士道”にも“日本の精神史”にも反するのである。


天守とは? 江戸城の天守は、慶長11年(1606)家康、元和8年(1622)秀忠、寛永15年(1638)家光と将軍の代替わりごとに築き直され、将軍の権力の象徴とされた。

保科正之が四代家綱の後見人として幕府の実権を握っていたが、江戸幕府の政治を武断政治から文治政治へ
180度転換したのが保科正之であった。武士の政治が始まって以来“つわもの(兵)”による“武断政治”であったが、“文治政治”により江戸時代を安全・安心・平和の世に導き、江戸を世界に例のない百万都市に発展させた知られざる名君が保科正之であった。

文治政治により、大名家の改易(お家断絶)がなくなり、“一揆農民全村なで斬り”などもなくなった。
また、人間が生きる規範、すなわちお手本になるのが武士とされ、武士道はここに端を発する。

天守台に天守が存在しないことは、“文治政治” “武士道”を象徴する見えざる“金字塔”なのである。「再建などもってのほかのもって菊」

保科正之は二代将軍秀忠の“ご落胤”だが、正之を養子にした高遠藩保科正光(3万石)に恩義を感じていた。
「松平」姓を許されていたが、本人の代では終ぞ松平を名のることはせず「保科」で通した。
スポンサーサイト

メタンハイドレート開発の闇 2

imagesCA8S19X0.jpg                                                     この成果は知っているが
メタンハイドレート開発の闇 2 

MH21コンソーシアムとは? 


前稿で、日本海の新潟佐渡の南西沖に分布するメタンハイドレートのことを述べた。海底から比較的浅い所に濃集し結晶として存在する

メタンハイドレーの泡が発生している所にズワイガニがいることを地元の漁民は知っていた。そこで漁の行き帰りに魚群探査機を稼働記録してもらうことであっという間に調査の成果が出た。日本海調査には予算が出ないのだそうだが苦肉の策が功を奏した。

竹島周辺にもメタンハイドレートは分布すると韓国が報告している。(国際的には認められないのに、日本海をしつこくまだ東海と呼んでいるという)

MH21コンソーシアムには日本海の報告すらない。MH21の政府、官僚、東大の先生方に恐怖感がうかがえる。自分達のやってきたことが覆される。利権も遠ざかる。

日本海の報告を聞いて民間若手研究者が「あ~!!」と驚く。初めて結晶を見た。何故MH21でやらないんですか。 「ここまで!ここまで!ここまで!」独立総合研究所の報告を中止させたのは学者先生。独立法人出て下さい。強制撤去!!! これがMH21コンソーシアムの正体。


キャリア官僚には情けない奴がいる。自分らの利権に反することを国賊という。肝っ玉はもちろんない。あるのは省益誘導と過剰なプライドだけ。挫折を知らない秀才君は初めての挫折に脳みそが沸騰し思わず「国賊」と叫んだ。
MH21の学者先生も同類。東大の先生には善玉と悪玉がいるらしい。まるでコレステロールのようだ。

国会議員は選挙で選び選挙で排除できる。有害官僚はどのようにしたら排除できるのか。それが問題。
MH21コンソーシアムは原子力村という原発事故を起こした利権誘導団体と同類である。
こういう悪徳官僚を野放しにすると国が亡ぶ。


大手石油会社社長 「日本は資源小国でなければいけないんです」 「命にかかわるだけですよ」 
民間企業だって汚れた政治家と汚れた役人におこぼれをもらって生きているだけ。

「共同通信の記者20年」 青山繁晴所長 「今日本に必要なのは人のためにことをなすという“武士道”だ」

imagesCAYJ8D24.jpg

メタンハイドレート開発の闇

chikyu-0[1]
                   地球深部探査船「ちきゅう」 排水量59,500トン 全長210m 全幅38m

メタンハイドレート開発の闇

独立総合研究所 青山繁晴所長の電子紙芝居①②③を中継する。

日本初めての自主資源 メタンハイドレート
メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム(MH21 Research Consortium)が
官民学共同組織として平成13年にスタートしている。結構古いですね。

資源大国日本の海底に眠るメタンハイドレート攻防戦

南海トラフに経産省は今まで総額500億円を10年以上投じ調査・研究している。
南海トラフには見た目でメタンハイドレートと判断出来る結晶はない。
海低から深い所(300m以上)砂の中に広く薄く存在する。貧鉱で採掘もうまくいかない。

一方、日本海は新潟佐渡の南西沖に分布範囲は狭いが濃集して存在している。
海底の上層部比較的浅い所に結晶として分布し、採掘に有利である。

富鉱を退け貧鉱にこだわるのはなぜか?
独立総合研究所 青山繁晴所長の紙芝居 メタンハイドレート①②③ を中継する。

次の【 】内をクリック 【メタンハイドレート開発の闇

まず、この三話を聞いてから話は始まる。
つづく

天の川銀河系の全貌と地球の気候変動 2

天の川銀河系の全貌と地球の気候変動 2
 
  コズミックフロント 「見えた!銀河系の全貌」 2012.9.6 NHKBSプレミアム

                      地球大気の温度変化

地球の大気平均温度変化                                             温暖化と寒冷化が4回繰り返された
上図の説明
オタワ大学の地質学者ヤン・バイツアー教授はオンタリオ州の4.3億年の地層を調べた。教授は、腕足動物ブラキオポットを調べ、酸素16(軽い水)と酸素18(重い水)の比率を比較した。寒冷化した時代には氷河が増え、重い水の割合が増える。世界中から数千のブラキオポットを採取し比べた。その結果温暖化と寒冷化が1.4億年周期で4回繰り返されていたことがわかった。しかし、二酸化炭素などいろいろな原因を探したが、その原因はわからなかった。

銀河通過位置と地球大気温度の関係
                                 スパイラルアームを通過中に寒冷化、通過後に温暖化
銀河系が地球の気候変動を起こしている
2年後、イスラエルヘブライ大学の二ール・シャビブ教授(宇宙物理)学)は、超新星爆発で宇宙線が増えると雲の発生が増え日光を遮り地球が寒冷化することに気付いた。殆どの超新星爆発はスパイラルアームで起こる。地質学の文献を読み漁り、出版間もないヤン・バイツアー教授の論文(Nature(2000))にたどり着く。銀河系と地球の気候の関係が明らかになった。

上図に示されるように、スパイラルアームを通過中に寒冷化し、スパイラルアーム通過後には温暖化する。

3月14日の図】(←クリックして下へスクロール)と比較して見よう。温暖化、寒冷化の周期の年代はほぼ一致しているがその程度には違いがある。最も違う点は、本報告では現在温暖期に向かっているが、3月14日の図では寒冷期に向かっていることである。
(本稿が本命であるが、前稿のストーリーにも捨てがたい味がある。両者に矛盾があるのは承知している。) 

天の川銀河系の全貌と地球の気候変動

天の川銀河                                    天の川銀河の全貌  ピンク色の印は太陽系の位置

天の川銀河系の全貌と地球の気候変動
  
  コズミックフロント 「見えた!銀河系の全貌」 2012.9.6 NHKBSプレミアム

宇宙は無限の「曼荼羅」
「宮沢賢治」 「空海」 は 「すばる」 や 「ハッブル宇宙望遠鏡」 や 「カミオカンデ」 のように鋭く宇宙を感覚した


他の銀河系を外から見ることができても、我々が住む太陽系が属する「天の川銀河」は外から見ることができない。天の川は我々が住む銀河系の一部を内側から見たものである。その全貌を明らかにすることは難しかった。

1950年代初頭:モーガンは3つの帯状構造を発見しスパイラルアーム(渦巻状構造)を確認した。
しかし、銀河系中心の向こう側は見えず、全体像は確認できなかった。

2003年:超高感度赤外線検出装置を積んだ「スピッツァー宇宙望遠鏡」を太陽を回る軌道に打ち上げた。
銀河中心の向こう側の星や銀河まで見通すことができた。銀河系中心のバルジは細長い棒状で、老化した赤色クランプ巨星の連なりがあり、その長さは2万8千光年に及ぶことが確認された。 

2011年:トーマス・デーム博士は、1.2mφの手作り電波望遠鏡(パラボラアンテナ)で銀河中心の向こう側まで観測した。電波は塵に吸収されず、赤外線に比べさらに遠くを見通し、銀河系全体の星間ガスの分布測定に成功した。
  
2011年5月:天の川銀河の全貌が明らかになった。スパイラルアームは星々が生まれては死んで行き、超新星爆発が頻繁に起こる場所である。

日本のVERAプロジェクトは、4基の直径2300kmの解像度に匹敵する電波望遠鏡を用い、その動きを正確に捉え、スパイラルアームはほぼ一定の毎秒240キロもの猛スピードで回転していることを明らかにした。

つづく

温暖化の大局的な話

image277[1]


温暖化に関する大局的な話

上図は6億年前から現在までの地球大気の二酸化炭素濃度と温度の変化である。

横軸は年代で100万年単位;右端0が現在で、左端600は6億年前を示す。枠上の数字は地質年代区分
縦軸:左側目盛;地球大気の二酸化炭素濃度(Atomospheric CO2)ppm 
    右側目盛;地球大気の平均温度(Ave.Gobal Temp.)℃


大気中の二酸化炭素濃度は、カンブリア紀の7000ppmから260ppmまでほぼ右肩下がりに減少した。
(図示されていないが)農耕・牧畜により約8000年前から増加に転じ、産業革命により急勾配で増加している。
2012年の測定値は395ppmであり、8000年前に比べ135ppm増加した。

中生代(Mesozoic)は恐竜の時代である。二酸化炭素濃度が高く温暖であった。植物も大きく良く繁茂し、大型の恐竜が栄えた。

新生代(Cenozoic)に入り、二酸化炭素濃度が下がり、寒冷化に向かっている。

補足説明
※46億年前地球が誕生し、生物が誕生するまでの大気は殆どが二酸化炭素であった。37億年前生物が誕生してから二酸化炭素が減少し、酸素(O2)が増加し始め、カンブリア紀の二酸化炭素濃度は上図に示す7000ppm(0.7%)まで減少した。

※石炭紀からぺルム紀の年代に二酸化炭素濃度が低下し寒冷化した大きな氷河期があった。それが温暖化に転じた中生代に恐竜が栄えた。

※地球が温暖化した場合、大気温度が25℃で安定する作用が働くようにみえる。水分・海水の蒸発による調整作用が働くためであろう。

※最近、人類の活動により大気の二酸化炭素濃度が約2ppm/年増加している。

※大気温度が1906年より上昇に転じたというデータがあるが測定点などに疑問の余地がある。


二酸化炭素は食物連鎖の底辺にある植物の生育には欠かせない。また、現在は寒冷期にあり、大気の二酸化炭素濃度の減少と大気温度両面から生物の生育環境として恵まれた環境ではない。上図のようにこのまま二酸化炭素濃度低下と寒冷化が進めば生物の生育にとって危機的な環境になる。

現在温暖化しているという情報があるが(例 NHK)、そうではないというデータもあり、検討の余地がある。

最近、二酸化炭素濃度が約2ppm/年増加しているが、生物の生育環境としても、寒冷化を抑える温室効果ガスの増加としても、望ましい方向の変化である可能性もある。

最近(第四紀)の氷期ー間氷期(寒冷化ー温暖化)周期変動などの議論は別途述べたい。
武田邦彦先生の話も参考にした。


東日本大震災から2年

120910021[1]

今日は3.11から2年 鎮魂の日

東北地方太平洋沖地震:2011年(平成23年)3月11日14時46分18.1秒
震源地:三陸沖  仙台市の東方70km  震源の深さ24km
震源域:岩手県沖~茨城県沖にかけて幅約200km×長さ約500km

マグニチュード(M):9.0  日本観測史上最大 1900年以降世界第4位の規模
最大震度:7 宮城県栗原市(2008年宮城内陸地震;栗駒山麓で山崩れ・地滑り被害域 2013.1.17参照)
地震の種類:海溝型地震、逆断層型
津波:最大波高9.3m以上 福島県相馬市   最大遡上40.1m 岩手県綾里湾

      死者(人)   行方不明(人)  死者行方不明者計
岩手県;  4,673     1,151         5,824
宮城県;  9,535     1,302        10,837
福島県;  1,606       211          1,817
その他;     67         4             71
合計 ;  15,881     2,668         18,549

現在の避難者数:315,000人

私は、南三陸町の防災庁舎前で同行者が奏でる「鎮魂のコルネット」を聴いた。
県警音楽隊長だったその男は「トランぺット」を「コルネット」に持ち替えて演奏した。
「千の風になって」にはコルネットのやさしい音色の方がふさわしいとその男は言う。

そのとき、陸前高田の少女が奏でる「鎮魂のトランペット」を思い出しながら、私は祈った。


埋もれた警告1 箕浦幸治教授

仙台平野にて 2012年11月5日
                                             仙台平野にて 2012年11月5日
埋もれた警告1  
箕浦幸治 東北大学教授 地質学

「見えますよ 貞観」 「今まで穴を掘って見えたものがこの津波によって削りとられたんですよ」「それで見えるようになったんです」 「貞観ってこんなに厚いですよ」

貞観津波と2000年前の弥生時代の津波(前述)は同じ規模である。
今から25年前の1986年、西暦869年に襲来した貞観津波の砂層を初めて発見したのは箕浦教授である。
それは箕浦教授の画期的な調査手法によってもたらされた。

箕浦教授の研究歴
1983年:日本海中部地震;マグニチュード7.7、地震による死者4人
      日本海中部地震津波;高さ最大14.9m、 秋田中心に死者100人 
このとき海が白く濁ったことから、湖には過去の津波の痕跡があるのではないか。
十三湖周辺でボーリング調査を行い湖底堆積物を調べたところ、海底の成分を含む砂の層が見つかる。

調査結果(年)   文献上の津波(年)           
 1339       1341(津軽沖)
 1748       1741(渡島沖)
 1799       1793(鰺ヶ沢沖)
 1829       1833(山形沖)
 1860       1856(日高沖)   調査結果と文献の年代が僅かな誤差で一致した。

堆積物を調べれば年代とともに破壊力も知ることができる。地震大国日本において防災対策に役立つ調査手法と思われた。「役立つと思いましたね。必ず。歴史的な津波あるいは歴史以前の津波についても」

1986年 この手法を生かし貞観津波の調査のため、調査を仙台平野に広げた。
貞観津波;謎に包まれた文献上の津波。日本三代実録に記録
869年7月13日(貞観11年5月26日)陸奥の国を巨大地震が襲った。驚くほど巨大な津波が内陸奥深くまで押し寄せ国府である多賀城までやってきた。溺死者は千人に達している。

しかし、過去の文献からは津波の高さや浸水した範囲などが分からない。そこで堆積物の調査を試みる。 
多賀城から10km南の3か所、休耕田地中1.5m深さまで調査した。全てで津波がはこんだと思われる海の砂を発見した。海岸から内陸に向かうほど砂層は薄くなっていった。
年代測定の結果、貞観津波と一致し、貞観津波が初めて科学的に裏付けられた。

学会誌 「THE JOUNAL OF GEOLOGY」(1991)に発表

注目した企業:東北電力女川原発2号機計画で箕浦教授の調査手法を用いる。
仙台平野における貞観津波の調査を実施し、貞観津波と同規模の津波の高さを想定した。
3.11の津波で主な建物の被害を免れた。箕浦さんの研究は原発の安全を守るために役立った。
学会誌;「地震」(1990年)に発表

バブル絶頂期、仙台平野に開発の波。「余計なことをするな「という真に迫った電話。たび重なる脅迫(その筋の人?)  
学会でも全く注目されず、研究費がつかない。貞観津波の調査の継続を断念した。

1993年 海外調査に。ロシアカムチャッツカの調査の最中、北海道南西沖津波の発生を知る。
奥尻島での犠牲者200人以上。日本で津波調査を続けていれば・・・。無念の思い。

「未曾有」 「想定外」 とされてきた東日本大震災。
しかし、このようないくつかの警告が事前に発せられ、成果も出ていたのだ。
 


箕浦教授の研究手法は、東日本大震災の少し前と震災後、再び注目されることになる。(後述)

つづく

埋もれた警告 プロローグ

00[1]
                                           3.11 仙台平野を襲う大津波(名取市)
埋もれた警告 プロローグ

2月24日(日)と3月3日(日);NHK ETV特集 シリーズ大地震発掘 第1回 埋もれた警告 が2週繰り返しアンコール放映された。3.11から9ヶ月後の2011年12月11日に放送された映像である。

この放送内容に賛意を表するとともに、2週繰り返しの熱意にも賛同する。そこで、この映像記録を文字にして、何回かに分け本ブログに掲載する。

プロローグ
仙台平野の沓形遺跡は弥生時代の水田遺跡である。その上の白い砂の地層は約2000年前の3.11と同じ規模の大津波の堆積物。この津波の後300年以上も米作りが行われなかった。足元わずか1m下に存在している砂の層が大津波の動かぬ証拠である。

貞観津波(後述)と同じ規模の大津波は約1000年毎に繰り返し襲来した。この弥生時代の大津波は、貞観津波から約1000年さかのぼる大津波である。すなわち、3.11東日本大津波、貞観大津波、弥生時代の大津波は、約1000年の周期で繰り返された大津波である。さらに約1000年毎にさかのぼる大津波も知られている。

3.11;大津波は福島第一原発をも飲み込んだ。
それはいまだかつてない「未曾有」「想定外」という言葉で語られている。
しかし、大津波は過去何度も繰り返し日本列島を襲ったことが明らかになっていた。多くの専門家が、大災害が発生し、そして福島を襲うことを警告していた。
その警告を国や電力会社は受け入れなかった。


中田高 広島大学名誉教授 地形学
「これは大変なことになっている」「原子力における活断層評価というのはどういう風になっているんだと」

生かされなかった専門家達の警告。
いったい何故埋もれてしまったのか。津波と活断層、二つの面から背景に迫る。


本ブログは、原発事故は警告を無視した人災であり、犯罪であるという立場をとる。

3月3日 昭和三陸津波襲来の日

1933_Sanriku_Earthquake_damage_at_Karakuwa[1]
                                          津波の被害に遭った唐桑地区(宮城県)
3月3日 昭和三陸津波襲来の日 

間もなく3.11から2年になるが、その前の今日3月3日は昭和三陸津波が襲来した日である。
1933年(昭和8年)3月3日午前2時30分48秒昭和三陸地震が発生した。80年前のことになる。

マグニチュード(M)8.1
津波;岩手県気仙郡綾里村28.7m

死傷者数;死者1522名  行方不明者1542名  死者行方不明者計3064名   負傷者1万2053名
家屋全壊7009戸、流出4885戸、浸水4147戸、焼失294戸。

行方不明者が多かったのは、津波の引き波により海中にさらわれた人が多かった事を意味する。

岩手県の下閉伊郡田老村で、人口の 42%に当たる763人が亡くなり(村内の人口は1798人)、家屋も98%に当たる358戸が全壊した。津波が襲来した後の田老村は、家がほとんどない更地同然の姿となっていた。


この昭和三陸津波の年の9月21日宮沢賢治が逝去した。
宮沢賢治が誕生したのは明治三陸津波襲来の年1896年((明治29年)(6月15日襲来))8月27日であった。
賢治はこの二つの大津波の間約37年間を生きたことになる。

(2012.9.27参考;カテゴリ〈津波堆積物と地震予知〉をクリックすると本稿の直ぐ下に表示されます。)

韓国の不買運動

1872年ドイツ製の古地図
                      1872年ドイツ製、1902年~04年フランス製古地図(2009年10月確認)
                                 ドイツ製地図では竹島のみならず鬱陵島も日本領と表示

韓国の不買運動

3.1独立運動記念日(韓国):韓国の自営業者など会員数約600万人に上るという「小規模商店街再生消費者連盟」は1日、島根県主催の「竹島の日」記念式典に政府代表が出席したことに反発し、日本製品の不買運動の開始を宣言した。

日本の企業名や製品の写真を並べた板に生卵をぶつけたり相変わらずの熱狂ぶり。韓国で人気の日本製消費財はアサヒビールやユニクロ、ニコン、トヨタなどだという。

韓国紙は「日本の国粋主義者の歴史歪曲(わいきょく)に憤慨するのは分かるが、憂さを晴らそうと感情に任せて行動するのは困る。韓国は日本への貿易依存度が高く、日本国内の反韓感情を高めるだけの愚を犯してはならない」(ソウル新聞社説)などと厳しい見方が支配的だ。

麻生副総理は「韓国の場合、日本からの耐久消費財を買っている比率は少なくて、主に資本財を買っておられる」と述べ、韓国が日本から工作機械を輸入している点に言及。「日本の商品を買わないということになった場合、工作機械を買わないイコール製品ができないことを意味する」と話し、不買運動が広がることには懐疑的な見方を示した。

「時々こういった状況になるのは日韓の間でよくある話」と指摘した。そのうえで「こっちも感情的にすぐ対応するのではなくて、きちんとした対話を続けていかなければならない」と語り、相互理解を進める努力を求めた。

2月22日「竹島の日」;島根県は8年前に条例で「竹島の日」を定め、毎年式典を開いている。
安倍首相は公約した政府主催の式典を今年は見送り、島根県主催の記念式典に政府関係者として初めて内閣府の島尻政務官を派遣した。与野党から小泉進次郎青年局長、島根県選出の細田博之幹事長代行など過去最多となる19人の国会議員が参加した。


<コメント> 
李明博前韓国大統領が竹島に上陸したが、朴槿恵新大統領の就任式前でもあったし、政府主催の式典を見送り、島根県主催の式典に政府関係者、国会議員が参加したことは、バランスがとれていると思う。譲歩し過ぎることは外交交渉の後退につながる。歴史の歪曲は韓国側にあるが、歪曲に対する日本側からのアシストもある。現安倍政権は国益を重視する現実的な政権ではあるが「国粋主義」ではない。


プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR