アルジェリア人質事件の連想

東方見聞録 山の老人 全文
                                   東方見聞録 山の老人 全文 (図上クリックで拡大)
アルジェリア人質事件の連想 

マルコポーロ「東方見聞録」の一編の記述を思い出した。
アロアディンという山の老人がアシシン<刺客>を仕立てるという話である。

10 山の老人 <要約>

ムラヒダ地方にはむかし山の老人が住んでいた。ムラヒダとは異端のすみかという意味である。マルコポーロは土地の人からその話をきいた。

 山の老人はアロアディンといった。彼は山の谷間を囲いこんで、大きく美しい庭園とし、果樹を植え、楼閣と宮殿を建て、全てに金箔をはり、あざやかな色をぬった。マホメットは楽園について、葡萄酒や牛乳、蜂蜜、水の流れがあり多くの美女がいると述べているが、老人はこれをもとに庭園をつくり、この地方のイスラム教徒はこれこそ楽園だと信じこんだ。

彼は12歳から20歳までの武術のすきな少年を、一服もって深い眠りにおとしたうえで、庭園にはこびこむ。アシシン<刺客>に仕立てるためである。美女たちは満足のゆくまで接待し、青春の歓びをみたす。

アロアディンは素朴な住民に彼こそ偉大な預言者だと信じこませる。アシシン<刺客>を送ろうとするときは、また一服もって眠らせ宮廷にはこびこむ。青年にどこから来たかと聞くと、当然マホメットの言う楽園にそっくりの楽園から来たと答える。

そこで殺人の任務を伝える。帰ってきたら天使がお前を楽園に連れていく。たとへ死んでも楽園に行ける。そこで死の危険をおかして命令を遂行することになる。

 君主たちは恐怖心をかきたてられ臣下となった。何人かの部下たちはアロアディンをまね同じことをやっていた。一人はダマスクス領内で、ひとりはクルディスタンで・・・。

 1252年、後にイル・ハーンとなったフラグはこの悪行を聞き、この城を攻撃した。非常に堅固であったが3年目に食料が尽き陥落した。
                                                            <物語終り>

<コメント>
 「アルカイーダ」は、アルは定冠詞、カイーダは基地、要塞、塁、城を意味し、英語の The Base に相当する。上述アロアディンがつくったものはまさしく「アルカイーダ」である。アロアディンはウサマ・ビンラーディンということになり、アルジェリア人質事件の首謀者ベルモフタールはウサマ・ビンラーディンをまねて同じことをやった何人かの部下の一人なのか。このようなことが13世紀のマルコポーロの時代から間断なく続いてきたのであろうか。

 砂漠という厳しい環境だから人間はこのような「性悪説」に基づく行動をとるものなのだろうか。
日本でも「オウム」のテロがあったから,自然環境の厳しさだけによらない、誘惑するような要因があるのかも知れない。



<注1>ムラヒダ地方;イラン北部のアフガニスタン国境に近い地域、またはアフガニスタン? その辺
<注2>本棚を探したらあった。古典に類する本は捨てないようにしている。
     マルコポーロ 東方見聞録 青木富太郎訳 教養文庫 社会思想社(1969年)pp36ー37(上部写真)
スポンサーサイト

柏崎・刈羽原子力発電所3 直下に活断層?

map,11[1]

柏崎・刈羽原子力発電所3 直下に活断層?

国は「過去12万~13万年間」に活動した断層を活断層と定義している。東電は1,2号機原子炉建屋直下を通る「α 断層」と「β 断層」は国の定義より古いとして「活断層ではない」と主張してきた。両断層とも24万年前に降った火山灰より上の地層をずらしている(24万年より新しい)という。

しかし、原子力規制委員会(田中俊一委員長)が1月22日に示した新基準骨子案では活断層の定義を「過去40万年間」の活動まで拡大。この基準案が適用されれば、両断層が活断層とされる可能性が出てきた。3、5~7号機の原子炉建屋や4号機タービン建屋直下にも断層がある。

東電は現時点では「いずれも活断層ではない」としている。


<コメント>
柏崎・刈羽原子力発電所は出力821万2千キロワットの世界最大の新鋭原子力発電所である。
けじめをつけ、安全が確認された原発は稼働すべきというのが本ブログの意見である。
7月原子力規制委員会の基準値が決まる。その後の柏崎・刈羽 原子力発電所の命運が注目される。
日本は営々と<砂上の楼閣>をつくってきたことになるのか。

<参考>
東京電力は本原発において海抜高さ15mの防潮堤を2013年6月までに設置すると発表。1~4号機の防潮堤延長は800m以上、5~7号機は500m以上となる。併せて2013年9月までに原子炉冷却機能を失った場合の注水の溢れを貯める貯水池も設ける。

柏崎・刈羽 原子力発電所設備仕様; 出力合計821万2千キロワット(世界最大)
       原子炉形式                        運転開始    定格出力   施工
1号機  沸騰水型軽水炉(BWR)  GE社設計Mark-2    1985年9月18日  110万kW    東芝
2号機  沸騰水型軽水炉(BWR)  GE社設計Mark-2改  1990年9月28日   110万kW    東芝
3号機  沸騰水型軽水炉(BWR)  GE社設計Mark-2改  1993年8月11日   110万kW    東芝
4号機  沸騰水型軽水炉(BWR)  GE社設計Mark-2改  1994年8月11日  110万kW    日立
5号機  沸騰水型軽水炉(BWR)  GE社設計Mark-2改  1990年4月10日  110万kW    日立
6号機  改良型沸騰水型軽水炉(ABWR) 3社合同設計  1996年11月7日 135.6万kW   東芝/日立/GE
7号機  改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)           1997年7月2日  135.6万kW   日立/東芝/GE
(参考:東電公表内容)

柏崎刈羽原発事故2 追記

柏崎刈羽原発
                                 柏崎刈羽原発3号機変圧器の火災  2007年7月16日
柏崎刈羽原発事故2 追記 

柏崎刈羽原発の「耐震に必要な強度は250ガル(震度5くらい)」という地震学者の予想があった。それではあんまりだということで実際には耐震強度400ガルで設計したという。

法規制がないため地震学者からお墨付きをもらう。電力会社が「地震研究のお金を出しますよ」というと悪い学者は電力会社が喜ぶような震度を予測する。お金が絡むと当然そうなる。地球物理学者ロバート・ゲラー東大教授がテレビなどを通して告発している。

原子力安全・保安院は規則通り「地震学者に聞きましたか?」と尋ねる。それに対して保安院は「ちょっと小さいんじゃないですか」などとは絶対言わないという。責任が生ずるからだ。

新潟県中越沖地震における実際の測定値は、当ブログ1月21日(柏崎刈羽原発事故 設計時の予想を超えた加速度)に記したように、3号機タービン建屋1階で2058ガル(想定834ガル)、地下3階で581ガル(想定239ガル)、3号機原子炉建屋基礎で384ガル(想定193ガル)であった。

地震学者の言い訳は「断層が見つかっていなかった」というものだったという。想定外の残余のリスクは免責されるので、地震で倒れる原発が出来ても仕方がない法体系、法規制であると言える。立法府は何をやっていたのか。国費で留学し原子力を学んだ原子力担当官僚は何をやっていたのか。

地震予知が役に立たないのは地震学者の罪ではない。テーマの設定が間違いか無能かのどちらかだろう。
しかし、上記が真実であればこれは地震学者の犯罪である。官僚も加担し同罪である。


参考;武田邦彦著;「原発大崩壊!」第2のフクシマは日本中にある,KKベストセラーズ,2011年5月24日発行、PP62-66    など 

柏崎刈羽原発事故

柏崎刈羽原発事故
柏崎刈羽原発

柏崎刈羽原発事故

阪神・淡路大震災以後の大地震について述べたが、その中に
福島第一原発事故の前にも新潟県中越沖地震で原発事故があったことを記した。
今にして思えばきわどい事故で、それを少し詳しく思い起こし振り返ることにする。

被災状況
2007年7月16日10時13分頃新潟県中越沖地震が起こった。最大の揺れ993ガルを観測し、柏崎刈羽原子力発電所の運転を行っていた2、3、4、7号機は全機自動で緊急停止した。10時25分頃、3号機変圧器から火災が発生したが、3号機の近くにあった消火用配管が壊れていたため職員らによる消火活動は行われなかった。また、「緊急時対策室」が損傷し、地元消防署との専用電話は使用できず、消防隊の到着が遅れた。

原子炉の中央制御室では、100近くの異常を示すアラームが鳴り続け、職員が対応に追われていた。3号機と4号機の炉心を冷やす2つの装置の内の片方が停止していて、炉心冷却を3号機優先と決定した。

発電所から地元刈羽村への連絡は地震発生から1時間以上経っても無かった。新潟県庁にも詳しい情報は伝えられなかった。各自治体へ伝えられていた環境放射線の測定データも地震直後から途絶えていた。新潟県知事は最悪の場合を考え、地元自治体と住民避難の相談をはじめていた。12時10分、非番からの呼集で原発へ駆けつけた5人の地元消防の手で3号機変圧器の火災は消し止められた。東京電力側は初期消火の体制、連携などに不手際があったことを認めた。

その後の調査で、6号機建屋内で微量の放射性の水の漏洩が発見された。漏れた量は自然に存在する放射性物質に比較しても少量で、環境に影響はないレベルであった。しかし周辺施設の耐震基準、震災時の火災発生に対する対応などにおいて改善が必要であることが認識された。

IAEAによる調査
国際原子力機関(IAEA)のモハメド・エルバラダイ事務局長は、地震発生後に調査協力の用意があると表明。日本政府はIAEAに調査団の受け入れを当面見送る意向を伝えたが、泉田裕彦新潟県知事は7月21日「IAEAの調査が必要だ」との考えを表明。原子力安全・保安院はIAEAの調査を受け入れると7月22日に発表した。8月14日にIAEAは予想より被害は少ないとの報告を行っており、同機関による事故評価レベル0から7で「0」である。

設計時の予想を超えた加速度
東京電力から発電所本館に設置されている地震計の記録が発表されており、それによると観測された記録は、耐震設計時の基準加速度を上回っていた。その後、3号機タービン建屋1階で2058ガル(想定834gal)、地下3階で581ガル(想定239gal)、3号機原子炉建屋基礎で384ガル(想定193gal)を観測したとの発表もなされた。

風評被害の発生
観光・漁業・農業などで「買い控え」がおきると言った二次的な風評被害が発生している。さらには2007年7月26日から8月まで秋田、静岡、千葉の3試合を日本で行う予定だった、セリエAのカターニアは、放射性物質の流出を理由に日本遠征を中止した。泉田裕彦新潟県知事は「日本全土が放射能に包まれているような報道が海外でなされ、サッカークラブの来日中止どころじゃない甚大な風評被害が生じている」と語っている。

その後の経過
10月17日、炉内点検中の7号機で、燃料集合体の取り出し作業を行っているが、制御棒1本が引き出せないことが判明した。
11月27日、6号機において引き抜けなかった制御棒2本を緊急時の手順により引き抜くことができた。

鳩山由紀夫訪中

北海道庁にて 
                                             北海道庁にて 2012年6月25日
鳩山由紀夫訪中

尖閣問題

鳩山由紀夫は、中日友好協会の招きに応じて訪中し賈慶林全国政治協商会議(政協)主席との会談で「尖閣諸島は係争地」という認識を伝えた。「歴史的にも国際法上も日本固有の領土であり、領有権問題は存在しない」という日本の立場と相反する。

小野寺五典防衛大臣 「中国はこれで係争があると世界に宣伝し、国際世論を作られてしまう。頭の中に『国賊』という言葉がよぎった」。 それほどの問題である。お坊っちゃまには分かるまい。元総理大臣とは恐れ入る。

私は小野寺五典防衛大臣(52歳)を民主党の安住淳元財務大臣(51歳)と対比する。宮城県で同じ大津波被災地選出、五典は気仙沼、淳は石巻。政治家として応援したい。二人とも。(本ブログ2012年12月2日参照)


阪神・淡路大震災とその後の主な地震

                                 
汚染地域境界
                                           福島県南相馬市  2012年11月5日
  阪神・淡路大震災とその後の主な地震

         阪神・淡路大震災から18年
         犠牲者に哀悼の意を表します



<1995年(平成7年)1月17日 ;兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災、阪神大震災)>
Mj 7.3(旧Mj 7.2)、Mw 6.9、兵庫県南部で最大震度7、<死者・行方不明者6,437人>。当初は最大震度6だったが、実地検分により7に修正された。

<2004年(平成16年)10月23日 ;新潟県中越地震(新潟県中越大震災)>
Mj 6.8(Mw 6.7)、新潟県中越地方で最大震度 7。計測震度計で震度7が観測された最初の地震。<死者68人>。震度6弱以上の余震を4回観測。川口町の地震計で当時世界最高の2,516ガルを記録。 

<2007年(平成19年)7月16日10時13分頃;新潟県中越沖地震>
Mj 6.8(Mw 6.7)、新潟県・長野県で最大震度 6強。柏崎刈羽原子力発電所では震度7相当との試算がある[63][64]が、計測地震計によるものではない。柏崎市を中心に家屋倒壊や土砂崩れなどの被害。<死者15人>。ピンポイントながら最大1mの津波も観測されている。柏崎刈羽原発事故
同日15時37分頃、新潟県中越沖で地震 - Mj 5.8、新潟県長岡市、出雲崎町で最大震度 6弱。

<2008年(平成20年)6月14日 ;岩手・宮城内陸地震>
Mj 7.2(Mw 7.0)、岩手県・宮城県で最大震度 6強。山崩れや地滑りが多発(栗駒山麓)。<死者・行方不明者23人>一関市西で観測された4,022ガルがギネス世界記録に認定。山が崩れた地震


東日本大震災 2011年(平成23年)3.11の前震、本震、余震、誘発地震を以下に記す
<3月9日; 三陸沖で地震>
Mj 7.3。宮城県登米市、美里町、栗原市で最大震度 5弱。最大60cmの津波を観測。東北地方太平洋沖地震の前震とみられる。前兆現象が注目されたが予知に役立つか?

<2011年3月11日14時46分頃 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)>
Mw(モーメントマグニチュード) 9.0(Mj 8.4、日本の地震観測史上最大)。宮城県栗原市で最大震度 7。他に東日本の7県で震度6弱以上を観測。<死者・行方不明者約1万9000人>。戦後最悪の震災。北海道から関東地方にかけて太平洋沿岸部への巨大津波で甚大な被害。福島第一原子力発電所事故を招く。3月11日以降の数日間に震源域から離れた場所で発生した地震も、誘発させた可能性が指摘されている。

<3月12日3時59分頃 長野県北部で地震>
Mj 6.7(Mw 6.3)。長野県栄村で最大震度 6強、<死者3人>東北地方太平洋沖地震の誘発地震

<4月7日 宮城県沖で地震>
Mj 7.2(Mw 7.1)[74]。宮城県栗原市、仙台市宮城野区で最大震度 6強。<死者4人>東北地方太平洋沖地震の余震東通原発全停電。建物被害が本震より大きい地域あり。

<4月11日 福島県浜通りで地震>
Mj 7.0(Mw 6.7)。福島県いわき市や茨城県鉾田市などで最大震度 6弱。<死者4人>東北地方太平洋沖地震の余震

ヘブンアーティスト

ヘブンアーティスト in 第10回さいたま新都心大道芸フェスティバル  1月12日、13日180.jpg                                            さいたま新都心けやきひろば

ヘブンアーティスト!  上野公園で観客の輪に入り観たことは何回かある。

フェスティバルへ参加した大道芸人は33組、一人が多いが、チームもコラボレーションもある。
10か所の会場で、30分間隔で、フィナーレを含め1日71興行が2日間繰り返される。その他ウォーキングアクト5人が会場を自由に動き回り出没する。

スペシャルコラボが二組あり、それを中心に見た。
<cocochi-kit/めりこ/森田智博>;cocochi-kitはトランペット、サキソフォン(持ち替えでピッコロ)、トロンボーンの5人組、ポールダンスの“めりまりこ”、森田智博のジャグリングのコラボレーション。音楽、舞い、水晶玉、ボールを使ったジャグリングのコラボ。すばらしい。

<GちょこMarble/ちゅうサン/なつかよ>;アクロバットコメディーとパントマイムとマジックとマリンバデュオ。マリンバのやさしい音をバックに、ダイナミックさと驚きと楽しさ。

観客は多かったし、楽しませてもらった。近隣が主催ということもあり、投げ銭が多ければ良いなと思うとともに、主催、共催、協賛者が支払うイベントギャラも多ければと願うばかりである。すなわち、ご近所がアートタウンとして文化を担うプライドが高ければ・・と願っている。


248.jpg
  <cocochi-kit/めりこ/森田智博>のコラボレーション

ヘブンアーティストは2002年に東京都の石原慎太郎知事により「TOKYOアートタウン計画」の一環として創設された大道芸人公認制度。またそのライセンス保持者を「ヘブンアーティスト」と言う。

審査により、オーディションで合格した大道芸人に対してライセンスが発行される。ライセンス発行の目的は、質の高い芸人を選抜することで、都民に娯楽を提供し、また優れた大道芸人を育成するというものである。ライセンスを取得した芸人のみが指定場所(44か所)での大道芸を許可される。

当初、石原知事が「オーディションの審査は小沢昭一さんにお願いした」と言ったのを憶えている。



小沢昭一 (1929年4月6日~2012年12月10日、満83歳没)
俳優、タレント、俳人(俳号変哲)、エッセイスト、元放送大学客員教授、芸能研究者、劇団「しゃぼん玉座」主宰、見世物学会顧問、明治村々長

小沢昭一さんが亡くなられたのはほんの一ヶ月ほど前のことである。
氏の歌とハーモニカは優れた大道芸だと思う。何といっても“しゃべり”がすごい。あじわい深い。 
ご冥福をお祈りいたします。


原子力発電政策

原子力発電政策 
福島第一原発
                                                     福島第一原子力発電所
原子力発電政策

現自民党安倍政権の電力政策は10年間かけてベストミックスを見つけ出すこと。
その中で原子力発電がどのような位置を占めるのか。

原子力発電に対する注文
 
① 原子力基本法の民主、自主、公開の3原則を遵守せよ。
原発事故の状況や放射線測定値などの情報を隠ぺいするな。民主党政権のように国民を愚民として扱かうな。信頼して情報を開示せよ。

② 既設の原発は稼働するにしても稼働しないにしても廃炉に経費が掛かる。安全が確認されたらなるべく早く稼働することが得策である。

③ 原発の新設は、安全性確認、使用済燃料の処分・廃炉費用まで含めた発電原価の計算などを公開のうえで判断せよ。それが公約のベストミックスの意味である。現在の発電原価は使用済燃料の処分、廃炉費用が含まれていないのではないか。明瞭に分かりやすく公開せよ。一企業の問題ではなく国家の問題である。

④ 原発の立地条件、施設の耐震強度などは国の法で規制する。耐震強度(揺れの加速度(ガルgal))、活断層の有無、津波(m)、対テロ対策、対軍事攻撃対策。原発は国防上弱点になり攻撃目標になる。対テロ・軍事攻撃対策は地震・津波対策同様に重要である。

⑤ 組織の縦割りを改めよ。システムとしての安全と機能が大切である。
・福島第一原発事故は原子炉の付帯設備で起きている。縦割り組織の盲点を突かれたのだ。
・東通原発(青森県)は2011年4月7日の震度4(M7.4)の余震で電源系が全部落ちた。原子炉は高圧容器で本来地震には強いのだが、原発システムとして電源系などをなおざりにした弱点があったことになる。
・柏崎刈羽原発は2007年7月16日の新潟中越沖地震の震度6で、使用済み燃料プールの水がこぼれ約6万ベクレルほど海に漏れた。また変電所が黒煙をあげて燃えた。周辺設備に弱点があることを物語るが、メディアもうっかりごまかされている。

⑥ 福島原発事故の「原子力村」の責任を明確にせよ。“事故”とか“責任”の問題ではなく“人災”であり“犯罪”であるというのがこのブログの立場である。
おっと、犯罪は政治ではなく司法の領域じゃった。「東電株主代表訴訟」と「刑事告訴」が本格始動するようだ。時効は3年と短い。頑張れ。



その他の現実的な対策 
① 発送電分離;原子力村、業官政の癒着の温床になっている地域独占を廃止する。
② 燃料の輸入戦略
③ 火力発電の効率を上げる。熱効率を40%から60%へ50%アップ
④ 石炭火力の増加は?
⑤ 民主党が急いで提案した太陽光発電の購入単価は高すぎないか?


将来対策 
① シェールオイル、メタンハイドレートなど新たな資源開発
① 宇宙空間における太陽光発電技術開発の促進
② 風力発電、地熱発電、太陽光発電などを促進


八重の桜  NHK大河ドラマ

八重の桜   NHK大河ドラマ

八重の桜

八重の桜 

南北戦争と戊辰戦争
アメリカの近代工業経済化と日本の明治維新
この対比をプロローグとしてドラマが始まった。
ドラマのスケールの大きさを期待させる。

南北戦争後に、新島襄はアメリカにたどり着き、八重は戊辰戦争を戦う。
南北戦争で使われた大量の中古小銃類が日本に輸入され、戊辰戦争の武力として再び使われたという。
私にとってこれはもはや叙事詩の世界である。

南北戦争の時代リンカーンが大統領であった。
“government of the people,by the people,for the people”
「人民の人民による人民のための政治」と翻訳される。

今でも無意識に日本人は人民の上にはお上がいる、政治家がいると考えているように思われてならない。人民がそういう意味であればこれは誤訳になる。of the peopleのpeopleは国家の主体としての「人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」の「人」の意味である。このようにいってもなお日本人は明治時代のこの言葉の本当の意味をまだ実感していないような気がしてならない。

「ならぬことはならぬものです」 すばらしい言葉です。
「論語の素読」とともに、今の軟弱な教育に比べると余ほど素晴らしい。

「綾瀬はるか」は精悍でもありますね。すばらしい。

日本農業の理想

日本農業の理想   新年にあたり理想を語る。初夢と言っても良い。

現状のまとめ 
食料自給率は高い方が良いに決まっている。生産額ベース自給率とカロリーベース自給率があるが、日本は生産額ベースが65~70%と高く、カロリーベースが39%と低い。農業はビジネスであるから当然生産額ベース自給率を重視すべきである。国際的にも生産額ベース自給率が指標とされている。農水省がカロリーベースを重視するのは、農業が駄目な産業であることを喧伝することにより組織の存在感をアピールし官僚主導の農政を持続するためである。これにより日本の農業は歪められている。

日本の<農業生産額>は世界で第5位。人口大国中国とインドが1位と3位を占め、米国が2位であり、日本は農業大国ブラジルの4位に次ぐ。
<生産額ベース自給率>は65~70%。先進国では1位カナダ、2位オーストラリア、3位アメリカ、4位フランスに次ぎ第5位である。(本ブログ2012.11.6 食料自給率 農業問題1参照)
これらより評価すると日本は農業大国である。農水省が喧伝するように日本農業は決して斜陽産業ではない。

何故生産額ベース自給率が高いのか。農家は収入機会最大を求め高収入を得るために経営努力し、高級な果物、野菜、肉類、花卉などを栽培・生産していることによる成果である。日本の国が富み、食事の嗜好化が進み、消費者の購買能力・消費能力が大きくなったことに支えられている。

<国産米> は品種改良の結果、新銘柄米が次々登場し、食味が向上している。瑞穂の国の主食として発展し続けているが、残念ながら国内消費は低迷している。一方、主食として米、小麦など世界に流通している穀物に比べ生産原価が高く国際競争力は明らかに劣っている。(本ブログ2012.12.14 食料自給率 農業問題4 新銘柄米参照)


みのりの秋

日本農業の理想
<米作>は一経営単位の水田面積が数百ヘクタールと広く、しかも嘗て散在していた経営単位の水田の交換が進み一か所にまとめられ、作業の効率化が図られている。水田一枚の面積は数10ヘクタールが当たり前である。省力化が図られ、農機具の大型化と効率的使用が進み、世界一であった農業機械の保有台数も減少し、生産原価が低減する。コンバインはGPSを搭載し水田の水平が自動的に管理され、大面積の水田の水管理にも問題がない。

果物、野菜、花卉などを栽培する畑地は、水田地帯では集落の周辺や砂丘地、河川敷などにまとめられる。作業効率を優先し、水田と畑地の境界は直線的にかつ直角に区切られる。

生産原価が低減し国産米は国際流通でも競争力がある。食味の良さと安心・安全及び後進国の経済発展から輸出量が増大し、高価格で売れている。減反政策も昔話となり、生産量は1,200万tを越えている。

果物、野菜、花卉などは高級化がさらに進み、露地、温室、ビニールハウスなどで労働集約的に栽培され、投入した労働力に見合う収入が得られている。農作物の選択力・販売力と栽培技術が農家の収入を大きく左右している。

日本の食料自給率は生産額ベースで80%を、カロリーベースで50%を越えた。米の生産量が増え輸出が増えたからである。1970年に始まった減反政策は過去の記憶でしかない。


問題点
民主党が始め、農村票が欲しい自民党も引き継ぎ、しかも野菜にも拡大されるらしい農業者戸別所得補償制度は水田の集約化の妨げになるし、畑作物すなわち果物、野菜、花卉などの販売力と栽培技術向上の妨げになる。農業に補助金が必要ないとは思わないし、欧米でも農業補助金はかなり使われているが、自助努力を促し、将来の発展につながる生きた使い方が重要である。

農業後継者不足が言われているが、先進国の中で日本の農業人口はまだ多い。若い後継者が必要であるがそれもそれほど悲観する状況にはない。この点で農水省やマスコミの論調は間違えている。

農業への企業参加が話題になるが、農業者の共同経営もしくは個人経営が望ましい。農業にまで人材派遣が及ぶと農村の荒廃が進む。それでは農業は発展しない。農業は農業者の生きがいであって欲しい。但し、野菜工場、食品会社の原料栽培(ジュース用トマトなど)まで拒むものでない。


年末年始

年末はアメ横へ、元旦は初詣に

アメ横
昨年はお世話になりました  

年末のアメ横の混雑はテレビで見るものと思っていたが、上野駅へは電車一本、たまにはと思い出かけて見た。
正月用の蒲鉾セット、蛸などを買い求めた。蒲鉾は安売りに負け2セットまとめ買いした。
雑踏はお祭りである。アメ横の雑踏を楽しんだ。外国の方々も多い。アジア系もイスラム系も日本の年末というお祭りを楽しんでいるように思えた。 


023 (3)
本年もよろしくお願いします 

初詣に出かけた。毎度のことであるが、参道で最初に出会うのは、「悔い改めよ」「キリストを呼び、求める人は救われる」「キリストは人に永遠の命を与える」などのスピーカー音と看板。
お宮参りの神道の場で良くやるもんだと思うとともに、日本は平和だとも思う。

武蔵国一の宮氷川神社。その由緒書きに、二千有余年前、第五代孝昭天皇の御代に創立、景行天皇の御代、日本武尊(やまとたける)は東夷鎮圧の祈願をなされ、・・・などとある。

地続きの県立博物館前に縄文と弥生の住居が再現されているが、その場所は真実の遺跡だという。
原始ここは渚であった。博物館前の池も、神社前の池も渚の跡であり、縄文・弥生の遺跡は渚のそばにあったのだ。そして、私の想像では、縄文・弥生人の祈りの場にこの神社が建立された。

日本は伝統を大切にし、代々継承し絶えることがない。今年は伊勢神宮で天武天皇の時代からつづく20年に一度の式年遷宮が行われる。

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR