FC2ブログ

大祓 (おおはらえ)  半年間の厄災を祓う行事

大祓 (おおはらえ)  半年間の厄災を祓う行事
神社では1年の終わりである大晦日と、1年の半分が終わる6月末日の2度、大祓という行事をおこなう。

6月末日に行われるのが「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」で「茅の輪くぐり」が主な儀式の形式です。
郷里の「椙尾神社(すぎのおじんじゃ)」では山越えして「御神輿」を運び日本海で清める儀式が行われます。 
大祓の儀式により、厄払いをして、清浄で清々しい7月1日を迎えます。


安本美典説
安本美典氏によると『欠史』とされる時代(第1代神武天皇〜21代雄略天皇)は、新月~満月で1か月、満月~新月で1か月、すなわち、1か月は陰暦の半分の日数(14~15日)であった。
参照 → 本章末のクリックをクリック  http://tsujiandon41.blog.fc2.com/blog-entry-291.html
だから、1年12か月の期間も現在の半年に相当する。

安本説が成立する主な根拠は、①『記紀』に記されている『欠史』の時代の天皇の寿命が、神武天皇=137歳、孝安天皇=123歳、崇神天王=168歳など、あり得ない高齢であったこと。半分にすると現実的な年齢になる。②天皇が例外なく月の15日以前に亡くなっていること。などである。


大祓 は、『欠史』の時代に毎年大晦日に行われた儀式がそのまま継続したものであろう。それ故、神社の行事として、現在の大晦日と6月末日の大祓は同格であったと思われる。また、7月1日も『欠史』の時代には元旦であった。 

   tides[1] (2)
        満月             地球            新月                    太陽
            満月と新月のとき、月と太陽の潮汐作用が一致し、潮汐作用は最大となる

欠史の時代に、なぜ今の半月を1か月としたのであろうか。
半月で1周期である自然現象に潮汐作用がある。その周期は、新月~満月、満月~新月、の周期と一致する。上の図を参照
貝塚に見られるように、海は食料を得る重要な場所で、磯漁の体験から潮汐作用の周期はよく理解されていた。だから、欠史の時代、倭人は月の満ち欠けの周期より、潮汐作用の周期を感覚的、体感的に重視したのであろう。

郷里の「椙尾神社」の「御神輿」を日本海の磯で清める大祓の儀式も理解できる。


7月1日 は,欠史時代の元旦に相当する。だから、去る7月1日は令和の最初の元旦と見なし得る。
7月1日が誕生日の私は清々しい気分で運転免許証の書き換えを行った。
安全・無事故無違反を期している。


安本説参照クリック
スポンサーサイト



皇位継承 1

皇位継承 1
『皇位継承者は男系でなければならない』
神武天皇から126代今上天皇まで皇統は例外なく男系により継がれてきた。
そのうち女性天皇は8人10代在位したがすべて男系であった。
 

女性宮家 
女系は皇室、天皇家ではなく婚姻相手の男性の血統に代わることを意味する。
例えば、真子様と小室圭の間の子供は女系で皇室ではなく小室家に属する。それ故、真子様は皇室に所属し得ても、小室圭とその子孫は皇族にはなりえない。

一般参賀で小室圭殿下(?)が長和殿のベランダから手を振る光景は悪夢でしかなく、女性天皇と婚姻関係にある一般男性の敬称を「陛下」と称するのも衝撃的で違和感がある。
だから、女性宮家は皇統・天皇制を継続するための制度にはなりえない。

女性宮家を提案、支持している政治家、マスコミは、いわゆる『リベラル派』『共産主義者』で、皇統の繁栄ではなく皇統の断絶を狙っているとしか思えない。夢々だまされることなかれ。

イギリスの例ヴィクトリア女王がなくなり、長男のエドワード七世が王位に着いたとき、女王の夫君のドイツの実家の名にちなみ王統は『サクス=コバーグ=ゴータ家』に代わった。イギリスでも男系を意識している。第一次世界大戦で英独が敵国として戦ったときそれをさらに『ウィンザー家』に代えた。二重に男系を意識していることになる。 英国の例から、もし真子様と小室圭の子孫が皇位に着いたとき天皇家(姓を持たない)から小室家(小室王朝)に皇位が移ることになる。それでいいのか?


  19c8ddfe[1] (2)
          信任状捧呈式のため皇居に向かう新任大使または公使を乗せた偽装馬車

旧宮家
現在、男系男子の皇位継承者は3名しかおらず、女性宮家創設を認めざるを得ないという議論がなされている。

不思議なことにGHQにより昭和22年に『皇籍離脱』させられた宮家の情報は封印されたままで聴こえてこなかった。しかし、最近、『水間政憲氏』の著書で明らかにされたことによると、七宮家十家族に『男系男子』が多数いる。
例えば、明治天皇の孫である東久邇宮盛厚王(母は明治天皇皇女聡子内親王(泰宮))に上皇(平成天皇)の姉である照宮さま(茂子内親王)が嫁いだという非常に皇室の血が濃い旧宮家に男系男子が5名もいるという。


「宮家」、「旧宮家」と「皇別摂家」を合わせれば120名もの男系男子がいらっしゃるという。 
因みにイギリス王室は百何十位まで王位継承権が与えられ、中には巷間の一般サラリーマンなどもいるという。王制を維持し国体を守るために他ならない。日本にも『宮家』を名乗らないそういう存在があってもよい。


「『世俗に染まった旧宮家出身者』を国民は受け入れない。」と言われているようだ。果たしてそうだろうか。
真子様と小室圭のテレビ、週刊誌、ネット・・・etc.沙汰は十分世俗的だと思うんですが?


旧宮家が皇籍を剥奪された後、昭和天皇によって「菊栄親睦会」がつくられ、新年の祝賀や天皇誕生日など定期的な昼食会が開催されているが、東久邇家はその中心メンバーという。
一方、清子内親王(紀宮、内親王 → 降嫁;黒田 清子、上皇明仁第一皇女)は降嫁して黒田清子(くろださやこ)となったが、2017年(平成29年)6月19日に伊勢神宮祭主に就任し、皇室関連のお仕事をなされている。祭主は名誉職ではなく大変な責務を伴う世俗に染まった人材ではなしえない聖職である。これまでは上皇陛下の姉「池田厚子さん」がやっていたが、高齢のため黒田清子さんが引き継いだ。歴代、皇族が引き継いでいる。



2004年、小泉政権下で設置された「皇室典範に関する有識者会議」の報告書内容
・女性天皇及び女系天皇を認める。
・皇位継承順位は、男女を問わず第一子(愛子内親王)を優先する。
・女性天皇及び女性の皇族の配偶者も皇族とし女性宮家の設立を認める。
・永世皇族制を維持する。
・女性天皇の配偶者の継承は「陛下」とする。

悠仁親王の誕生により見送られたが、野田佳彦内閣でも再燃した。内容は極めてショッキングである。
皇統が護られず一般家に代わることは「皇位簒奪」である。そこには卑しい「暗躍」もあり得る。

それよりは選挙で選ぶ「大統領制」の方が増しである。
それが天皇制の廃止をもくろむ『リベラル派』『共産主義者』の狙い・付け目である。
彼らは皇室が国民に人気があり、天皇制廃止を正面から唱えると国民の支持を失うことを知っている。
政党は支持率を失い、新聞、雑誌は発行部数を減らし、テレビは視聴率を下げる、のを恐れている。


※「天皇、皇室」に関する記述は、右「カテゴリ」欄の「天皇、皇室」(上から19行目)をクリックしてください。

続く

新元号 『令和』 (れいわ、REIWA)

新元号 『令和』 (れいわ、REIWA)
4月1日、新元号が『令和』と決まり発表された。万葉集が出典で日本の古典からははじめてという。
言葉としての響きが良い。簡素な字画の姿が良い。その意味に深い味わいがある。出典 が良い。・・・etc

    DSC09326.jpg
 図の右5案の他に国書(日本古典)由来の案をさらに出すよう、中西進氏らに追加依頼した。その中から
 『令和』を3月最終週に加え、計6案が4月1日の有識者懇談会に示す原案となった。(図はNHKテレビ)



『令和』の出典
万葉集 巻第五
梅花の歌三十二首并せて序 天平二年正月十三日(西暦730年2月10日)
作者大伴旅人:大宰府の帥大伴旅人の邸宅に集まって宴会を開いた。その一節
「初春令月、氣淑風和」     初春の令月にして、氣淑(よ)く風和(やわら)ぎ

漢籍:後漢時代の文人張衡(ちょうこう、西暦78年~139年)の詩『帰田賦』(文選)
「仲春令月、時和気清」     仲春の令月、時は和し気は清む

大伴旅人の文章(漢文)は明らかに張衡の「帰田賦」を下敷きにしている。
優れた文学へのリスペクトあるいはオマージュとして、尊敬する先人の作家や作品に影響を受けて、似たような作品を創作する事はよくあることであるが、それはときに素晴らしい傑作を生む。日本には『本歌取り』の伝統がある。
大伴旅人の序、『梅花の宴』を開いたことおよび漢文の文章をしたためたこと、は王義之の「蘭亭序」を模している(中西進氏)。王義之と張衡の漢籍は二重に大伴旅人のあこがれであったのであろう。


日本の古典から選んだのは間違いないが、それを書いた大伴旅人は中国の王義之、張衡へのオマージュがあったことは認識すべきである。
これらすべてを含めて、元号『令和』の選定は素晴らしい。

大伴旅人は大宰府長官(帥)。山上憶良(筑前守山上太夫)もこの宴に参加している。大宰府がある筑前国の言わば知事(筑前守)が山上憶良。この『序』文は憶良作との説もあるらしい。地位は大宰府帥旅人がかなり上。

『令和』の提案者は萬葉学者の中西進氏』だと報道されている。真実であろう。

※参考:中西進 萬葉集 全訳注 原文付 講談社 昭和59年9月 377~386頁

天皇退位と譲位 女性宮家創設

天皇退位と譲位
政府の有識者会議の最終報告が4月21日に提出され、天皇退位を実現する法案を立案し、国会に提出される段階になった。

天皇の意思を重んじ、天皇が退位され、皇太子に譲位されることを多数の日本国民と同様に私は望んでいる。
皇室典範は明治維新のどさくさに紛れて天皇制を必ずしも重んじなかった(悪用した)政治勢力のもとで成立したものであり、昭和天皇までの124代のうち58代が生前退位・譲位であった事実を私は重んじたい。すなわち、退位・譲位は議論の余地なく自然なことである。

現状
現在の皇位継承順位は、①皇太子殿下(57歳) ②秋篠宮殿下(51歳) ③悠仁親王殿下(10歳) ④常陸宮殿下(81歳)で、皇位継承者はこの4人の他にいない。皇位をつつがなく継承していただくには大変心配な状況にあることは国民共通の認識である。


 DSCN0750.jpg
    ①②③④は皇位継承順位  ( )内は年齢    BSフジプライムニュースより

女性宮家創設  民進党
民進党の野田義彦幹事長は天皇制・天皇退位について強い主張を持っている。
その一つに「女性宮家創設」があることは報じられてきた。しかし、その明確な内容は知らなかった。
津村啓介 民進党皇位検討委員会事務次長 がBSフジプライムニュース(3月22日)で語っていた内容は以下の通り。

津村啓介議員によると
民進党は「女性宮家の創設」を方針(党是)にしている。
その中には「女性天皇」「女系天皇」を認めることも含めている。


そこで「男系天皇」「女性天皇」「女系天皇」について明確にしておかなければならない。
現在の皇室典範では①「男系」の「男性天皇」だけが認められている。
歴史上8人10代の②「男系」の「女性天皇」がおられた。「男系天皇の血筋である皇后の即位」、または「男系天皇の血筋で生涯独身を通された女性天皇」、の何れかであった。

「女系天皇」は、内親王(皇女・皇孫たる女子)と一般男子の間の子供が即位する「天皇」(男女)であり、歴史上例がない。例えば一般男子が「井伊家」※であれば伝統的(一般的)解釈では「井伊家」の血統であり、井伊家が「天皇家」になり代わったことになる。これは、井伊家が天皇家を簒奪したと解釈し得る。だから、帝位簒奪という政変に繋がる問題を含んでいる。法律を変えればよいという問題ではなく、古来の日本民族の伝統・心情の問題である。
※大河ドラマと「いろは」の「い」より、例を「井伊家」にしたに過ぎない。

皇室典範改正が前提となるが、
③「女性宮家」「女性天皇」は一代限りであればよいと考える。男系だからである。
すなわち、愛子内親王、真子内親王、佳子内親王は男系であるから、「女性宮家」のみならず「女性天皇」の資格もあるように「皇室典範」を改正するのは日本民族の歴史、伝統、心情に合致していると考える。(但し、「天皇」は現皇室典範より「男子である」「悠仁親王」が優先されることになるだろう。) 
※「女性宮家」「女性天皇」の二代目は、上述「井伊家」の例より、「女系」になる。

※この民進党の主張には有識者会議の御厨貴氏の影響があると思われる。御厨氏は天皇家存続に関し「帝位簒奪」という危険な考えを持っていると思う。ただし、「女性宮家創設」は有識者会議の議論の範囲ではない。



天皇の譲位  皇室典範

天皇の譲位  皇室典範
天皇家の立場にから見ると、薩長閥明治新政府に悪用された一面が私には見える。
それは、日本人として許される範囲を逸脱するものであり、日本民族、天皇家ともに被害者である。
それが戦争の遺伝子となり、日本は明治から昭和20年(1945年)の敗戦まで戦争ばかりやっていた。

人はよく、過去を振り返るより、未来志向でなければならないというが、正しい歴史観を持つことなしに未来は見えない。
歴史は勝者の論理でつくられるというが、「明治維新」という歴史観は山縣有朋など薩長藩閥明治政府が作ったものである。

ことわっておくが私は保守主義の支持者であり、リベラリストではなく共産党や左翼を否定するとともにいわゆる右翼も否定する。
支持政党は一応自民党である。

   thDSNTFDXF.jpg 孝明天皇 攘夷思想でなかったら良かった

司馬史観
司馬遼太郎は、明治維新、日清、日露の戦争を小説の題材にし、自身が参戦した昭和の戦争を卑下し、小説に書けないとしている。
過去の政争、戦いを叙事詩として書き、実体験は叙事詩にならないというのであれば私は承知する。
そうではなく、昭和、あるいはその20年程度前からの日本は情けない国になり下がったというのである。
日本人に広く受け入れられている、この司馬史観を私は否定する。
司馬氏の著作は歴史書ではない。「叙事詩」あるいは「小説」として読むべきである。
戦争の遺伝子はあくまで明治維新に起源があり、明治維新から受け継がれたものである。



薩長藩閥明治政府と天皇の関わり
長州は敢えて京都御所付近を争いの場とし、御所に大砲をぶっ放し、天皇の幽閉、動座(誘拐)を企てるなど手段を選ばず物欲しげに天皇の錦の御旗を強奪しようとし、終に目的を達成した。長州こそ朝敵であった。

簡略に例を述べると
池田屋事件(事変);1864年7月8日(元治元年6月5日):新選組が「祇園祭の前の風の強い日を狙って御所に火を放ち、その混乱に乗じて中川宮朝彦親王を幽閉、一橋慶喜・松平容保らを暗殺し、孝明天皇を長州へ動座させる(連れ去る)」という情報を得た(Wikipedia)。御所は塀を廻らしただけの平和の館で城郭ではないが、それに乗じようとする卑怯な政争である。それを未然に防ぐため新選組による池田屋襲撃事件が起こった。 

孝明天皇暗殺説:孝明天王は攘夷思想の持ちぬしであったが、公武合体派で和宮を降嫁させ、あくまで江戸幕府を支持していたことは、薩長にとって不都合であった。病死、暗殺説があり、一応事実は不明ではあるとされる。皇位を継承した明治天皇はまだ14歳であった。

   Secret_imperial_order_of_overthrow_the_Tokugawa_Shogunate[1]  討幕の密勅

討幕の密勅;江戸時代最末期の慶応3年10月14日(1867年11月9日)、薩摩藩と長州藩に秘密裡に下された、徳川慶喜討伐の詔書である。従来より偽勅説が唱えられてきた。この詔書はもともと模擬文書であり、必要な場合は「このような勅命を出すことが可能だ」という「サンプルのようなもの」らしいというのが説得力ある説という(Wikipedia)。要するにこのようなものが欲しいというサンプルを作ったに過ぎなかった。これが戊辰戦争の錦の御旗の正体である。幕府側のみならず、日本に朝敵はいなかった。しかし、戊辰戦争を戦った幕府側は薩長の卑怯なまだ15歳の明治天皇の偽勅により朝敵とされた。むしろ朝敵は薩長であった。


靖国神社:は長州の護国神社に過ぎない。朝敵とされた奥羽越列藩同盟や西南戦争などの戦死者を祀っていない。日本にはいなかったでっち上げられた朝敵を祀らず、朝廷をしゃぶり尽くした朝敵長州の施設といえる。国のために戦死した英霊を祀るに相応しいところではない。


「主権回復の日」式典  最近の出来事
2013年4月28日に開かれた日本政府主催の「主権回復の日」式典で、会場内にいた安倍晋三首相を含む人々が「天皇陛下万歳」と万歳三唱をした。このことに対して日本国内からも批判の声が上がっている。中国・京華時報が伝えた。
安倍晋三首相の取り巻きのごますりか? 上述を背景に私も批判する。 日中韓からの批判!!


結論
今、長州自慢の安倍晋三首相のもとで「皇室典範」を改訂すべきではない。
御厨貴氏は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の座長代理を務めているが、この方も時代に乗り遅れた知性で相応しくない。

「歴史は権力がつくる」は常識であるが、最近の日本の歴史「明治維新」が権力にまみれていると日本人は気づいて欲しい。
今、原田伊織氏の著書「明治維新という過ち」などを端緒として、権力がつくった明治維新という歴史を見直すべき「とき」である。

「皇室」は日本民族にとって大切である。
伊藤博文の皇室典範を改めるのは、「明治維新」の歴史を見直したあとが良い。



プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR