FC2ブログ

坂本龍馬暗殺の黒幕は西郷隆盛

坂本龍馬暗殺の黒幕は西郷隆盛
暗殺実行者は齋藤一、と本郷和人東大教授が林修氏のテレビ番組で語っていた。
私は、本郷和人東京大学史料編纂所教授が語る歴史は面白い、磯田道史氏と双璧だと思っている。

ddb04d95-s[1]

坂本龍馬の暗殺の黒幕が西郷隆盛とするのは納得できる。
赤松小三郎を暗殺したのは中村半次郎で黒幕は西郷隆盛である。
赤松小三郎は、慶応3年5月「建白七策」を福井藩松平春嶽と薩摩藩島津久光に提言した。
その一カ月後の慶応3年6月坂本龍馬が、
赤松の「建白七策」を下敷きに「スローガン」的にした「船中八策」を起草した。 

「建白七策」「船中八策」は西郷ら薩長勢にとって不都合と考えたのが原因であろう。


赤松小三郎は慶応3年9月3日、薩摩藩中村半次郎(桐野利秋)等により暗殺された。
坂本龍馬はその約2カ月後の慶応3年11月15日に暗殺された。
暗殺犯には諸説があるが、薩摩藩の大久保、西郷黒幕説がある。

その詳細は、クリック → 赤松小三郎 を参照されたい。


しかし、本郷教授の齋藤 一 暗殺実行説は、西郷とのつながりがあり、左利きだから、との説明たが俄かには納得できない。
齋藤一は新選組三番隊組長で撃剣師範、戊辰戦争では会津藩とともに戦い、西南戦争では西郷の敵として戦い、大正時代まで生きた。私には西郷と斎藤一の接点が分からない。 本郷教授は自説を小出しにして勿体つけてる風にも見えたが。

スポンサーサイト



北方四島概観  歴史の一視点

北方四島概観  歴史の一視点
歴史の長期的な視野で北方四島を概観する。

概説
徳川幕府が結んだ北方四島に関する条約を、徳川幕府を排除した好戦的な明治新政権が日本を敗戦に導き四島を失った。その中心であった長州出身の政治家が取り戻そうと、恥ずかし気もなくその出身地長門で日露首脳会談をおこなった。

    th183F1SCP.jpg 北方四島 国後島、択捉島は大きいですね

経緯概要
幕末1855年、日露が北方四島に関する条約:日本国露西亜国通好条約(別称;日露通好条約、日露和親条約、下田条約)を結んだ。今日本が主張している国境がこの条約で決められた。小説家吉村昭がもっとも心動かされる人物「川路聖謨(かわじとしあきら)」が露国プチャーチンとの交渉で結んだ条約で、吉村昭は歴史長編「落日の宴・勘定奉行川路聖謨」という傑作に、この顛末を詳細に書いている。
  参考 クリック → 吉村昭 川路聖謨

徳川幕府は優秀な人材を抜擢して政権与党として十分に機能していたことが分かる。13年後、戊辰戦争(1868年)という無駄な内戦で薩長藩閥政権ができ、制定された明治憲法、皇室典範は欠点が多いもので、日本は好戦的な軍事国家になってしまった。その長州の長門で、長州出身(を少々鼻にかけている)安倍首相とプーチン露大統領が「北方四島に関する日露首脳会談をおこなった。歴史的に観て、私には何という皮肉かと思われる。



現実を重視し開国・開港したのは徳川幕府であり、攘夷! 攘夷!!と時代錯誤な行動をしたのは薩摩・長州藩であったことは誰でも知っている。科学技術だって肥前藩(佐賀藩、鍋島藩)や幕府自身などが維新前に発展させていたし、長州藩の反射炉は肥前藩の縮小模型に過ぎないから、世界遺産とはチャンチャラおかしい。肥前藩は薩長土肥藩閥の一つであるが、反射炉は徳川幕府の大砲を鋳造しているし、閥内では疎外された存在であった。

赤松小三郎や坂本龍馬を暗殺せず、無駄な戊辰戦争をしなかったら、好戦的な明治新政府にはならなかっただろう。殖産興業だって中心になった人材に渋沢栄一のような旧幕臣も多数いた。明治政府内の権力争いは激しくなっただろうが、嚆矢となり賠償金の味をしめた日清戦争も起こらなかったかも知れない。

  参考 クリック → 赤松小三郎
      クリック → 天皇制と明治維新

保守主義

12000j

日章旗  国旗と国歌には左翼思想による拒絶反応が強い。しかし、最近スポーツの日本代表選手が以前より国歌「君が代」を歌うようになったことは喜ばしい。国歌を歌うことは自然なことで、右翼思想とは関係がない。依然として、国旗を門口に飾る家は少ないが私は成り行きでよいと思っている。 
現行法で日の丸は旗のど真ん中にある。


保守主義
私には、マルクス主義史観=唯物史観、進歩史観と呼ばれるいわゆる左翼史観は絶対に受け入れられない。だから、日本を共産主義国家にしてはならないし、一部であれ共産主義勢力を含む政権に日本を委ねる訳にはいかない。

そのためには、いわゆる保守主義の国家にしなければならない。保守主義とは国家の伝統と歴史を重んじ継承するものである。保守主義にも思想の幅があるが、現在の自民党を主体とする日本の保守主義に問題はないのであろうか? その一視点として、ときには明治維新まで遡り、保守主義の問題点とあるべき姿を論じて行きたい。

断わっておくが、保守主義イコール右翼ではない。真正保守は中立である。日本のマスコミは、テレビ、新聞、出版社などが中立よりは左翼に大きく振れているような気がしてならない。テレビは5チャンネル(TV朝日),6チャンネル(TBS)、新聞は朝日、毎日が左翼に振れている。朝日新聞のマルクス主義史観は今にはじまったことではないが、最近文芸春秋までが左に振れ気味なのではないか?とさえ言われ始めている。


選挙運動の演説で左翼の方が優しいように感じられると思われるが錯覚を起こし間違えてはいけない。中国・北朝鮮・旧ソヴィエト連邦の国民が優しく扱われていたかどうかを考えると明白である。また、左翼系テレビ報道はあたかも「我々だけが正義である」ように偏向報道をするがそれにも騙されてはいけない。

政治を論ずる場合、保守と革新に分けるが、日本の現状は革新勢力に見るべきものがない。ロクなものがないと言ってもよい。一方、保守主義と一把一絡げにしているが、その内容を一つ一つ検証することがなされていないように思う。すなわち、保守と革新の対立軸で議論するあまり、保守の中味を議論していないように思うのだ。ここでは保守主義の内容について、新たな「カテゴリ」を設け議論していきたい。それが健全な保守主義を維持発展させる原動力になると信じているからである。



赤松小三郎

th[9] 赤松小三郎(あかまつこさぶろう)記念館


赤松小三郎 あかまつこさぶろう 
天保2年4月4日(1831年5月15日)  - 慶応3年9月3日(1867年9月30日)
信州上田藩出身 名前が知られていないのは権力(薩摩藩、明治政府)により存在を抹殺されたためという。

慶応3年5月、「建白七策」を福井藩松平春嶽と薩摩藩島津久光に提言した。
その一カ月後の慶応3年6月坂本龍馬「船中八策」を起草した。「船中八策」は「建白七策」を下敷きにしてスローガン的に八項目にまとめたものといわれる。


赤松小三郎は慶応3年9月3日、薩摩藩中村半次郎(桐野利秋)等により暗殺された。
坂本龍馬はその約2カ月後の慶応3年11月15日に暗殺された。暗殺犯には諸説があるが、薩摩藩の大久保、西郷黒幕説がある。


薩摩の「武力討幕路線」に反対の立場で、議会政治の導入により幕府と朝廷・薩摩の対立を融和させようと動いていたことが暗殺の原因になったものと思われる。<赤松小三郎と坂本龍馬両者に共通する原因>


業績
建白七策=民主的議会政治 の提言 
慶応3年(1867年)5月17日に、前福井藩主・松平春嶽に「御改正之一二端奉申上候口上書」という建白書を提出した。また同じく5月、同様の建白書を薩摩藩島津久光にも提出している。
この建白書の中で、二院制の議会(議政局)政治を提唱した。これは、身分にとらわれない民主的な普通選挙による議会政治を提言した文書として、日本最初のものである。


上局:定数30人 貴族院に相当:朝廷と幕府と諸藩の融和の象徴として、公卿と諸侯と旗本より選出される。
下局:定数130人 衆議院に相当し、議員は、各藩を基礎とした選挙区から「門閥貴賎に拘らず道理を明弁し私なく且人望の帰する人」を、入札(選挙)によって公平に選ぶべしとされた。
国事は総て此両局にて決議」とされ、議会は国の最高議決機関と位置付けられている。


建白書の中では、内閣総理大臣(「大閣老」)以下6人の大臣を議会が選出するという議員内閣制度も提言されている。また、議会の決議事項に対しては、天皇ですら拒否権を行使できないとされた。

他の建白された項目として、
主要都市に大学を設置し全国民への教育機会を提供すること、
人民平等の原則に基づき農民に重すぎる税負担を軽減、全ての職種に公平な税率を課すこと、
金貨・銀貨を国際的なレートに従って鋳造し直し、物品の製造にあわせ通貨供給量の拡大を計ること、
陸軍と海軍を拡充し諸民からも軍人を養成して士族の割合を徐々に減らすこと、戦時には国中の男女を徴兵可能にすること、
西洋から顧問を迎え入れ各地に諸物製造所を設け産業を振興すること、
肉食を奨励し日本人の体格を改善すること、家畜も品種改良すること、など。


赤松小三郎が 建白七策の提言をした一カ月後の慶応3年6月15日
坂本龍馬の「船中八策」が起草されている。これは「建白七策」を下敷きにしてスローガン的に八項目にまとめたものといわれている。(上述)



暗殺
赤松小三郎は慶応3年9月3日(1867年9月30日)に、坂本龍馬は 慶応3年11月15日(1867年)に暗殺された。

薩摩藩士で赤松小三郎の門下生であった中村半次郎と田代五郎左衛門に暗殺された。中村半次郎はその日記で「幕奸」(幕府のスパイ)だから斬ったと記述している。赤松が薩摩の軍事機密を知りすぎていたこと、薩摩の武力討幕路線に反対の立場で、議会政治の導入により幕府と朝廷・薩摩の対立を融和させようと動いていたことが暗殺の原因になったものと思われる。すなわち、薩摩は幕府と戦争をし、新政府に徳川が入ることを嫌っていた。

坂本龍馬の暗殺説は色々あり、定まっていないとされるが、赤松小三郎と同じ原因で、同じ黒幕だとする説もある。

薩摩藩からは国元に招聘されたものの、薩摩藩の武力討幕計画を知って拒否した。内戦の危機を回避しようと、慶応3年8月まで「幕薩一和」を求めて、薩摩の西郷隆盛や小松清廉、幕府の永井尚志らとギリギリまで交渉していた様子が兄宛の書簡からうかがえる。

出身地の上田藩より度々召還命令を受けたが拒否をし続けたものの、慶応3年(1867年)9月に呼び戻されることになった。その帰国の直前、京都・東洞院通りで薩摩藩士で門下生であった中村半次郎と田代五郎左衛門に暗殺された。中村半次郎はその日記で「幕奸」(幕府のスパイ)だから斬ったと記述している。赤松が薩摩の軍事機密を知りすぎていたこと、薩摩の武力討幕路線に反対の立場で、議会政治の導入により幕府と朝廷・薩摩の対立を融和させようと動いていたことが暗殺の原因になったものと思われる。

赤松の墓は金戒光明寺にあり、その墓誌には「薩摩受業門生謹識」として師匠を称える言葉と死を悼む言葉が書かれている。遭難の地には記念碑が建てられている。故郷上田の月窓寺には遺髪墓がある。


英国式兵学者としての業績
慶応2年(1866年)より、京都に私塾を開き、英国式兵学を教える。門下生には、薩摩・肥後・会津・越前・大垣などの各藩士から新選組の隊士までが含まれており、呉越同舟状態であった。

ついで薩摩藩から兵学教授として招聘され、京都の薩摩藩邸において中村半次郎・村田新八・篠原国幹・野津鎮雄・野津道貫・黒木為楨・東郷平八郎・樺山資紀・上村彦之丞ら約800人に英国式兵学を教え、藩士たちの練兵も行った。薩摩藩の兵制を蘭式から英式へと改変するのに指導的役割を果たした。

また会津藩士・山本覚馬より会津藩洋学校の顧問就任を依頼され、友人の西周と共に会津藩洋学校の顧問を務めた。

吉村昭 2

吉村昭2

 吉村昭の地震・津波に関する3つ目の著作は

 「落日の宴・勘定奉行川路聖謨」 1996年4月刊
 安政の大津波  1854年(嘉永7年)11月4日 M8.4

 吉村昭がもっとも心動かされる人物を書いたこの歴史長編の中に、ロシア提督プチャーチンと交渉中に襲来した安政の大津波のことが詳細に記述されている。プチャーチンの船ディアナ号も被災し、後、回送中に沈没する。

 徳川幕府は鎖国の立前から食料・物資などは無償供給した。ロシア側から被災した傷病者を手当する申し出もあり、厳しい折衝ではあったが、川路聖謨(かわじとしあきら)(徳川幕府)とプチャーチン双方に互いに尊敬の念が生まれた。ロシア側歴史資料で川路聖謨は尊敬されているという。

 このとき結ばれた条約が日本国露西亜国通好条約(1855年、別称;日露通好条約、日露和親条約、下田条約)である。

 現在の北方4島問題の日本の主張は、このとき決められた国境に基づく。今、ロシアは共産主義国家ではないし、資源立国から脱しようとしている。日本の技術が欲しいのである。プチャーチンと語呂が似ている独裁者プーチンとの交渉は日本にとってまたとないチャンスであろう。

 国家間外交も結局は人間対人間の交渉である。俯いてもエバっても駄目である。外交交渉は川路聖謨を模範とし、真摯に、凛として格調高く、ときに臨機応変な妥協も必要であろう。
 

 真摯に謙虚に評価すれば原発事故を防ぐに十分な叡知の蓄積があった(プロローグの一節)

 この真摯という言葉の重要性について、私はAKB48前田敦子(当時)に教わった。映画「もしドラ」(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら)を観たからである。学ぶことができない資質、後天的には獲得することができない資質、始めから身につけていなければならない資質がひとつだけある。才能ではない。真摯さである(マネジメント(ドラッガー))。

 国の組織、東京電力にこの真摯さという資質が欠けていたから原発事故は起きたのではないか。折角の進言・提案を無視し門前払いし続けたのは真摯さに欠けていたからに他ならない。純粋に競争にさらされる民間企業なら真摯さがなければ潰れてしまう。上級レベルの国家公務員ほど「真摯」さという採用基準が必要なのではないだろうか。 


 以上


プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR