FC2ブログ

能年玲奈=のん

能年玲奈=のん

私は埼玉県在住だが岩手県にも家を持っている。カッコよく言えば「別荘」「セカンドハウス」を持っている。
年に何回か行くその家の電気料の支払いのため岩手銀行に(定期と普通)口座を持っている。
普通預金がマイナスになり、定期から普通口座に移すために行ったが、一回目は印鑑を忘れ、2回目は登録と異なる印鑑のためまだ目的を達成していない。

岩銀へ行くと懐かしい写真がいっぱい張ってあり、客への資料にも多数使われていた。
のん=能年玲奈 の写真だ。
雰囲気は自然であった。なるほどここは岩手、岩手は優しいと私は納得した。
それとともにわたしにも「能年ロス」があるように感じた。


-500-e1491200197258[1]
         優しいキャッチコピーだ!!!  NHKよ!!お前も優しくなれ!!!

本ブログで、『この世界の片隅に アニメ映画』について書いた。
クリック→この世界の片隅に<http://tsujiandon41.blog.fc2.com/blog-entry-333.html>、
このアニメ映画は優しさを表現する天才たち、監督・脚本の片渕須直、コトリンゴ、のん達がコラボレーションして紡ぎ出した物語である。
23歳の若さで『あまちゃん』、『この世界の片隅に』と二つもの代表作といえる作品ができた『「のん」こと「能年玲奈」』はやはり異能な天才である。


最近、宮藤官九郎がNHK『大河ドラマ』の脚本を書き、朝ドラが100回目を迎えるにあたり往年の朝ドラ出演者達が出演しにぎわしていることに関連し、『「のん」こと「能年玲奈」』が出演するのではないかとネットで噂になることが多い。


NHK朝ドラ 二つのランキング (アンケート調査による)を目にした

<1>「演技力に魅せられた!
人気女優の登竜門!朝ドラヒロインランキング」TOP10 (ハリウッドチャンネル株式会社)  
1位に安藤サクラ(『まんぷく』)が輝いた。
2位に「「ノン」こと「能年玲奈」」(「あまちゃん」)、
3位には波瑠(『あさが来た』)
がランクインした。

4位は尾野真千子(「カーネーション」)、5位は有村架純(「ひよっこ」)、
6位は高畑美月(「とと姉ちゃん』)、7位は松下奈緒(『ゲゲゲの女房』)、
8位は杏子(「ごちそうさん」)、9位は広瀬すず(「夏空」)、
10位は国仲涼子(『ちゅらさん』)   という結果になった。という。



<2>最も心に残る「朝ドラ女優」!
新人俳優の登竜門として、様々な人気俳優たちを輩出してきた「朝ドラ」ですが、皆さんの最も心に残る「朝ドラ女優」は誰でしょうか? ©文藝春秋


1位 88作目『あまちゃん』 能年玲奈(のん)
圧倒的な得票数で、88作目『あまちゃん』 能年玲奈(のん)。『あまちゃん』は、現在放送中のNHK大河ドラマも担当している脚本家・宮藤官九郎が担当。劇中、能年玲奈(のん)演じるヒロイン・天野アキが驚いた時のセリフ「じぇじぇじぇ」はその年の流行語大賞にも選ばれた。
「朝ドラに革命を起こした。それに尽きる」(56・男)
「ストーリーと本人がダブって思えた。とってもキュートでした。迷走ぶりも、大震災の復興もぜーんぶ応援したくなりました。朝から、笑いながら観た朝ドラは初めてです」(59・女)
「震災後の沈滞ムードの中、明るく前向きなメッセージがあった」(28・女)

2位 93作目『あさが来た』 波瑠
「働く女性の開拓者として、また女子大学の設立に尽力する傍ら、夫のことも深く愛し尊敬するヒロインを、はつらつと演じていた」(45・女)
「役に徹して、見る人に感動を与えた。最近にない素晴らしい女優である。またドラマが躍動している感じがして素晴らしい」(75・男)


3位 96作目「ひよっこ」 有村架純
「明るくて前向きなだけじゃない人間らしいヒロインを自然体で演じていたと思うので」(47・女)
「ごく普通の女の子を見事に演じていた」(37・男)


4位 99作目「満腹」 安藤サクラ
「やっぱり1位は、安藤サクラさんです。あの天真爛漫、おおらかだけどしっかり者、縁の下の力持ちである役柄を演じることができるのは安藤サクラさん以外には居ないなと思いました。『まんぷく』の収録中は、お子さんの育児もしながらだったようなので、お母さんとしても女優さんとしても素晴らしい方だなと思いました」(29・女)

5位 85作目『カーネーション』 尾野真千子
「かわいいだけ、一途なだけのヒロインは不要。糸子の強さに惚れました。男性の力を借りず、むしろ踏み台にして前進するたくましさは素晴らしい」(50・男)


6位 31作目『おしん』 小林綾子
「朝ドラと言ったら『おしん』!!」(40・女)
「『おしん』での名演技を、今でも鮮烈に覚えています。特に山形の生れた家からおしんが奉公に出る時の、母親(泉ピン子さん)とのとても悲しい別れのシーンが今でも鮮明に頭に残ってます」(72・女)


7位 98作目『半分、青い。』 永野芽郁
8位 64作目『ちゅらさん』 国仲涼子
8位 89作目『ごちそうさん』 杏
10位 82作目『ゲゲゲの女房』 松下奈緒 

11位 34作目「澪標」 沢口靖子
12位 6作目「お花班」 樫山文江
13位 92作目『まれ』 土屋太鳳
14位 86作目『梅ちゃん先生』 堀北真希
15位 91作目『マッサン』 シャーロット・ケイト・フォックス


16位 77作目『ちりとてちん』 貫地谷しほり
17位 90作目『花子とアン』 吉高由里子
17位 94作目『とと姉ちゃん』 高畑充希
19位 54作目『ひまわり』 松嶋菜々子
20位 69作目『てるてる家族』 石原さとみ


 <評価>◇中森明夫氏(作家・アイドル評論家)
「なかなか妥当なランキングだと思います。1位の能年玲奈(のん)さん主演の『あまちゃん』は、本当に能年さん抜きではありえなかったと思います。やっぱり"あまちゃん=能年玲奈(のん)"です。今も『あまちゃん』とほぼ同じスタッフで制作した大河ドラマ『いだてん』が放送中ですが視聴率的に苦戦しています。内容は面白いんですが、今一つ数字が伸びない理由に何かが足りないとするならば、やっぱり『あまちゃん』の時の能年玲奈の輝きだと思いますね。


参照 ⇒ この世界の片隅に

スポンサーサイト



この世界の片隅に

この世界の片隅に  アニメ映画
上映館が少ないが、評判が良いのでわざわざ遠くの映画館まで出かけて観てきた。
例えば、東北で13館、山形県では3館しか上映していない。故郷鶴岡では「まちなかキネマ」で上映している。
今評判の「君の名は」は、見たいと思ってはいるが、それより優先して観た。

img-chara-01[1] 主役;北條すず  声;のん
人物は優しいタッチだが、原爆投下前の広島市内の風景などは資料に基づき精細を極めている

原作にあるのかどうか知らないが、まず、広島で何故座敷わらし?と思ったが、主役北條すずの声を演じているのが「のん」であることを思うと自然なことかも知れない。
座敷わらしは、柳田國男の『遠野物語』で知られるように、岩手、東北に伝わる民話であるが、この映画が『「能年玲奈」こと「のん」』が主役だから広島でも許されるだろう。すなわち、能年玲奈主役のNHK朝ドラ「あまちゃん」の舞台が岩手県久慈であることを考えると納得できる。座敷わらしは素直な澄んだ心にだけにしか見えないのであるからなおさらだ。

監督・脚本の片渕須直 は「のん」以外に主役すずの声優は考えられないとしてこの作品を作ったらしい。「あまちゃん」では宮藤官九郎などが能年玲奈以外に考えられないとして応募者のなかから主役に選んだという。

何故であろうか?
人間には大なり小なり「発達障害」というものがある。言い換えると、人間には多方面にわたる人間性、性格の機微にわたる配合と言った問題がある。「のん」は人見知りな性格である。不安感を持っている。これは「発達障害」の一つの症例であろう。人間は何人かに一人の割で発達障害があるという。ときに凄い集中力を発揮するのも一症例だから、天才と呼ばれる科学者にも多く、東大生の数人に一人もそうであるという。


20130930_amachan_01[1] あまちゃんの能年玲奈
かつて所属した芸能事務所との関係で本名能年玲奈は芸名として使えないそうだ

のんはバラエテイー番組が苦手で今の「お笑い文化」のテレビ番組に重宝されることはない。宮藤官九郎は「あまちゃん」の脚本で凡百の脚本がなしえない多くの配役=人間描写を並び立たせた。朝ドラでもあれだけ多数のタレントが並び立った番組がほかにあっただろうか。多数の俳優たちがあの番組から飛び立ったが、主役ののんは忘れられた存在に感じられた。

しかし、この世に異能な人はいるものだ。宮藤官九郎に次いで片渕須直が「のん」を再び見出した。
この映画を見て、声優としての「のん」の素晴らしさを堪能することができた。監督・脚本の片渕須直氏の意図を十分に感ずることができた。すずさんのひとり言が物語を紡いでいくから「すず」の声が画面と一体に感じられた。また、コトリンゴのナチュラルで柔らかい歌声と優しいメロデイーがまた「のん」の声とともにすずさんの世界を優しく表現していく。


このアニメ映画は優しさを表現する天才たちがコラボレーションして紡ぎ出した物語である。
哲学的な小難しいややこしい解釈はいらない。これこそ物語に最も大事なことである。
23歳の若さで二つも代表作といえる作品ができた、『「のん」こと「能年玲奈」』は異能な天才である。

大河ドラマ

pc-ttl[1]

大河ドラマ
歴史好きで毎回繰り返し見るほどだった私も、今年の「花燃ゆ」はところどころしか観ていない。
面白いかどうかは個人によるから、あくまで私の主観の問題であるが、視聴率が低かったようだから、あながち、私の主観だけの問題ではないだろう。

実在する人物である「吉田松陰」の妹「文(美和)」が主人公であるが、史実が不明な点もあるようだから大河としての脚本に無理があるように思われる。脚本家は苦労したように思われる。

「テーマ」「主題」は大切である。それが、適切でなければ、良くなければ、あるいは悪ければ、成果を得ることは難しい。だから、NHKの企画段階の失敗である。どのように『テーマ』が選ばれたのか、経緯に問題があるのだろう。
主役の「井上真央」は苦労し、心労もあったと思うが低視聴率は彼女の責任ではない。もちろん大河に相応しい豪華な多数の共演俳優の所為でもない。


今年の「紅白歌合戦」の女性の司会は大河ドラマ「八重の桜」で主役「山本(新島)八重」を演じた「綾瀬はるか」がつとめる。もし「花燃ゆ」の視聴率が高かったら慣例的に「井上真央」がつとめることになったであろうといわれているようだ。

000000134_l[1]

山本八重」は「戊辰戦争」を「戦士」として戦い、京都を舞台に、兄「山本覚馬」を支え、夫「新島襄」と同志社大学の創立に寄与し、「日清戦争」の「看護婦」として活躍し、老いては「茶の湯」などにも長じた。話題のスケールも大きく満載であり、まさに大河ドラマのヒロインとしてふさわしい。



<コメント>
敢えて言う。 大河ドラマ(の「戊辰戦争」)は会津の勝ち、長州の負け である。
ヒロインを演じた女優には関係がない。

<付録>
長州、会津に次いで薩摩藩出身者のことである。
朝ドラ『あさが来た』で大久保利通が暗殺される場面があった。「西郷隆盛」の死は不満武士階級を道連れにした意味があったが、大久保利通が生きていたら、日本の国家の骨格・歴史は違っていたかも知れない。生きていて欲しかったと思う。暗殺された明治11年から明治憲法発布(明治22年公布、明治23年施行)までは10年以上ある。わたしは大久保利通を最も評価しているから、せめてそれまでは生きていてほしかった。

朝ドラ 『マッサン』 の『広い川の岸部』

364cd900c5cee539fed8a78502d30061-500x299[1]
            エリー                         マッサン

朝ドラ 『マッサン』 の 『広い川の岸部』
             関連  クリック → 朝ドラ 『マッサン』

ヒロイン エリー=シャーロット.ケイト.フォックスが「マッサン」で口ずさんだの『広い川の岸部』が良かった。
ついでに関連動画を調べた。(法に反するのかな?)
この歌をシャンソン歌手クミコさんが唄っていること、仙台での大合唱が話題になったことを知ったのはそのあとのことだった。ただ、名曲、名演は少ないと思う。下の絶唱は素晴らしいですよ。

それぞれをクリックしてください 
   ↓
広い川の岸部
「朝ドラのエリーが歌う 【The Water is Wide】
「花子とアン」のスコット先生も歌った【広い河の岸辺】【悲しみの水辺】
エリーの『口ずさみ』の後につづく「歌唱」は まさに絶唱 だ。こころに響く歌声 heartymusic ♪音とどけ

Auld Lang Syne、蛍の光
リラックスして口ずさむ方がいいが、シャーロット.ケイト.フォックスさんは歌がうまい。

『マッサン』ヒロインのシャーロット・ケイト・フォックスはなぜ抜擢されたのか?

ニッカウイスキーCM集 竹鶴政孝リタ婦人も最後に出ます オーソンウエルズやキャスリーン・バトルも

その他の関連動画も、検索画面の右側に出ます。楽しんでください。

朝ドラ 『マッサン』

DSC03032.jpg
「マッサン」北海道編 いよいよ余市へ 余市は「良い地」  背景は蝦夷富士「羊蹄山」

朝ドラ 『マッサン』
「竹鶴政孝」という人がいて、日本ではじめてのウイスキー工場であるサントリー の 「山崎蒸留所」をつくり、さらに、スコットランドに似た理想の地を求め、北海道余市ニッカ(大日本果糖)の蒸留所をつくった。この話を知ったのは随分昔のことであるが、感動した私は「ニッカウイスキー」を普及品から高級品まで買い込んだ。しかし、「下戸」である私は、残念ながらそれを存分に味わい楽しむという訳にはいかなかった。

DSC03014.jpg
主題歌は中島みゆきの「麦の唄」  麦畑の中の「主役二人」

日本の産業は業種が豊富な上に世界の中でそれぞれが一流である。産業に広さと深さがあるのだ。それを培った一流の人物の物語ととらえている。先人たちに感謝あるのみである。

DSC03008.jpg
麦畑に飛ぶカラス 雨が降り 稲妻が光り 雷が鳴り その後晴れ渡り、上の「主役二人」のシーン

私はゴッホの下の絵を連想する。 たぶん作者もこの絵を意識しているだろうと思う。

ヴィンセント-ヴァン・ゴッホ-荒れもようの空に烏の群れ飛ぶ麦畑[1]
ヴィンセント-ヴァン・ゴッホの絵   「荒れもようの空に烏の群れ飛ぶ麦畑」 

今日のセリフに「広島の姉の息子が北海道大学で醸造学を学びたいと言って来ている」というのがあった。
跡継ぎ(養子)にしたい政孝氏は、役人(官僚)が多く関わりが増え頭があがらなくなる農学部より工学部を薦める。実話では工学部応用化学科(当時は燃料工学科)に進学する。


プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR