チャールズ・バカンティ ハーバー ド大学教授

STAP細胞問題メモ
チャールズ・バカンティ ハーバー ド大学教授 


STAP細胞関連の言動  : 『ウィキペディア(Wikipedia)』
バカンティは、理化学研究所の小保方晴子の研究チームによって開発された刺激惹起性多能性獲得細胞(STAP細胞)の共同研究者であり、ネイチャーに発表された論文の共同執筆者である。バカンティは、生物の成体に極めて少数存在する小さなサイズの細胞が、眠っている多能性細胞ではないかとの仮説を提唱している。


小保方晴子は、この仮説を検証する過程で、細胞が刺激によって多能性細胞に変化することに気づきSTAP細胞を開発した。しかし、バカンティは小保方晴子について「彼女がいなければ、STAP細胞の研究の発表はずっと先にまでずれこんでいただろう」と述べており、STAP細胞はバカンティ自身の研究であり、小保方晴子はあくまでその協力者との立場をとっている。

2014年2月5日、バカンティのチームはヒトの新生児の皮膚線維芽細胞から作成したSTAP細胞の可能性がある細胞の写真を公表した。

その後、日本でSTAP細胞の論文を巡りデータや画像に不自然な点があった問題が発生し、3月14日に共同執筆者が論文の取り下げに同意したことに関し、バカンティは「論文に提示されたデータが正しくないという説得力のある証拠がない限りは、論文を撤回すべきではない」とコメントし、論文の取り下げに反対している。

2014年3月20日、Vacanti教授は、新しいプロトコール(実験計画)を発表した。


STAP細胞の特許に書かれた発明者と順序

VACANTI, Charles A.; (US). (チャールズ・バカンティ教授)
VACANTI, Martin P.; (US).(チャールズ・バカンティの弟)
KOJIMA, Koji; (US).(小島宏司、ハーバード大学准教授)
OBOKATA, Haruko; (JP)(小保方晴子)
WAKAYAMA, Teruhiko; (JP).
SASAI, Yoshiki; (JP).
YAMATO, Masayuki; (JP


OBOKATA, Haruko; (JP) (小保方晴子)は4番目の発明者


小保方晴子氏経歴
2006年3月 早稲田大学理工学部応用化学科卒業(東京湾の微生物の研究)
2006年4月 早稲田大学大学院先進理工学研究科生命医科学専攻常田研究室に進学。
       東京女子医科大学先端生命医科学研究所研修生として
       のちに論文の共著者となる大和雅之東京女子医科大学教授の指導の下、
       医工融合研究教育拠点である先端生命医科学センター (TWIns) にて
       再生医療の研究を開始。
2008年 早稲田大学大学院理工学研究科応用化学専攻修士課程修了
       早稲田大学大学院先進理工学研究科生命医科学専攻博士課程に進学。


2008年 2年間、ハーバード大学医学部のチャールズ・バカンティ教授の
       研究室に留学
。(21世紀COEプログラム)
2010年 STAP細胞の論文をNatureに投稿。しかし採用されなかった。 当時理化学研究所のチームリーダーだった若山照彦(後に 山梨大学教授)の協力を仰いだ。
2011年3月 早稲田大学大学院先進理工学研究科生命医科学専攻博士課程修了。 博士(工学)(早稲田大学)。 学位論文「三胚葉由来組織に共通した万能性体性幹細胞の探索」。


2011年 理化学研究所研究員
2013年 理化学研究所・発生・再生科学総合研究センター・ 細胞リプログラミング研究ユニット・ユニットリーダー。 (笹井芳樹副センター長の推薦)
2014年1月28日 理化学研究所で開かれた記者会見の場でSTAP細胞が 発表され、『Nature』誌2014年1月30日号に論文が掲載された。


<コメント>
自然科学の研究は個人のオリジナリティーとともに、研究が高度化、大規模化し、組織的な人と人との繋がりも重要であろう。国内でも高額に及ぶ科学研究費を獲得するために、激しく凌ぎを削り合い、ときに不正もあると聞く。
そのような環境の中で、小保方晴子氏は博士課程の1年目から2年間チャールズ・バカンティ ハーバー ド大学教授のもとにに留学する。


私は予断なく見守るだけである。
科学の命題としての「STAP細胞」に大いなる興味を持って!



スポンサーサイト

STAP細胞騒ぎ

STAP細胞騒ぎ

STAP細胞騒ぎを見て、日本のマスコミの駄目さ加減をまたも二ガニガしく思う。
また、一般日本人もまたこんなマスコミに踊らされているとはと残念に思う。

私にとっての問題点と興味は「STAP細胞」が存在するかどうかだけである。
これは純粋に自然科学の問題である。


日本の若い女性研究者が発見者であることは嬉しいし誇らしく思うがこの問題点とは別問題だ。

自分の博士論文をコピペしたとか、ほかの論文の引用が殆どコピペに近い部分があったとか、引用を記載し忘れたとか、それはやってはいけないことには違いないが、科学のオリジナリティーとして「STAP細胞」が存在するかどうかだけに私は興味がある。

「STAP細胞」が存在すれば 「理研発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子ユニットリーダー」 の
オリジナリティーと名誉は100%保たれるべきである。


注目すべきはSTAP細胞の論文の主要著者の一人、米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授である。小保方さんが最初に「STAP細胞」を発見したのはバカンティ教授の研究室でのことであり、教授の研究室では次の段階の研究に移っているという報道を聞いた覚えがある。バカンティ教授は14日、「データが誤りである証拠がない以上、私は論文を撤回すべきだとは考えない」との声明を発表した。 

野依良治理事長まで出てきた理化学研究所の対応にびっくりした。
せいぜい専門家でもある(と思われる)センター長どまりにしておいた方が良いのにと思う。
(河野談話だって「官房長談話」だ。「首相談話」でも「国会決議」でもない。)
ノーベル賞は日本では絶対だが私の中では絶対ではない。それに、ノーベル賞受賞者野依さんは生命科学の研究者でないことは確かだ。バカンティ教授に任せればよい。

科学の分野で実証されるまで時間がかかった命題はいくらでもある。
生命科学の最新実験技術は難しいという。実験室が変がわっても再現できない場合があるという。
簡単に再現できたら発見者のアドバンテ-ジがないではないか。という考えもある。


昨日、ラジオ(TBS)で「アズマヒロシ」(私は知らない人)とかいう名の人のこの問題に関する話を聞いた。
ハチャメチャの代表のような発言であった。

もう一度言う。問題点は「STAP細胞」が存在するかどうかだけである。


帆船 OECD国際学習到達度調査の1問

DSC08769.jpg  こんな形の凧を持っている  パラグライダーの形

帆船 OECD国際学習到達度調査の1問

日本の成績が上がったと話題になっている。私好みの面白い設問があったので取り上げる。

この問題を問題として出したことが面白い。
凧とグライダー(滑空機)が趣味の私には超面白い。
省エネの問題であることも面白い。
自律安定性とフィードバック制御? この兼ね合いの問題が面白そうだ。


凧は「剥離」の状態であがるが、
「層流」で飛行する航空機より安定させるのに難しい面があると思われる。
2000年の歴史がある凧だが、ここでどんな発展を見せるのか。
楽しみである。


DSC08760.jpg

25%は1/4  4×6=24だから、24の1/4は6  24+6=30km  答 D 

DSC08761.jpg

ルート2は1.414(ひとよひとよ) 150×0.4は60 150+60=210より少し大きいから212  答 B

直感的に最短距離で解こうとした、解答の回路。
もう一問あるが長くなるのここまで。

良い問題を出すよすなあ!!



プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR