東京2020エンブレム

K10010497591_1604251504_1604251507_01_03[1]

東京2020エンブレム
2020年東京オリンピック、パラリンピックのエンブレムが上のA案に決まった。

ABCD4案が示されたとき、正直良い案は意外に少ないものだと思った。
C案は、俵屋宗達の龍神雷神図がオリジナルだというコンセプトは良いが現代的に洗練され切っていない。というよりダサい(失礼)。B、D案に引かれる感性を私は持ち合わせていない。
A案しかないというのが私の意見だったが、藍と白の単純な色の組み合わせを選び切れるのかという疑問があった。

だから、A案を選んだ選考委員各位に私は敬意を表したい。

th[5] (2)  B案

th[3]  C案

th[5]  D案
<私見>
気になることがある。エンブレムの下のTOKYO 2020+五輪エンブレム(マーク、ロゴ)、パラリンピックエンブレム(マーク、ロゴ)はABCD案共通になっている。これはエンブレムだけの募集、選定だからこのように共通になっていると思われる。

特にA案に対し、五輪マークもパラリンピックマークも配色とデザインが非常に効いていると感じられる。藍一色だからであろう。だから<TOKYO2020>のように日の丸を入れたら開催国日本もアピールできるし、A案の藍色が一層生きるだろう。もちろんこのデザインも野老氏に依頼したらよい。このように考えるとA案のエンブレムはますます素晴らしいものに思える。

要するに、募集して決めた上半分は今回野老朝雄氏デザインに決まったが、下半分はまだ仮のデザインと考えられる。すでに決まったとするのは、誰かのワンマンであり独裁である。この際野老氏に依頼したら良いと思われる。
 
スポンサーサイト

国立競技場の計画が白紙に

DSC0691320(1)[1]
 懐かしい国立霞ヶ丘競技場  この上に屋を重ねて建設したら「レジェンド」「レガシイ」極まれり!!! 

国立競技場の計画が白紙に

最近の国立競技場建設のニュースには気が重かった。
いっそ、オリンピックなんてやめちゃえ、という気分にもなった。
テレビで森喜朗五輪組織委会長、下村文科相、舛添要一都知事などの湿気(シケ)た貧乏くさい顔を見るたび憂鬱であった。

競技場建設の計画が白紙になったのは大歓迎である。
第一、 キール・アーチなんて全然欲しくないもんね。


しかし、収容人数はケチるな。8万人以上は絶対確保。87,000人?、98,700人?、いっそ111,111人。
縁起担いで良い数字の並びにもこだわって欲しい。
横浜国際;72,327人、埼玉スタジアム2002;63、700人 、東京(味の素)スタジアム;49,970人。立派な大関、関脇、小結はそろっているのだから、無駄を省いて立派な豪華な横綱をつくれ。キールアーチはいらない。


芸能、音楽など多用途スタジアムとしても工夫が欲しい。屋根を架けよ。芝の養生にも妥協するな。

舛添都知事は、正論を吐いているが、政治家というより政治学者だね。カリスマ性は所詮期待してないが。
しかし、東京都には日本のあらゆるものが集中しているから、税収も多いと知るべき。個人としての都民に関係ない税収も多い。東京のオリンピックなのだ。己がリードして都税を使うべし。

民主党代表岡田克也と久米宏などは、「安保法案」で低落した支持率の回復策、人気回復策と言っていた。
当然私の脳裏もかすめた陳腐な見方だ。この段階まで来て、思い直した公共事業の例はなかったから評価している。



建築家とは何だろう?
建築物が完成して建築物である。デザインの選択は課程に過ぎない。
ものをつくるとき目の子算で直感的に予算を概算できるのが専門家に必要な能力である。
安藤忠雄にはキールアーチの目の子算(予算の概算)ができなかったようだ。委員会にはキールアーチはつくれるんだろうかと疑っていた参加者もいたようだから予算以前の問題かも知れない。
建築家というものになお一層不信感が募った。



猪瀬「政治家としてアマチュアだった」

猪瀬「政治家としてアマチュアだった」

猪瀬氏は、都知事を辞任するにあたり、歯切れの良い演説“長口舌”をしたものである。
なかでも、「政治家としてアマチュアだった」と言ったのが気にいらない。


政治資金でバレたことを指すのだろうか。
「徳洲会」との関わりが迂闊な行動だったと言いたいのだろうか。


私に言わせれば「政治家としてアマチュアだった」のではない。
人間としてアマチュア」だったのだ。人間として駄目な奴ということだ。
人間としてのプロ・達人なら、決してとらない行動である。

犯罪に手を染めたことにまだ気づいていない。
検察よしっかりしろ」と言いたい。


日米地位協定が不平等なままなのはあなた達がしっかりしていないからだ。
裁判制度がしっかりしていない国に、自国民の裁判を誰が委ねるというのか?
汚名挽回せよ。


猪瀬都知事3つ目の問題 「徳洲会」に「5千万円」

imagesCAEXCVF6.jpg 「徳洲会」グループから現金5千万円を受け取った

猪瀬都知事3つ目の問題

猪瀬は貧乏神、政界から去ってもらうのが日本のためだ。
1つ目、2つ目についてはすでに述べた。彼の思考にも政策にも愛がない。
どうしたらトルコ、イスタンブール批判の発想が浮かぶのか、私にはさっぱりわからない。
言い換えよう、超親日国トルコにけんかを売る政治家なんか日本にいらない


1つ目 尖閣問題
尖閣を東京都で購入するため寄付を募ったのは猪瀬副知事の発案と聞いた。そのアイデアは視野が狭く、戦略的には間違いである。実効支配しているのだから、「長期持久戦」の問題なのだ。年寄りの石原慎太郎につき合って「短期決戦」に出るのは愚策というより間違いだ。もうすでにどれだけ日本に損失を与えたかのか、図り知れない。


2つ目 オリンピック誘致
オリンピック誘致で猪瀬知事は足を引っ張っている。この問題で猪瀬の業績はゼロどころかマイナスである。
「イスラム国はけんかばかり」「イスラム諸国が唯一、共有するのはアラーだけだ。互いに争い事をしているし、階級もある」「イスラム圏初ってそんな意味あるのかなあ」競争相手「トルコ」「イスタンブール」の悪口ばかり。

知事の器ではない。
それを外交でカバーし、トルコとの良好な外交関係を維持したのは安倍首相の功績である。


高円宮妃久子さま、安倍晋三首相、佐藤真海(まみ)さん、太田雄貴、滝川クリステル、竹田恒和の業績に負んぶに抱っこでオリンピック2020は東京に決まった。
猪瀬ははじめからオリンピックの蚊帳の外。オリンピックに猪瀬はいらない。

3つ目 「徳洲会」から「5千万円」
東京都の猪瀬直樹知事は、医療法人「徳洲会」グループから現金5千万円を受け取った。

「借用証」(借用書)を示して批判をかわそうとしたが、これが大誤算。検察もますます疑念を強め自分の首を絞める結果になっている。実印も押されていなければ、印紙も貼られていない。計算外の“オウンゴール”。

「借用書を書いた」と強弁するものの、相手方が誰の名前だったかは「わからない。名前を見ていない」。借用書の現物も「手元にあるかわからない」
「徳洲会」グループから現金5千万円を受け取った

「選挙資金ではない。個人の借り入れ」
徳田さん(虎雄前理事長)に資金提供という形で応援してもらうことになった」 普通に聞けば「選挙の応援」だ。ところが、この2時間後の記者会見では、「選挙資金ではない。個人の借り入れ」と言い換えた。「個人的に借りた」と

猪瀬知事の給料返上案、都議会認めず。「まず真実を語るべきだ」として、採決しないことを決めた。当たり前だ。この唐突な展開。誰にも理解できない。


「自宅に直帰」答弁は虚偽 
現金を受け取った昨年11月20日の行動について、「現金受領後、自宅にまっすぐ帰った」と答弁していたが、実際には港区の個人事務所に寄っていた。「個人事務所で秘書と打ち合わせをしてから帰宅した。記憶違いだった」と釈明した。

もう、数え上げるのも馬鹿莫迦バカしい。 

ボスポラス海峡 夢の海底トンネル開通 

ボスポラス    プロジェクト路線図   大成建設(株)

ボスポラス海峡 夢の海底トンネル開通 

10月29日は共和国としてのトルコ建国90周年記念日で、アジアと欧州を分断するボスポラス海峡の地下約60メートルを通る鉄道の開通式典が行われた。開通式典にあわせ、国会開会中に安倍晋三首相がトルコ・イスタンブールを訪問(10月28~30日)したのは異例である。安倍首相は式典後、エルドアン首相らと「一番列車」に乗車し、世界でもっとも親日的な国トルコとさらに親交を深めた。

マルマライ計画(Marmaray project):
ボスポラス海峡を横断する海底鉄道トンネルにより、イスタンブールのヨーロッパ側とアジア側を接続する計画の名称である。Marmarayの名称は計画区域のすぐ南にあるマルマラ海 (Marmara) と、トルコ語で鉄道を意味するrayの混成語である。


その1 歴史的、政治的、経済的背景 

トルコの首都イスタンブールは人口1380万人の大都市で、アジアとヨーロッパ東西文明の接点に位置し、日本人にも人気の観光地である。西側がヨーロッパ、壮大なビザンチン建築で有名なアヤソフィアやトプカプ宮殿、グランドバザールなどが集まる旧市街は世界遺産にも指定されている。東側がアジア、歌に唄われた「ウスクダラ」は、アジア側の中心で、クリミア戦争でナイチンゲールが活躍した場所でもある。

このアジアとヨーロッパを隔てるボスポラス海峡を海底トンネルでつなぐという150年来の夢を実現した海峡横断鉄道が日本の支援で完成し、10月29日、安倍晋三首相とエルドアン首相が出席して開通式が行われた。

トルコ 自動車、フェリー、列車の所要時間比較 NHK

2つの大陸の間には現在自動車専用の2つの橋があるが、人口が急増して、交通渋滞が慢性化し、ウスクダルから対岸シルケジまで、車で40分~1時間、フェリーで30分かかるが、列車だと4分に短縮される。その海底トンネルが着工から10年がかりで開通にこぎつけたのである。

計画はオスマン帝国時代1860年に設計図が描かれて以降、何度も計画が立ち上がっては頓挫し“トルコ150年の夢”としてトルコ国民の関心も高い。技術的にも予算的にも実現が難しかったが、構想から150年あまり、日本の協力でようやく実現した。総事業費は3900億円で、その4割に当たる1533億円が円借款でまかなわれた。日本の借款としては過去最大級の大事業である。工事を担当した日本の大成建設によって数々の最新技術が投入され完成にいたった。

トルコは世界でもっとも親日的な国である。そのきっかけは約120年前(1890年)オスマン帝国軍艦エルトールル号が和歌山県の串本沖で遭難事故を起こした際に地元の住民が乗組員を救助したことで、トルコでは今も語り継がれている。
<この経緯は本ブログ http://tsujiandon41.blog.fc2.com/blog-entry-99.html に述べられている。
トルコ親日の根源  カテゴリ;東京オリンピック>


プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR