齋藤由貴 家族に乾杯

DSC06123.jpg
 ついに『桃』に遭遇する。それも見たこともない大きくて立派な桃である。

斉藤由貴  家族に乾杯

鶴瓶の家族に乾杯 『斉藤由貴 山形県山形市』 (NHK 11月2、9日)を見た。
この番組は時々は見るが「斉藤由貴―山形市」に引かれて観た。

斉藤由貴についてはこのブログにおいて「宮藤官九郎 斉藤由貴と漫画」(2013年10月20日)で触れた。
右欄の<2013年10月>をクリックし、20日欄をスクロールすれば表示されます。
http://tsujiandon41.blog.fc2.com/blog-entry-161.html
この人は、人柄がおおらかで大物感があり、私はカリスマを感ずる。

季節外れと思われるが、大好きで、一番好きだという 『桃』 にこだわる。
『桃もぎ』 をするのが夢だという。もう季節外れというのが周囲の大方の見方である。
 
しかし、季節外れだからこそ、晩生種(ばんせいしゅ、おくて)にこだわる優れた農家に遭遇し、素晴らしい『桃』を手に入れる。私は山形県の農家の生まれで「桃」も栽培していたが、こんなに大きくて立派で素晴らしい「桃」があるとは知らなかった。

DSC06125.jpg
 『桃もぎ』をしたとき、すでに夕闇が迫りつつあった。 

『桃』を求めて、人びとと優しい出会いの掛け合いがあり、夕暮れ近く薄暗くなってから「桃をもぐ」。
一本の線が結びつき帰りの飛行機にようやく間に合ったようだが。
これを見たとき私は、この人はやはり幸運を呼び寄せる力を『持っている』と思った。

DSC06127.jpg
 桃農家伊藤英宏さん。優れ者の農業人と感じた。 斎藤由貴の『スケバン刑事』のファンだという。


もう一つの感動的な場面は「霞城公園」における妊婦さんとの出会い
その言葉のやり取りが、素直で率直でとても印象深く感動的である。

DSC06134.jpg

DSC06137.jpg
 斉藤由貴 「妊娠中の『女にしか分からない独特の幸せ感』を楽しんでください」 という意味

<コメント>
私は3人の<さいとうゆき>を知っている。
一人は、<斉藤由貴>と同じ3人の子供の親。
もう一人は、近くの家具屋の<社長(当主)>。
言うまでもなく、<斉藤由貴>を含めて3人。

スポンサーサイト

宮藤官九郎 斉藤由貴と漫画

さいとうゆき 齋藤 由貴 > 「あまちゃん」の一シーン                                      斉藤由貴 さいとうゆき

「宮藤官九郎」は「斉藤由貴」の大ファン
                  
「あまちゃん」の脚本家「宮藤官九郎」は「斉藤由貴」のファンだという。 

1984年10月、芸能界デビュー
1985年 2月、「卒業」で歌手デビュー。同年4月放送開始の『スケバン刑事』で連続ドラマ初主演。
1986年 4月、NHK朝の連続テレビ小説『はね駒』のヒロインを演じた。
          この年、『NHK紅白歌合戦』へ初出場、『紅組キャプテン』も務めた。
2011年 4月、NHK朝の連続テレビ小説 『おひさま』、主演 『若尾文子』から思い出を聴き出す役
          若尾文子の若き日を演じているのが、太陽の陽子 『井上真央』である。


<コメント>
私も大ファンである。第一の理由は「さいとうゆき」という名前だから?  
女優としてのキャラクターも良いが、ものごとに動じない存在感がある大物という感じが良い。
何しろデビュー間もなく『NHK紅白歌合戦』の『紅組キャプテン』まで駆け上ったのだから。


 「クドカン」漫画  NHK発 

036.jpg 街を歩いていると
041_20131020094642a81.jpg よく声をかけられる
044.jpg なんと年5回も

渡辺えり  華やかすぎる「あまちゃん」共演者

北三陸の越路吹雪  渡辺えり=北三陸の越路吹雪「今野弥生」  絶唱

渡辺えり(わたなべ えり)   華やか過ぎる「あまちゃん」共演者

現役の海女今野弥生(こんの やよい)。夫は今野あつし(菅原大吉)。
奇抜なファッションの現役の海女。町おこしを考える会のメンバー。
個性的な海女たちのムードメーカー。その歌唱力でアキとユイを指導する。
海女ソニには最初、どう見ても大物歌手の格好で『あ~あ~♪』とエントリーした。 


049_20131021223836ede.jpg
おしん=田中裕子                                 兄嫁谷村 とら =渡辺えり子(現;えり)

「おしん」が今、再放送中である。私の出身県=山形県が舞台であるが、見るのははじめて(録画して)。
「おしん」につらくあたる実家の意地悪な兄嫁役をやっている。しばらく「渡辺えり」とは気付かなかった。
二つの大ヒット名作「朝ドラ」に出演したことになる。
「あまちゃん」は「明」、「おしん」は貧乏・時代背景とも「暗」。

じぇじぇじぇ 6名     「あまちゃん」の共演者たち    宮本信子    能年玲奈    渡辺えり  小池徹平    塩見 三省
 
再び渡辺えりのこと
[本名] 土屋 えり子(つちや えりこ)
[生年月日] 1955年1月5日

キャラクターは「あまちゃん」でも「おしん」でも際立っているが、文字通り「明暗」が分かれている。
あまちゃんは東北、「おしん」は山形県出身ということで、ともに渡辺えりの「地元」である。


おしんと兄嫁 「おしん」の一シーン           田中裕子       渡辺えり子

あまちゃん 天野家の家族 キャスト2

DSC06450.jpg  小袖漁港  船は小型の船外機付きが多かった  6月18日撮影

あまちゃん 天野家の家族   キャスト2

今週で終わるという。クドカン(宮藤官九郎)は最終週は面白いと言っている。終わり方注目!!!

再びヒロイン 天野アキ;能年怜奈(のうねんれな)
宮藤官九郎のコメント
ぼくのなかでは能年さんはアキそのものです。
これは勝手なイメージですが、“朝ドラ”のヒロインと言えば、けなげに頑張っている姿が微笑ましかったりするけど、アキはそれだけじゃない。意外と冷静な部分があったり、誰かのためじゃなくて自分のために頑張っていたり、これまでのヒロインとはちょっと違う気がします。


再び小泉今日子;東日本大震災後のナレーション
「あなた押しが強いでしょ。業界の常識や悪しき風習を正面からこう「いてまえ」みたいな「いてこませ」みたいな「いったらんかい」見たいな」。こういう演技とか番長の演技が得意だと言ったが、ナレーションは優しさに満ちあふれている。声の調子も柔らかくしかも説得力に富んでいる。特に今でも春子にぞっこんの「大吉さん」の呼び方には優しさが満ち溢れている。ナレーションにより、私は演技者としての小泉今日子の役者としての幅の広さを見せつけられた感じがする。 


DSC06456_20130925100105890.jpg 小袖魚港のマンホール蓋  文字は「北限の海女」 

若き日の春子;有村架純(ありむらかすみ)
幼少の頃より海女の技と心得を母・夏から叩き込まれてきた春子だったが、その素顔は、町で初めて「聖子ちゃんカット」にするほど流行に敏感な夢見る少女。そして18歳のとき、アイドルを目指し単身上京する…

有村架純「私の母も80年代アイドルが全盛期だった世代です。小泉今日子さんや松田聖子さんに憧れていたって言っていました。ですから、私が小泉さん演じる春子の若いころをやると知って、すごく興奮していました(笑)。
私は『あまちゃん』のヒロインオーディションに参加して、今回の80年代の春子という役をいただきました。それを知っている母は、「あんたには、“春子”っていう役がいちばん合っている気がする、だから頑張りなさい!」って言ってくれました」


「それにしても、若いころの正宗さんのキャラクターが、すごく弱々しいのが私的にはおもしろかったです。正宗さんと春子の対比みたいなものが、演じていてすごくおもしろかったですね。」

確かに聖子ちゃんカットが良く似合うし、アキちゃんの役は似合わないと思う。歌はうまいし好演している。


アキの父正宗の若き日;森岡龍(もりおかりゅう)前述のように、相手役有村架純(若き日の春子役)の評価が高い。

尾美としのりの正宗役も能年怜奈が好きだと言っていた。確かに正宗のキャラクターはおもしろいですね。
小泉今日子番長(一面ですよ)の相手役としての宮藤官九郎の役作り・配役大成功ですね。
 

DSC06430.jpg 久慈の琥珀 8500万年前の白亜紀の地層より産する

若き日の天野夏;徳永えり(とくながえり)
大女優宮本信子の若き時代の思い出のシーン、橋幸夫に花束を渡しデュエットする役、を演じた。時代背景からはつつましく目立たち過ぎないようにしかし印象的に、ほどよく演じていた。
この人の演技は、堀北真希主演の「梅ちゃん先生」、蒼井優主演の「フラガール」で見た。主演の親友役が多く、この位置づけにホッとすると語っている。


最近NHKBSで主演ドラマを観た。大分局発地域ドラマ「今日も地獄でおまちしています」。親子の人情ドラマ。松方弘樹相手に好演していた。「地獄」は調理に使う「温泉の蒸気」のこと。映画初出演は主演だったと言うが、女優としてのこれからのキャリアが楽しみである。

祖父;天野忠兵衛  蟹江敬三(かにえけいぞう)
アキの祖父。昭和36年からマグロ一筋の遠洋漁業の漁師で1年のうち350日は海上暮らし。そのため航海の度に「俺のことは死んだものと思え」ということで、仏壇に遺影が飾ってある。今回の帰航で一時引退を決意したが、老け込むことを嫌い「生涯現役」を目標に、再び航海に乗り出す。


精悍な海の男を演ずるには、少し太り気味かな。日焼けはしてるけど、お年寄りとはいえ、海の男だからね。その方が夏ばっぱのつれあいとして相応しい。配役、演技は良いですよ。名優ですよ

DSC06410.jpg
 「宮沢賢治と輝石の物語」 -賢治が思いを寄せる鉱物の世界ー
 宮沢賢治には「鉱物」の額縁が良く似合います。  久慈琥珀博物館にて   6月18日撮影
 「あまちゃん」に宮沢賢治作曲の 「星めぐりの歌」 がときどき流れていましたが、気づきましたか?
 

あまちゃん 天野家

DSC07360.jpg   薬師丸ひろ子                          尾美としのり      小泉今日子

あまちゃん 天野家の家族  キャスト

これからの大すじ
今年の「関東大震災の日」=防災記念日=9月1日は日曜日で「あまちゃん」の放映日ではない。ドラマで東日本大震災の場面はその直近の9月2日に放映された。脚本宮藤官九郎のサービスであろうと思うが、放映残り一ヶ月を大震災後に充てたいという意図が感じられる。心憎いばかりのあらすじである。大震災後をどのよう描き、ドラマをどのように終焉に向かわせるのか楽しみである。


「おしん」 が再放送されているが、平均視聴率52%だったという。「おしん」の放映は天野アキの母春子を有村架純(ありむらかすみ)が演じ、「アイドル」を目指していた時代に一致する。当時と今とでは視聴率の数字の意味が違うと思われるが52%は凄い。あまりの人気に半年の予定を1年に延長したという。これは山形県出身の私の密かな誇りである。


天野家の家族 キャスト
朝ドラ「あまちゃん」は、脚本と俳優、キャストがはまっている。脚本も配役も実に素晴らしいのだ。面白さ、魅力、人気の秘密はそこにある。


ヒロイン 天野アキ能年怜奈(のうねんれな) 東京編のナレーション
私が見るところ、限りなく、天野アキ=能年怜奈、能年怜奈=天野アキ、だ。宮藤官九郎は彼女の天野アキぶりを観て、脚本の役柄、筋書きを決めているとさえ思われる。NHKがこの新人をよくぞ発掘したものだと感心するばかりだ。宮藤官九郎には今後も彼女のために脚本を書いて欲しい。これほどの人気番組になったのは彼女の能力を引き出したことによるのだから。


母 天野春子小泉今日子(こいずみきょうこ)  東日本大震災後のナレーション
演技者小泉今日子は素晴らしい。脚本宮藤官九郎のご指名らしい。3Jプロダクションの社長となり、「鈴鹿ひろ美」もプロダクションの所属となる。その交渉場面が面白い。

この場面は、女優小泉今日子と薬師丸ひろ子(鈴鹿ひろみ役)の対決とも見られるが、
鈴鹿ひろ美「あなた押しが強いでしょ。業界の常識や悪しき風習を正面からこう「いてまえ」みたいな「いてこませ」みたいな「いったらんかい」見たいな」 天野春子「私、関西人じゃないですよ」 鈴鹿ひろ美「娘をアイドルにしたじゃない。長いものにも太いものにも巻かれずご自分の夢を娘に託してそれを貫いて。ご立派よ。」 このように小泉今日子と薬師丸ひろ子を対決させ、小泉今日子の女優としての一面を薬師丸ひろ子に熱演させることにより説明している。


祖母 天野夏(なつばっぱ); 宮本信子(みやもとのぶこ) 北三陸時代のナレーション
宮本信子の夏ばっぱは味がある。数々の名演を演じてきた大女優であるが、研究熱心さはこのドラマ全体に影響を与えている。服装も、半眼で眠るという演技も随分研究したらしい。
四国を車で旅行したとき、松山で「伊丹十三記念館」を訪れたが、場所を探すのに苦労したことを思い出す。館長はもちろん宮本信子である。

夫・伊丹十三は「妻はいい女優なのになかなか主役の話が来ない。ならば彼女を主役にした映画を自分で撮ってしまえばよい」と、彼女を「お葬式」に起用したと述べている。伊丹映画での起用が元で、日本を代表する個性派女優へと成長した。また宮本自身も伊丹に対し「伊丹万作の息子であるあなたには是非映画を撮ってほしい」と、映画監督への転身を勧めていたことを明かしている。(ウィキペディア)


父 黒川正宗尾美としのり(おみとしのり)
この役は尾美としのり以外には考えられないほどはまり役だと思う。彼の役者としてのキャラクター、味わいは貴重で、他に類例がない。小泉今日子の尻に敷かれる役がたまらなく良く似合う名優である。

大林作品の常連で、角川映画、松竹映画、東宝映画に多数出演してきたが、ヒロインの相手役を務めることも多かった。一方で通好みの作品やB級映画などにも味のある脇役として多数出演している。テレビにおいてはフジテレビ『鬼平犯科帳』に木村忠吾(うさ忠)役でレギュラー出演している他多数出演している。

宮藤官九郎作・演出舞台で、2005年「転校生の尾美くん」「鬼としのり」「むねさん」等、それぞれ毛色の違うキャラクターを演じている。宮藤官九郎は尾美としのりを「いじりがいがある」役者と思っているようだ。


以下“次稿”
プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR