平川一臣 という人

吉里吉里浜2      
吉里吉里浜 (岩手県大槌町)  2014年4月17日撮影  
破壊された防潮堤が散乱する。 歩くと砂浜はかすかに鳴いたが、私は大震災前の鳴きの程度を知らない。
ここは、井上ひさしの小説「吉里吉里人」の語源ではあるが、小説の舞台ではない。
小説の舞台は、あの朝ドラ「あまちゃん」を書いた「宮藤官九郎」生誕の地若柳(栗原市、宮城県最北)である。


平川一臣 という人
NHKBSで宮沢賢治について語ったことが印象に残っている。
  カテゴリ<平川一臣 津波堆積物の研究>をクリック、最下段(2012年9月27日)の記事
そして、井上ひさしについて以下のように語っている。平川さんのブログから<コピペ>する。
この方、読書の少なくとも一部分は、好みが完全に私と一致する。嬉しい限りだ



閑話休題かな?
カテゴリ : Diary 執筆 : hkazu 2012-2-11 13:45 .
このところ,取材が多い.当然だろうが・・・,でも,取材で聞かれているうちに,自分の頭がさらにクリアになっていくことを感じながら,揺るがない確信と,問題点を残している部分がさらに仕分けられていることを感じ取っている.丁寧に応対しなくっちゃ!.  

3.11 津波に学ばねばな。らないことは,まだまだいっぱいあるのだが・・・,すでに(研究の側面でさえ)忘れられつつあるのだろうか???・・, 3.11津波の様相を丁寧に地形図上で見直し,分析的に考え,検討していて・・・,ちょっと疲れた.その瞬間に,実在する集落(地名)が脳を刺激して,

吉里吉里浜
吉里吉里浜全景    2014年4月17日撮影
最近、浸食され狭くなって行く砂浜が多い。その共通点は重い砂鉄の残留比が高く黒っぽいことである。
しかし、ここの砂は石英の粒がキラキラと輝き、砂鉄の黒っぽさを感じさせなかった。

井上ひさし「吉里吉里人」を思い出した.・・・抱腹絶倒,才気煥発,博覧強記,縦横無尽,痛快無比,(品性不良)・・・,あらゆる四文字熟語を勝手に並べて(造語しても)なんでもOKになる,ひとりでにやにやし,納得し,啓発され・・・・.”ふかいことを,おもしろく”井上ひさしさんは,いい.本当にいい.腹筋を鍛えるのに(ついでに,アタマと心の筋肉を鍛えるのに)最適にして最良の方法ではなかろうか?まちがっても,電車の中や,授業中(内職)に読まないことだ: ここで急にマジメになってですね,・・・,

3.11以降,取り憑かれたように津波について調査し,考え,ただただ夢中で過ぎた1年だった.とくに頑張ったわけではない.しかし,1日として倦むことなく弛むことなく(ちょっとは弛んだか!?),毎日緊張感を持って,勤勉に日々が過ぎてきた,そういう勤勉,緊張感のなかにいる自分が好きだ,そう言える感覚が嬉しい.

65歳に達せんとするこの期になって,そういう精神とそれを支える身体でいられるのが,とにかく嬉しい.津波でなくなった人達を前に,そんなことを言ってはならないのだが,まったく違う意味での”3.11への個人的謝意”だと書き残しておきたい. ・・・なんちゃって,とここでドイツ語風におふざけでマジメに混ぜ返すことができれば,井上ひさしに弟子入りできるのだがなあ,と非才を悲しむのみ.あちらの世界に行ってから考えるしかない. やっぱり閑話休題でした. .

スポンサーサイト

超巨大地震のスーパーサイクル

平川一臣

平川一臣北大特任教授による
超巨大地震
(マグニチュード(M)9クラス)のスーパーサイクル


1611年(400年前、慶長16年)の地震津波は、
これまでは「慶長三陸沖地震」とされていたが、平川教授が「根室沖~襟裳岬」の地震津波であることをつきとめた。
北海道大学特任教授の平川一臣は、17世紀初頭の津波堆積物が色丹島や道東、道南(北海道森町)、三陸北部、三陸南部と約1500kmの範囲に及ぶことから、慶長三陸地震は、従来の震源推定地であった三陸沖北部よりも北の、北海道東沖から北方領土沖の千島海溝付近で最初に発生した地殻変動が周辺の震源域と連動して発展した超巨大地震である可能性が高いと推定している。さらに平川が専門誌「科学」(2012年1月26日発行)に発表した説によると、15~20mの津波が到達したと考えられることから、慶長三陸地震は千島海溝沿いにおけるM9規模の地震の可能性が高いと推定している。


上の表を2011年を基準に何年前であるかで表示すると、◎と○印は
根室沖~襟裳岬:3500年前→2500年前→400年前

下北沖~陸中沖:3000年前→2000年前→800~900年前→次は? 
約1000年サイクルとするとこの地域は超巨大地震が起こるサイクルに入っているか間もなく(100~200年で)入る。すなわち、下北─陸中沖では巨大地震が発生する切迫度が極めて大きい。 <コメント:これに対応する空白域が問題になる。>


陸中~常磐沖:3500年前→2500年前→1142年前→0(2011年) 


 
平川教授の調査・研究手法
第四紀層が調査対象である。第四紀層は比較的柔らかい
地形、露頭などの観察・調査をもとに調査地点を決める。
①露頭の表面を削るなどして直接観察する。
②斜面、段丘崖などをスコップなどで削り、地層のフレッシュ面を露出させる。又は地面にピット(穴)を掘るなどして、津波堆積層を観察する。
③ボーリング
などにより地層を調べ、津波が運んだ砂や石(津波堆積層)を調べ、津波の規模、年代を測定する。
広域の数百カ所に及ぶ地点の膨大なデータを蓄積し、詳細に系統的に比較し総合的に評価する。

架空のデータを用いたコンピュータシミュレーションなど一見派手な研究は役に立たない所か足を引っ張っている。
非常に地道であるが、この現地調査の手法によるによるデータの蓄積こそが重要である。シミュレーション(モデル(数値計算))を併用している。


前報<http://tsujiandon41.blog.fc2.com/blog-category-40.html>で平川教授は、
><北海道>の津波検討で,最も重要なことは,世界中でこれほど数多くの地点でこれほど正確な津波堆積物,過去数千年におよぶ津波履歴が調査され,それを説明できるモデル(数値計算)を考えた例は,どこにもない,ということなのです。と言っている。<コメント;その通りです>


今、地震予知にとって重要なことは、この手法による調査を北海道と同等の精度で全国的に行うことであろう。

子供たちの防災教育と科学技術教育にこれほど適したテーマ設定と科学技術的手法はないであろう。
自然との対話、機材に頼らない科学技術へのアプローチ手法、根気、総合性、・・・・など


※坪井忠二(地球物理学)は、地震の規模は、「断層の長さ約200km、マグニチュード8.2を超えない」としている。超巨大地震は、この規模の地震の連鎖・連動と考えられている。

平川 一臣  北大特任教授

平川一臣 北大名誉教授    平川一臣北大特任教授   2011年8月21日 岩手県宮古市田老にて

平川一臣 (ひらかわ かずおみ) 北大教授・名誉教授・特任教授 歴任

 地理学者 第四紀学 周氷河地形環境 第四紀地殻変動。
 ホームページ;http://wwwearth.ees.hokudai.ac.jp/~hkazu/index.php
          http://wwwearth.ees.hokudai.ac.jp/~hkazu//modules/blog/

略歴
愛知県生まれ(1947年ー)  早稲田大学教育学部卒  
東京都立大学大学院理学研究科地理学専攻修了
東京都立大学 理学博士 「十勝平野とその周辺地域における第四紀後期の編年と地形発達史(英文)」
山梨大学教育学部助教授  東京都立大学理学部助教授

1993年;北海道大学大学院環境科学研究院教授
2011年3月;北海道大学名誉教授、北海道大学特任教授
2012年3月;北海道大学退職


研究内容
日高山脈  氷河地形  氷河の消長  平野形成史  亜氷期  
段丘地形を用いた地形発達史研究、活断層研究、津波堆積物の分析による巨大津波研究などで成果をあげている。

津波堆積物の研究
段丘地形の研究や活断層地形の研究を進めていたこともあり、2000年頃より津波堆積物の研究に取り組む。2007年、産業技術総合研究所活断層研究センター研究員の藤原治等とのグループと中部電力浜岡原子力発電所付近のボーリング調査を行い、過去5000年の間に国が想定する東海地震の約3倍もの地殻変動をもたらす超東海地震が約1000年周期で少なくとも3回は起きたとする調査報告を発表した。


※『asahi.com:地殻変動3倍の「超」東海地震、千年周期で発生か - 社会』朝日新聞社、2007年9月4日

北海道  (平川氏のホームページより引用)
<北海道>の津波検討で,最も重要なことは,世界中でこれほど数多くの地点でこれほど正確な津波堆積物,過去数千年におよぶ津波履歴が調査され,それを説明できるモデル(数値計算)を考えた例は,どこにもない,ということなのですね.先般公表された南海トラフの津波予測とは根本的に違います.南海トラフの場合は,起こりうる地震を”現在のすべての科学的知見を投入して,地震のモデルを設定し”,それによって津波を発生させた”架空の津波”で,北海道のように津波が運んだ砂や石の証拠によっているわけではないのです.この区別は重要です.


調査地域:北海道太平洋沿岸 奥尻島 佐渡島 下北~三陸 浜岡
       カムチャッカ~北千島 スマトラ地震・ジャワ島の津波履歴   その他

コメント
2011年の東北地方太平洋沖地震で大規模な津波が発生したことにより、<津波堆積物>に注目が集まり、平川教授のこれまでの研究が大きく社会から注目されるようになった。<北海道>に上述したとおり平川教授は非常に自信を持っておられる。なお、<津波堆積物>には、箕浦幸治東北大学教授(地質学)、岡村眞高知大学教授(地質学、南海トラフ域)の優れた研究もある。現在、産業技術総合研究所もこの分野の調査・研究に力を入れているように思う。

東大地震研などのコンピュータシミュレーションによる地震余地は成功せず、役に立っていない。
というより、「地震」を看板に掲げていることにより、地道な優れた「津波堆積物の研究」などを奥へ追いやることになり、役に立たないどころか、逆に足を引っ張っているとさえいえる。

「津波堆積物」の地道な調査・研究により、津波の発生周期を調べることの方が遥かに実用的で役に立つのだ。
たとえ、スーパーコンピュータ「京」の演算速度が千、万倍になっても、地震に関する「津波堆積物」などのデータが蓄積され、知識、知恵、理論が発展しない限り、地震予知は不可能である。


※カテゴリ<平川一臣 津波堆積物の研究> に関連する文をまとめ整理することにします。
  カテゴリ<平川一臣 津波堆積物の研究> をクリックすると関連文が全部読めます。
 

3月3日 昭和三陸津波襲来の日

1933_Sanriku_Earthquake_damage_at_Karakuwa[1]
                                          津波の被害に遭った唐桑地区(宮城県)
3月3日 昭和三陸津波襲来の日 

間もなく3.11から2年になるが、その前の今日3月3日は昭和三陸津波が襲来した日である。
1933年(昭和8年)3月3日午前2時30分48秒昭和三陸地震が発生した。80年前のことになる。

マグニチュード(M)8.1
津波;岩手県気仙郡綾里村28.7m

死傷者数;死者1522名  行方不明者1542名  死者行方不明者計3064名   負傷者1万2053名
家屋全壊7009戸、流出4885戸、浸水4147戸、焼失294戸。

行方不明者が多かったのは、津波の引き波により海中にさらわれた人が多かった事を意味する。

岩手県の下閉伊郡田老村で、人口の 42%に当たる763人が亡くなり(村内の人口は1798人)、家屋も98%に当たる358戸が全壊した。津波が襲来した後の田老村は、家がほとんどない更地同然の姿となっていた。


この昭和三陸津波の年の9月21日宮沢賢治が逝去した。
宮沢賢治が誕生したのは明治三陸津波襲来の年1896年((明治29年)(6月15日襲来))8月27日であった。
賢治はこの二つの大津波の間約37年間を生きたことになる。

(2012.9.27参考;カテゴリ〈津波堆積物と地震予知〉をクリックすると本稿の直ぐ下に表示されます。)

平川一臣教授 in 宮沢賢治の音楽会

  ~3・11との協奏曲~  (NHKBS3 2011年10月29日放映)

 賢治が亡くなる半年前、昭和三陸津波が襲来した。そのとき病の床の賢治が友人に宛てた便り。「この度はわざわざお見舞をありがたう存じます。被害は津波によるもの最多く海岸は実に悲惨です。私共の方野原は何事もありません。・・・。まづは取急ぎお礼乍ら。」

 場面は転じて、三陸宮古の海岸。海面から17mの高さでスコップとハンマー、ナイフなどで地層を削り、平川一臣北海道大学特認教授が明治三陸津波と昭和三陸津波の砂層に挟まれた3~10mmほどの薄い層を示す。この有機物が多い黒い地層が賢治が生きたわずか30数年の時代ですと説明する。そうだ、平川教授の説明通り、賢治はピッタリ明治三陸津波と昭和三陸津波の間37年間を生きたのだ。さらに、上方を示し、賢治が亡くなって77年後の今回の津波は30mまで遡上したと説明する。

 私は、土を愛し、石を愛し、鉱物、結晶を、星を、銀河を、宇宙を愛した宮沢賢治の音楽会のプロローグとしてこれほど相応しい語りがあろうかと感動した。平川教授が賢治の面影と重なり、さらに大きな感動を覚えた。

○明治29年(1896年)6月15日 明治三陸津波襲来、 8月27日 宮沢賢治誕生
○昭和 8年(1933年)3月 3日 昭和三陸津波襲来、 9月21日 宮沢賢治逝去


 星めぐりの歌  宮沢賢治作詞・作曲

 あかいめだまの さそり
 ひろげた鷲の  つばさ
 あをいめだまの 小いぬ、
 ひかりのへびの とぐろ。

 オリオンは高く うたひ
 つゆとしもとを おとす、
 アンドロメダの くもは
 さかなもくちの かたち。

 大ぐまのあしを きたに
 五つのばした  ところ。
 小熊のひたいの うへは
 そらのめぐりの めあて。

 賢治は20数曲作曲したというがこの曲は私にもなじみの代表作である。

 本音楽会では、この曲をチェロ奏者藤原真理が盛岡高等農林学校本館(現岩手大学資料館)で演奏した。また細野晴臣が歌った。作曲家でシンセサイザー奏者富田薫「いいメロディーですね。やっぱり花巻ですかね。これは。」

 一青窈は賢治の影響で詩を書くようになったという。賢治の詩「たかなし」を朗読し,歌っている。賢治の後のイーハトーブの子ら、花巻小学校、花巻農業高校、岩手大学の児童、生徒、学生達が賢治を歌う。。

※リンクの「星めぐりの歌」をクリックすると女優田中裕子の歌が聴けます。8月25日に封切られたばかりの映画「あなたへ」で歌っている歌らしい。主演 高倉健 田中裕子 高倉健の久しぶりの映画。

 
2013年7月24日;「星めぐりの歌」ですが、最近、演奏が代わったようです。

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR