菅原文太×井上ひさし×宮藤官九郎 の 交差点

AS20141227001247_comm[1]
  仙台一高の同窓会         井上ひさし              菅原文太 
 
菅原文太×井上ひさし×宮藤官九郎交差点

私は国道4号線沿いの栗原を車でたびたび通る。築館、若柳、神成、有壁。鬼死骸 は一関。故郷の鶴岡に行くときは、築館から菅原文太が住んだ一迫を経由して鳴子温泉を通る。鳴子の近くに鬼首温泉があるが、鬼の死骸と首は直線距離で約40km離ればなれ。このあたりが菅原文太×井上ひさし×宮藤官九郎の交差点である。


菅原文太が亡くなった。享年81歳
1933年(昭和8年)8月16日に宮城県仙台市に生まれた。父菅原芳助(新聞記者、洋画家・詩人:狭間二郎)
4歳から小学校4年までは東京府(現・東京都)育ち。
1943年(昭和18年)に父親が出征すると、父親の実家がある宮城県栗原郡一迫町(現・栗原市)に疎開し、(旧制)宮城県立築館中学校卒業まで同地で過ごした。なお、旧制築館中学校は宮藤官九郎が活躍し卒業した県立築館高校の前身で菅原文太は宮藤官九郎の先輩にあたる。

1949年(昭和24年)、学制改革による新制高校の発足により、県内屈指の名門校である宮城県立仙台第一高等学校に入学。同校では新聞部に所属した。同じ新聞部の一学年下に井上廈(劇作家:井上ひさし)がおり、同校に隣接する宮城県第二女子高等学校には、後に共演することとなる若尾文子がいた。
高校の後輩である作家井上ひさしとは親友であり、代表作「吉里吉里人」の映画化権を預かっていて、文太自身が自らのプロデュースで映画化すべく奔走していたが、実現することなく幻になってしまった。この作品へのこだわりは、栗原が舞台だったことが関係していると思われる。
 『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋、加筆 



井上ひさし
母井上マスの仕事で『人生はガタゴト列車に乗って』 山形県小松町から栗原を経由し岩手県一関市に引っ越すが、赤貧洗うが如しの貧乏生活で仙台の施設にあずけられた。その施設から仙台第一高等学校に通う。菅原文太の一年後輩で同じ新聞部に所属する。仙台一高で県立第二女子高等学校と演劇部を作る。若尾文子と同じ演劇部に所属したことになるがそのことを小説「青葉茂れる」に書いている。それによると二年生のとき若尾文子は映画界入りし、演劇部からいなくなった。

一関(岩手県)は栗原(宮城県)のすぐ北に隣接し、栗原は後に書く名作『吉里吉里人』の舞台になる。なお、吉里吉里は岩手県三陸海岸の大槌町にある地名である。一関は『ガタゴト列車』途中下車で、母井上マスは釜石に永く住んだ。井上ひさしも釜石に住み病院に事務員として勤務したことがあり、大槌町は釜石のすぐ北に隣接する。

photo143_01[1] (528x347) 映画 『ゲゲゲの女房』で共演
     武良布枝役の吹石一恵       茂役の宮藤官九郎

宮藤官九郎 は
宮城県栗原市若柳町出身。実家は文具店を経営。幼少時から文才を発揮し、作文コンクールなどでいくつもの賞を受賞する。県立築館高校出身で、高校時代から学校祭では創作・演出・自演でハチャメチャに活躍していたという。
脚本家、作家としての宮藤官九郎であるが、私は「ひょっこりひょうたん島」「吉里吉里人」などを書いた「井上ひさし」を連想する。共通点は「シェークスピア」タイプの作家だということである。この三人には、方言、流行語、時勢などにかかわる言葉を縦横に駆使し語彙が非常に豊富だという共通点がある。

NHK朝ドラ『あまちゃん』 はそのキャラクターの多様さという点が真骨頂で、多数の新旧俳優が自在に活躍したことではほかに例を見ない。あれだけ多数の多様な俳優に存分に個性を発揮させ、尚且つ新人を多数輩させたことは脚本が持つ力であろうと思われる。「井上ひさし」の最も井上ひさしらしい作品に「吉里吉里人」があるが、その舞台が宮藤官九郎の出身地であることに強い縁を感ずる。


「シェークスピア」には「地球座」があり、「井上ひさし」には小松座がある。三人の交差点である栗原というパワースポットに「吉里吉里座」ができることを夢見る。箱モノではなく民間の力によるささやかな文化の中心として。


スポンサーサイト

「花は咲く」の演奏

DSC01538 (610x337) (337x610)
                                        田野畑駅の近くにある「ひらいが(平井賀)の海」

「花は咲く」の演奏

インターネットで検索すると一括して1000曲以上の演奏が出てくる。
この文章をクリックするか、リンクの「花は咲く」をクリックしてください

それぞれが好きな演奏、名演奏を見つけ出して下さい。




「花は咲く」アニメ その1  

「花は咲く」アニメ その1  震災復興支援ソングがアニメに

DSC01471 (610x338)
作曲家 菅野よう子             歌とざしきわらし 高畑充希      アニメ監督 加藤道哉

「花は咲く」 
NHK震災復興支援ソング「花は咲く」がアニメになり放映中
この曲は「南三陸町」で友人がコルネッを独奏し、翌年「福島県」でそのコルネットに合わせみんなで合唱した。

DSC01480 (610x348)
 高畑充希 「ごちそうさん」ではものすごくイケずなお姉さんのもとでおとなしい役だったが本来はその逆キャラ?

「花は咲く」は名曲で多くの名演奏を生んでいる。
アニメも美しく素晴らしいし、ストーリーに「宮沢賢治」も「ざしきわらし」も「田野畑村」も「三陸鉄道」もある。
本ブログのカテゴリ「イ-ハトーブ紀行」に借用したい。

DSC01484 (610x364)
 2011年3月11日午後の地震で、座敷わらし、陽だまりの廊下から、あわてて逃げ出す

アニメ監督 加藤道哉  震災から3年半、細密にリアルに被災地を描いた
作曲・編曲 菅野よう子 震災から3年半、一部を明るい曲想に編曲した
作詞     岩井俊二
歌       高畑充希(女優)

DSC01486 (610x356)
 どーも と チャロ  もう一つの予約席は、今は都会の自由人「ざしきわらし」

アニメの声
ざしきわらし 高畑充希(女優)    どーも 山川静夫   チャロ 純名里沙 

DSC01495 (610x337)
 ざしきわらし「帰りたーい」。 どーもが車掌に変身し、

ストーリー
2011年3月11日午後の地震で、座敷わらし、陽だまりの廊下から、慌てて逃げ出し、お家がわからなくなる。
今の私は「自由人てやつよ」と都会をうろついている。
通行人の男の子「ねえ、ママ早くお家へ帰ろうよ」
それを聞いて、ざしきわらし「帰りたーい」 

DSC01498 (610x333)
 一両編成の銀河電車で東北を目指す。   曲の演奏がはじまる。

南三陸町さんさん商店街とモアイ像

DSC00866.jpg
                                              商店街入り口  2014年5月28日朝
南三陸町さんさん商店街  モアイ像  イーハトーブ紀行

宮城県南三陸町の「さんさん商店街」を訪れたのは5月28日の朝であった。
町の復興へ向けた意気込みを感じた。しかし、ここから海岸方面へ行くと津波で打ちあげられた残骸は整理されているものの、平地の津波被災地は住宅地にせず、産業地域にするとのことであるが、残念ながらまだ復興への道筋は見えない状況のように感じた。

DSC00871.jpg
                                                              商店街内部
最近、天皇皇后両陛下のご訪問をテレビで見た。商店街のこの付近が写っていると思われた。
私は、何種類かの海苔などを買った。朝なのでまだ閉じている店が多かった。


DSC00870.jpg
   チリ共和国イースター島でイースター島の自然石を用いて作られた正真正銘本物の「モアイ像」
                                                        2014年5月28日朝

1991年にチリ地震津波で南三陸町は41人の死者を出した。その復興と友好の証として、チリから南三陸町へモアイ像が贈呈された。 そして、2011年3月11日、東日本大震災の大津波によりモアイ像が流出した。 しかし国境を越えた絆は絶えず、2013年5月25日、チリのイースター島から新しいモアイ像がやってきた。
南三陸町には、イースター島から世界で初めて贈呈された本物のモアイ像を始め、全7か所にモアイスポットがある。


DSC00849.jpg
                                              町立総合病院(仮設)玄関のモアイ像

チェインソーで木彫したモアイ像があちこちに置いてあった。ボランティアが作ったと聞いた。

DSC00903.jpg
                                南三陸ポータルセンターモアイハウス(木彫場)のモアイ像

モアイ!  復興のシンボルとして南三陸に増殖中!!   
順調な復興を祈る!!!    


海鮮メカブ丼  三陸の旨いもの イーハトーブ紀行

海鮮メカブ丼  三陸の旨いもの  イーハトーブ紀行 

DSC09780.jpg
道の駅 さんりく メカブ丼  げその揚げ物 味噌汁 香の物付き トロ味が旨く食後の満足感あり

DSC09784 (1280x670)
道の駅 さんりく  大船渡市三陸町越喜来  2014.4.17

DSC09783 (800x369)
道の駅 さんりく  メニューの一例  旨くて安い

DSC09695.jpg
海辺の茶屋 きりきり善兵衛 看板  大槌町吉里吉里海岸の北
カテゴリ「宮藤官九郎 あまちゃん」で作家「宮藤官九郎」は「吉里吉里善兵衛」
の生まれ変わりとした。
右の<カテゴリ「宮藤官九郎 あまちゃん」>をクリックすると表示されます。 乞再読
http://tsujiandon41.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

DSC09696 (800x429)
海辺の茶屋 きりきり善兵衛 全景  2014.4.17

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR