FC2ブログ

渋沢栄一 新10000円札の肖像画の人物像

渋沢栄一
新10000円札の肖像画の人物像
1840年3月16日(天保11年2月13日) ~ 1931年11月11日(昭和6年)(満91歳没)
武蔵国榛沢郡血洗島村(現埼玉県深谷市血洗島)出身
江戸時代;百姓(名主階級)、武士(幕臣)
明治時代:官吏、実業家、教育者

     00044638HDK[1] (2)
                     新10000円札 渋沢栄一の肖像

『日本資本主義の父』と呼ばれ、日本に『株式会社』制度を定着させた。自らは『財閥』をつくらず、民業の繁栄を通じて『公益』の道を進めた。利己益の追及を戒め、企業の社会的責任・企業統治(コーポレートガバナンス)を追求・実行した先駆者であった。
現在、『グローバリズム』の名のもとに、世界を席巻する世界中の(ゴーンのような)経営者・資本家に『爪の垢を煎じて飲ませたい』日本が誇る立派な人物である。
だからこそ今、日本国の最高額10000円札の肖像に最もふさわしい人物と思われる。


中国にも『渋沢栄一』が欲しいということで、中国が『渋沢栄一』の研究をしたというが、その政策からは『渋沢栄一』流の企業の社会的責任・企業統治(コーポレートガバナンス)の精神は爪の垢ほども感じられない。数百社もの会社を手っ取り早く設立する能力が欲しいだけなのであろうか。
ピータードラッカー(世界的経営学者)も渋沢の賞賛・崇敬者の一人だが「経営の『社会的責任』を論じた歴史的人物の中で、日本の資本主義を築いた人物である『渋沢栄一』の右に出るものを知らない」と言っている。
なお渋沢は1926年、1927年(大正元年、2年)のノーベル平和賞候補になっている。


渋沢栄一が創業に関与した企業は第一国立銀行や東京証券取引所など多種多様で480社におよぶが、うち300社が今なお事業を継続しているという。
教育者としては、二松學舍第3代舎長(現在の二松学舎大学)を務めた他、商法講習所(現在の一橋大学)、大倉商業学校(現在の東京経済大学)の設立にも尽力した。
多方面に活躍したが残念ながらここには書き切れない。


渋沢栄一の原点
は15代将軍徳川慶喜の幕臣時代にある。渋沢栄一が尊敬してやまない人物は徳川慶喜であった。
慶喜が将軍となった(1866年(慶応2年)12月5日—1867年(慶応3年)12月9日)のに伴い幕臣となり、パリで行われる万国博覧会(1867年)に将軍の名代として出席する慶喜の異母弟・徳川昭武の随員としてフランスへと渡航し、パリ万博を視察したほか、ヨーロッパ各国を訪問する昭武に随行する。各地で先進的な産業・軍備を実見すると共に、社会を見て感銘を受ける。昭武とともに帰国したのは、慶喜による大政奉還(1867年11月9日(慶応3年10月14日))がなされた後のことで、新政府の命令による1868年12月16日(慶応4年11月3日)のことであった。


帰国した渋沢は徳川慶喜より「これからはお前の道を行きなさい」との言葉を拝受した。
渋沢栄一という才能と人格を見出し、万博派遣というチャンスを与え、明治の日本国へおくったのは徳川慶喜その人であったのだ。
明治維新の際、西欧列強の植民地にならなかったのは慶喜による『大政奉還』により内乱を未然 に最小に防いだからである。薩長は負けても敗者復活で喧嘩したくてしょうがない状態で、内乱を避けるため妥協し、日本を救ったのは徳川慶喜であった。



『戊辰戦争』 (明治元年戦争)は『薩長藩閥』の尻の穴が小さいことを示す恥じる程度の意味しかないことを国民は知るべきである。薩長に惨殺された「明治の父」(司馬遼太郎)と称される小栗上野介、米露との外交に活躍した川路聖謨(かわじとしあきら)などの外交官僚など江戸幕府には有能な人材が多かった。
これら徳川幕府の人材と協調し明治政府を運営すれば、 『大日本帝国憲法』 (明治憲法)という欠陥憲法で軍部の跳梁跋扈を許し、あれだけ多くの戦争をすることはなかっただろう。

スポンサーサイト



『明治維新という過ち』 という著作

『明治維新という過ち』
という本を読んだ。著者の「原田伊織」氏と私には共通点がある。

致道館_5_-_コピー[1] 致道館 鶴岡市

私は徳川四天王の譜代大名左衛門尉酒井家のお膝元庄内出身で庄内藩の伝統を多少なりとも受け継ぐ鶴岡の名門校といわれる高校を卒業した。在学中、同窓会長は酒井家当主であった。庄内藩には致道館という藩校がありその名を冠していなかったが、同じ山形県内の藩校を冠した米澤興譲館高校を羨ましいと感じたこともある。

著者「原田」氏は京都生まれだが、彦根市で育ち彦根藩の藩校を冠する弘道館高校を卒業したという。彦根(佐和山)藩は言うまでもなく同じく徳川四天王譜代大名である井伊家の版図であった。(今、NHK大河ドラマの舞台である。楽しみにしている。)


私は徳川家にゆかりが深い藩出身であるからこそ、明治維新と言われる歴史を詳細に検討し、薩長藩閥権力による明治維新の歴史は捏造されていると結論している。原田氏は小説家であるが発端は似ているように思われる。

私は戊辰戦争勃発を糸口として経緯を大局的に調べ、薩長藩閥政府は「戦(いくさ)の遺伝子」を持ち、明治以来の征韓論、日清戦争、日露戦争、満州事変、日華事変、太平洋戦争はその遺伝子によるものだと結論している。そのキーワードは、赤報隊、世良修蔵、二本松・会津戦争の残忍さ、明治憲法、皇室典範、廃仏毀釈などである。


私は薩長藩閥明治政府を「戦の遺伝子」を持つと表現しているが、原田氏は吉田松陰はじめ長州の勤皇攘夷の志士たちを「テロ集団」と呼んでいる。

司馬遼太郎の昭和に入り日本は情けなくなったという歴史観間違いで、「戦の遺伝子」は明治憲法、皇室典範そのものに内在し、それは薩長藩閥明治新政府が本源的に持つ遺伝子であり、明治以来のあらゆる戦争はそれに原因があるというのが私が到達した結論である。


※右リンク欄の【戊辰戦争】最強軍団【庄内藩】をクリックして庄内藩の説明動画を見てください。

「吉田松陰と維新の人びと」 という講演を聴く 2

BEA1B3A4BDAE20BBF7B4E9B3A8A3B2[1] 気に入ったのでお借りします

「吉田松陰と維新の人びと」 という講演を聴く 2 

二、森内氏の講演
休憩前の前半は、一、の内容と矛盾しない話ばかりであった。むしろ支持しているように思われた。「勝海舟全集」〈共同校訂〉の著作もあり、この人は徳川幕府側から歴史を見ているのではないかと思われた。

講演後個人的に質問した。「著作もそうですが、歴史を幕府側から見ていますね」「幕府側には優秀な人材が非常に多かったと思うのですが」等々。すべて「イエス」であった。

休憩後は、表題の松下村塾に関わる話であった。塾出身者が多士済々であることはよく語られている。ただ、薩摩藩出身者は、西郷隆盛、大久保利通が早期に亡くなり、人材が払底したから、明治政府は薩長閥というより長州閥の観がある。閥のため人材の活用が十分であったのか疑問が残る。



三、長州を舞台にした大河ドラマ「花燃ゆ
「軍師官兵衛」を挟み一昨年放映の八重の桜を思い出させる。女性が主役であることも共通である。さすがNHK、「戊辰戦争」を戦った「会津」と「長州」のバランスをとっているというのはひねくれた見方であろうか。素直になろう。折角の機会だから、「明治維新」を再考するチャンスと捉えたい。そうすることで、ヒロインを演ずる二人の女優、井上真央 (杉文) 綾瀬はるか (新島八重)の顔も立つ。

私の知識は明治政府・薩長寄りであったと思う。最近は幕府側から深堀りしたいと考えている。その結果が「一、の前提」である。森内先生の講演はその期待に応えるものであった。


「吉田松陰と維新の人びと」 という講演を聴く 1

DSC02996.jpg    講演中の森本隆雄先生

「吉田松陰と維新の人びと」 という講演を聴く 1

一、講演を聴く私の前提
この前提は、 講師である森本先生の考えとは関係がない。

①幕末、ペリー来航 時(1853年)の「責任与党」は徳川幕府であり、薩摩・長州藩は「野党」であった。

②薩長は英仏と戦い、大河ドラマ「八重の桜」に描かれた内戦「戊辰戦争」を挑発するなど、日本に植民地化の危ない橋を渡らせた。

生麦事件(1862年)の賠償金の支払いは、徳川幕府が10万ポンド(約100億円)。事件を起こした薩摩藩は支払を拒否し、日本に植民地化の危機を招いたが、薩英戦争に敗れた後、2・5万ポンド(約25億円)を支払う。幕府は国を守る責任与党として賠償に応じ、薩摩は無責任な対応をした。

④徳川幕府には老中首座「阿部正弘」、坂本竜馬の師匠「勝海舟」、日露通好条約交渉でロシアに尊敬された勘定奉行「川路聖謨(かわじとしあきら)」、「十五代将軍徳川慶喜」など人材が豊富であった。 

⑤徳川慶喜は内乱を避けようとして主戦派の小栗上野介などの主張を抑え、江戸城無血開城するなど、薩長との戦いを避けた。内乱による日本の植民地化を避けるための対応をした。

⑥明治維新の痛恨事は「廃仏毀釈」。日本の文化史上類例のない暴挙で貴重な仏教遺産を破壊した。最近の「イスラム国」「アルカイーダ」による「世界遺産・古代遺産」の破壊を連想させる。


⑦「攘夷思想」の変遷に疑問がある。「開国」が必然の段階で「錦の御旗」のための攘夷があったように思われる。

⑧以上より、明治維新の最大の功労者は徳川慶喜であり、薩長は危険な荒ぶる勢力であった。荒ぶる精神は不幸にも維新後に遺伝した。

私にとってこれらはまだ仮説の段階であるが、この視座から森内隆雄氏の講演を聴くことにしていた。


大河ドラマ  『八重の桜』と『花燃ゆ』

main_ph_1[1]
                          『花燃ゆ』の主役 吉田松陰の末妹「杉文」を演ずる『井上真央』

大河ドラマ  『八重の桜』と『花燃ゆ』

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』が放映中だ。昨年は『軍師官兵衛』、一昨年は『八重の桜』であった。間に『軍師官兵衛』をはさみ、かつて戊辰戦争を戦った『会津』『長州』が一年を隔てて大河ドラマの舞台になったことになる。しかも、女性が主人公になるという設定も共通である。

この事実が偶然かNHKらしい配慮かは知らないが、『八重の桜』を放映中にある筋から異論があったという文章を読んだ覚えがある。戊辰戦争を戦った会津と長州は仲が悪く、何年か前に和解が話題になったが、その類いの話かと思ったが、政治権力を持つ人物のことだったような気もする。 

yaenosakura01[1]
                                 「八重の桜」の主役 「山本八重」を演ずる『綾瀬はるか』

 『明治維新』について学校で教科書的に習った覚えがあるが、長じて歴史に関する本、小説、テレビの歴史番組などで知識が蓄積されると、やはり権力側に立った教育がなされ、知識が一方に偏っていたような気もする。世界史の「自由、平等、博愛」のフランス革命だって似たような面がある。大河ドラマ『八重の桜』と『花燃ゆ』に因み、『明治維新』について再考する機会にしたいと思っている。

老中首座阿部正弘、その時代の「勘定奉行川路聖謨(かわじとしあきら)」(小説『落日の宴』について当ブログですでに書いた。クリック→吉村昭2 2012-10-07(21:25))、勝海舟(坂本龍馬の師匠であった)など、黒船騒動時代の「与党」すなわち幕閣とそれに繋がる人材は豊富で優れていたが、その業績、思想を再検討したい。そして、「日本の保守」について再考する縁(よすが)としたい。歴史のIF(もしも)を語るのではない。歴史を知り「これから」を考えるためである。

因みに、今、思い出し再読しているのは『鉄砲を捨てた日本人』(ノエル・ペリン著、川勝平太訳、中公文庫)である。

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR