温暖化

icecoregraph[1]
 図1 南極 「ドームふじ氷床コア」のデータ  極地研究所

温暖化

図1は、南極「ドームふじ氷床コア」より得られたCO2濃度(ppmv)、メタン濃度(ppbv)、気温(℃)の年代変化を示す。
35万年前から現在までを示し、その間に4つの間氷期(温暖な時代)と3つの氷期(寒冷な時代)が存在する。その周期は10万〜12万年である。現在は温暖な間氷期の時代である。

iceflow[1]
 図2 氷床コアサンプルは「ドームふじ」からボーリングにより得られた

氷床コアは、図2の氷床氷河として流れない安定した場所「ドームふじ」から採取された。
すなわち「ドームふじ」は、CO2濃度(ppmv)、メタン濃度(ppbv)、気温(℃)の年代変化を調査する氷床コアを採取するのに適した場所である


<考察>
図1のデータは、地球の温暖化、寒冷化とともに、CO2,、メタン濃度ともに増減している。
氷期〜間氷期の温度変動の原因は、太陽の活動、太陽に対する地球の軌道や地軸の歳差運動などが原因といわれているから、CO2,、メタン濃度の増減は、最後の間氷期を除けば、地球の温暖化〜寒冷化に追随した現象であると推定される。

大気のCO2濃度は、大気の温度が上がり海水温が上昇すると上がり、大気温度が下がると濃度が下がる。

メタンガスは、大気温が下がると海水温が下がり海水への吸収率が増加し、海底に拡散し温度が低下し圧力が高くなることにより水とメタンの包摂化合物「メタンハイドレート」として海底に沈積する。逆に気温が上がると海水温度の上昇とともに「メタンハイドレート」が分解しメタンガスとして大気中に放出され、大気のメタンガス濃度が高くなる。なお、メタンガスはCO2の約20倍の温暖化(温室)効果がある。

間氷期には、(現在の最後の間氷期を除くと、)
CO2、CH4とも増加し温暖化に寄与している状態から、それに逆らい地球は寒冷化した。CO2、CH4濃度以上に強い寒冷化の要因が作用したことになる。さらに、寒冷化した氷期は間氷期より遥かに長期間継続する。

現間氷期の人間の活動を加えた温暖化ガス(CO2,CH4)の寄与と寒冷化要因の寄与を直接観測または計算により比較できれば良いと思うのだが。
武田邦彦氏のように避けられない寒冷化の前には、温暖化ガスの影響はプラスだと主張する論者もいるし、ごく最近は地球は寒冷化に向かっているとの議論も多くなったようだ。氷期は必ず来るといわれている。



<問題点>
最近、温暖化の議論に関連し、海水面上昇、台風の強大化、竜巻の頻発などの気候変動を全て人間活動によるCO2の増加に起因するという議論が激しくなっているように感ずる。氷期〜間氷期の周期変動は、極地の氷床が減少小さくなり、海水面変動が130mに及ぶような大変動であることも事実である。そしてこれらは人類が経験してきたような短い周期で起こったこともまた事実である。
氷期〜間氷期の変動が如何なるものか? それらの大局的知識はもっと普及されるべきであろう。

COP21で議論されていることを否定はしない。しかし、人類の影響がなくても地球は大変動するものなのだ。
産業革命以後のCO2量の増加は、地球の周期変動としてのCO2の増加に、人間の活動によるCO2の増加が重なったものである。



<付録>
CO2、CH4、(H2O)を構成する軽元素である水素、炭素、酸素はビッグバンとその直後の宇宙活動で生成した宇宙に賦存する元素である。太陽系、惑星それぞれにも配分され、地球には、個体、液体、気体として賦存している。

スポンサーサイト

炎熱の夏から厳寒の冬に急変 その原因?

炎熱の夏から厳寒の冬に急変 その原因は?

暑い夏が終わり、短い秋が過ぎ、早くも冬が来た。
炎熱の夏から急勾配で気温が下がり厳寒の冬が急ぎ足で来た。
まだ木に残る、銀杏(いちょう)の葉の上に、リンゴの果実と緑の葉の上に、雪が積もっている。
何故だろうか。

一方、温暖化騒ぎが世論を支配しているが、地球の平均気温は上昇してはおらず、
これから寒冷化に転ずるという議論もある。


グリーンランド 深層海流の駆動力

上図は「地球は寒冷化に転ずる」で用いた図である。
(http://tsujiandon41.blog.fc2.com/blog-entry-162.html、カテゴリ;環境問題 を参照)


海洋大循環は、地球の南北にわたり大西洋、インド洋、太平洋を回る大きな海流で、北極、南極に近い海水を赤道付近に、赤道付近の海水を北極・南極近くに運び、赤道付近に強く注がれる太陽エネルギーを南北に分散させる働きをする。この海水温度の平均化作用が地球の気候の急激な変動を抑え穏和・温和なものにしている。

上図のグリーンランド沖で、
Ⅰ 冷たく重い海水がつくられる。
その条件は、①海水が凍ること。氷になるのは真水であり、塩分は海水に残る。海水は塩分濃度が濃くなり、重くなる。②温度が下がるのでさらに重くなる。

重い海水が沈む。これが深層海流、海洋大循環の起動力となる。これが大西洋、インド洋、太平洋の循環の動力源なのである。これに伴い温かい表層水が南からグリーンランド方面に流れ、ヨーロッパ、スカンジナビア半島の気温が上がり、緯度の割にこの地方の気温は温暖になる。


Ⅱ 一方、緯度の割に温暖になると、グリーンランドも温暖化する。①海水が凍る量が減る。②グリーンランドの氷が解け、河川水(淡水、真水)が海に流れる量が増え、海水の塩分濃度が低くなる。①②により、深層海流の起動力が小さくなる。これに伴い温かい表層水が南からグリーンランド方面に流れる量が減る。ヨーロッパ、スカンジナビア半島の気温が上がりにくくなり、この地方は寒冷化する。

すなわち、Ⅰグリーンランドの寒冷化が進むと緯度が高い地方は温暖化し、比較として赤道付近の気温は高くない(低くなる)。やがてグリーンランドも温暖化する。Ⅱグリーンランドが温暖化すると、暖かい表層水の北上が減少するので緯度が高い地方は寒冷化する。赤道付近の気温は比較として高くなる。このⅠⅡの周期は約70年で繰り返す。現在はⅡの周期であるが、間もなくⅠの周期に入る。


現在はグリーンランドが温暖化の時期にあたり、海流の暖かい表層水が北上する量が減少しているので、ヨーロッパ、スカンジナビア地域(すなわち、高緯度地域)は寒冷化している。それが冬が寒い原因である。また、高緯度地域と赤道地域の海水温度の平均化作用が進まず、地球の気候を変動しやすく激しいものにしている。赤道域の温度が高いのもその一因である。
すなわち、日本に急激に厳寒の冬が来たのと、フィリピンに巨大台風が襲来した原因は同じである



地球は寒冷化に転ずる

地球は寒冷化に転ずる
 中村元隆海洋研究開発機構主任研究員

                      図 海洋大循環
深層底流                                                  
「地球は間違いなく寒冷化に転ずる」 中村元隆氏は断言する。
IPCC(気候変動に関する政府間パネル)とは真反対の見解である。


これが真実なら、
地球温暖化防止京都会議(1997年12月1日 - 10日)、
②アル・ゴア元アメリカ合衆国副大統領の主演映画『不都合な真実』(2006年アメリカ)と、 それに続く、
  IPCCとアル・ゴア氏のノーベル平和賞受賞(2007年)は, 
一体、何だったのかということになる。


当時、米のジョージ・W・ブッシュ大統領(共和党)の副大統領だったチェイニーが来日した際、安倍晋三首相が、この映画を引用して「日米が協力して地球温暖化対策を進めよう」と持ちかけたのに対し、チェイニーが「あの映画はアル・ゴア氏のプロパガンダだ」と不快感を示したと報道された。

日本では、NHKはじめマスメディアは「温暖化」を信じ切った報道をしているが、武田邦彦氏(本ブログのリンク参照)などは証拠のない非科学的な報道だと断じている。日本ほど「温暖化対策」を問題にしている国はないという。
本ブログでは、序論として(「カテゴリ;環境問題」参照)、地球の数億年単位の長周期の気候変動を論じ、
現代=人類の時代は地球にとって寒冷化の時代=氷河期であることを記している。


グリーンランド 熱塩循環と海洋大循環

中村元隆氏の解明  2013年6月28日、Journal of Climate誌に発表

北大西洋では、海面水温が約70(±10)年周期で、ほぼ35年ごとに上昇、下降を繰り返し、北半球全体の気候に影響を及ぼす「大西洋数十年規模振動」という現象が知られている。


中村氏が、米国海洋大気庁や英国気象庁などの大量の観測データを分析した結果、79年2月から3月にかけて、北極に近いグリーンランド海の表面水温が一気に2度も上昇し、周辺の大気の流れに影響が及んで、温暖化への引き金が引かれていた事実に行き着いた。

振動のデータは、ちょうど80年ごろから、約35年間続く温暖化の時期に入ることを示しており、そこに79年の水温急上昇が加わった。猛暑が続く日本では実感しにくいが、世界の平均気温は、この10年ほど上昇が停止し高止まりの状態にある。1980年から数えて35年後は2015年にあたるが、そのころグリーンランド海では温暖化が終息し寒冷化へ向かう可能性がある。

現在は、世界中が地球温暖化を危惧しているが、1940年代からは気温が下がり、60~70年代には、地球寒冷化が騒がれていた。当時は「氷河期へ向かう地球」「飢えを呼ぶ気候」といった図書が多数出版されている。

二酸化炭素濃度の影響も考慮
「当時は既に二酸化炭素の排出が増えていたが、大西洋数十年規模振動が下降期だったので、温室効果の影響は消し去られていたようだ。80年代からの温暖化は、振動の上昇期と二酸化炭素の影響が合わさった結果のはずだが、IPCCは原因を後者にのみ求める見方を強める一方だった。


海洋大循環と熱塩循環基礎となる現象
海洋大循環は地球の気候を決定する大きな要因になっている。 (上図 海洋大循環 参照)

海洋には暖かい表層水の循環と深さ数1000メートルの深海を循環する深層水の2つの大きな流れがある。一般にメキシコ湾付近の赤道域の暖かい海流は、北上するにつれて熱を放出し、冷える。また海水の氷結により排除される塩分により、海水の塩分濃度が増し、海水は重くなる。この冷たく重い海水はグリーンランド周辺で、海底へ深く沈み込み、図に示すように大西洋の深さ3000m~4000mを南へ移動する深層海流となる。これはやがてインド洋と南太平洋に別れて北上する。暖められてしだいに浮上し、インド洋北部と北太平洋で表層水になる。そして向きを変えて南下し、アフリカ大陸の南端を回って再び大西洋に戻って来る。

この深層水の動きは非常にゆっくりとしたもので、1時間に1~2メートル程度。大西洋を北から南まで縦断するだけでも100年程度かかるとされている。しかし、この循環(熱塩循環)のおかげで、ヨーロッパ北西部は比較的高緯度にもかかわらず気温がかなり高い。大西洋を北上する表層水が熱を放出して大気を暖めるからである。

四万十市江川崎 国内史上最高41℃

四万十川 沈下橋  四万十川 沈下橋

四万十市西土佐江川崎 国内史上最高41℃

1位 41.0℃ 四万十市江川崎  平成25年8月12日 (2013年)
2位 40.9℃ 埼玉県熊谷市   平成19年8月16日 (2007年)
2位 40.9℃ 岐阜県多治見市         同上
4位 40.8℃ 山形県山形市   昭和8年 7月25日 (1933年)
5位 40.7℃ 山梨県甲府市   平成25年8月10日 (2013年)


とりあえずメモ。書きなおしがないことを祈る。

天の川銀河系の全貌と地球の気候変動 2

天の川銀河系の全貌と地球の気候変動 2
 
  コズミックフロント 「見えた!銀河系の全貌」 2012.9.6 NHKBSプレミアム

                      地球大気の温度変化

地球の大気平均温度変化                                             温暖化と寒冷化が4回繰り返された
上図の説明
オタワ大学の地質学者ヤン・バイツアー教授はオンタリオ州の4.3億年の地層を調べた。教授は、腕足動物ブラキオポットを調べ、酸素16(軽い水)と酸素18(重い水)の比率を比較した。寒冷化した時代には氷河が増え、重い水の割合が増える。世界中から数千のブラキオポットを採取し比べた。その結果温暖化と寒冷化が1.4億年周期で4回繰り返されていたことがわかった。しかし、二酸化炭素などいろいろな原因を探したが、その原因はわからなかった。

銀河通過位置と地球大気温度の関係
                                 スパイラルアームを通過中に寒冷化、通過後に温暖化
銀河系が地球の気候変動を起こしている
2年後、イスラエルヘブライ大学の二ール・シャビブ教授(宇宙物理)学)は、超新星爆発で宇宙線が増えると雲の発生が増え日光を遮り地球が寒冷化することに気付いた。殆どの超新星爆発はスパイラルアームで起こる。地質学の文献を読み漁り、出版間もないヤン・バイツアー教授の論文(Nature(2000))にたどり着く。銀河系と地球の気候の関係が明らかになった。

上図に示されるように、スパイラルアームを通過中に寒冷化し、スパイラルアーム通過後には温暖化する。

3月14日の図】(←クリックして下へスクロール)と比較して見よう。温暖化、寒冷化の周期の年代はほぼ一致しているがその程度には違いがある。最も違う点は、本報告では現在温暖期に向かっているが、3月14日の図では寒冷期に向かっていることである。
(本稿が本命であるが、前稿のストーリーにも捨てがたい味がある。両者に矛盾があるのは承知している。) 
プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR