漫画家 望月三起也氏 日本の女子サッカーの「父」

DSC07199 (2)
                                                   望月三起也氏 NHKテレビ
漫画家 望月三起也氏 日本女子サッカーの「父」

漫画家望月三起也さんが亡くなった。
古くからの女子サッカーファンにはお馴染みの人である。私はJリーグが始まったころから、Jリーグのみならず、女子サッカーリーグ(L・リーグ)も高校選手権(男子)も女子高校全国大会(妻沼カップ)も観戦したことがあるから、漫画家というより女子サッカーの支援者として知っているし、感謝している。

これについてサッカージャーナリスト大住良之氏が書いている。要約すると、
いまや「なでしこジャパン」と呼ばれてメジャーな存在になった日本女子代表。そのスタート1981年は、男子サッカーもメキシコ五輪の輝きの後のどん底時代だった。すなわちサッカー界に女子サッカーを支援する余裕など皆無だった。

そこで女子サッカー連盟は三菱グループに助力を頼んだ。日本サッカーリーグの強豪・三菱重工は本社内に女子サッカー部をもつなど、女子サッカーに理解が深かったからだ。 全日本女子サッカー選手権の第1回大会は全試合が東京・巣鴨にある三菱養和会のグラウンドで行われた。

また日本女子代表中国遠征のときにパンツに「三菱」のマークをつけていたことさえある。協会からは援助が出ない。女子連盟のサイフもからっぽ。遠征費の半分は選手に負担させるが、残りの半分は三菱グループに泣きついた。三菱グループは了解したが、社内的に「大義」を通すためにマークを入れさせたのだ。

DSC07197 (2)
                                              代表作「ワイルド7」  NHKテレビ

では、その三菱グループを女子サッカーに引き込んだのは誰かというと、真画家の望月三起也さんだったのだ。 『少年キング』誌で1969年から始まった「ワイルド7」という漫画の大ヒットで、70年代の前半にはすでに「大家」のひとりになっていた望月さん。三菱サッカー部の選手との親交をきっかけに大のサッカーファンとなり、横浜で自ら「ワイルド11」というチームをつくり、センターフォワードとしてプレー、盛んに活動していた。

DSC07229 (2)
 望月三起也氏による第1,2,3回日本女子サッカーリーグパンフレット(公式プログラム)の表紙 

そこにやってきたのが、サッカー好きの女性たちだった。
「先生、私たちもサッカーをしてみたい!」 その声に押され、望月さんは「ワイルド11レディース」というチームを立ち上げる。そしてその熱心さに感動し、三菱にも女子サッカーチームをつくるよう働きかける。三菱が女子サッカーに理解を示すようになるのは、それがきっかけだった。すなわち、望月氏と三菱の人脈の親しさが、前記のような経緯をたどる機動力になったのだ。

DSC07216 (5)
  望月三起也氏による第4,5回女子サッカーリーグ 6回 L・リーグパンフレット(公式プログラム)の表紙

望月さん自身も協力を惜しまなかった。全日本女子選手権のプログラムの表紙は、90年代になるまで望月さんの漫画で飾られていた。もちろんボランティアである。というわけで、私は望月三起也さんを「日本の女子サッカーの父」のひとりと認定し、女子サッカーに関心をもつ人びとに広く知っておいてほしいと願うばかりだ。(大住良之氏コラム要約)

DSC07206 (2)
第10回 L・リーグ(1998年 日本女子サッカーリーグ)公式プログラムに望月さんが書いたイラスト&エッセイ

DSC07232 (3)
  望月三起也氏による第7,8回 L・リーグパンフレット(公式プログラム)表紙と9回 ポスター

日本女子サッカーリーグは1989年に始まった。Jリーグ発足の翌1994年にL・リーグと命名、2004年にはなでしこリーグと命名された。

スポンサーサイト

Jリーグ2016 

obj_visual[1]
サッカーJリーグ2016 

今日J1リーグが開幕
Jリーグには今、J1、J2、J3の3リーグがある。どんなチームがあるのか? 一覧をメモ。
合計56クラブチーム。U-23を除いても53クラブ・チーム。

元Jリーガーの監督が増えたのはうれしい。
中でも、森保一と長谷川健太はタイトル戦の常連で早くも名監督の風格あり。
これもJリーグの蓄積ですね。
サッカー界には伝統的に人材が多く、野球、バスケットボールなどに比べても運営がうまくいっている。

大分トリニータのJ3、清水エスパルス、セレッソ大阪のJ2は驚きだ。
コンサドーレ札幌はJ2が長過ぎる。定着した感あり。

※クラブ・チーム名 監督名 所在地 スタジアム 前季成績の順


J1 18クラブ・チーム
ベガルタ仙台     渡邉晋     宮城県  ユアテックスタジアム仙台  J1 14位
鹿島アントラーズ   石井正忠    茨城県  県立カシマサッカースタジアム J1 5位
浦和レッズ        ミハイロ・ペトロヴィッチ  埼玉県 埼玉スタジアム2002 J1 3位
大宮アルディージャ 渋谷洋樹  埼玉県 N埼玉県ACK5スタジアム大宮  J2 優勝
柏レイソル        ミルトン・メンデス  千葉県  日立柏サッカー場 J1 10位
FC東京         城福浩  東京都   味の素スタジアム J1 4位
川崎フロンターレ    風間八宏    神奈川県 等々力陸上競技場 J1 6位
横浜F・マリノス     エリク・モンバエルツ  日産スタジアム J1 7位
湘南ベルマーレ     曺貴裁    Shonan BMW スタジアム平塚 J1 8位
ヴァンフォーレ甲府   佐久間悟  山梨県 山梨中銀スタジアム J1 13位
アルビレックス新潟  吉田達磨  新潟県 デンカビッグスワンスタジアム J1 15位
ジュビロ磐田      名波浩  静岡県 ヤマハスタジアム(磐田) J2 2位
名古屋グランパス    小倉隆史  愛知県 パロマ瑞穂スタジアム 豊田スタジアム J1 9位
ガンバ大阪        長谷川健太 大阪府 市立吹田サッカースタジアム J1 2位
ヴィッセル神戸     ネルシーニョ 兵庫県 ノエビアスタジアム神戸 J1 12位
サンフレッチェ広島   森保一 広島県 エディオンスタジアム広島 J1 優勝
アビスパ福岡      井原正巳  福岡県 レベルファイブスタジアム J2 3位
サガン鳥栖        マッシモ・フィッカデンティ 佐賀県 ベストアメニティスタジアム J1 11位

チーム名・本拠地名については2015年シーズン時点のもの。J1の順位は年間通算成績。



J2  22クラブ・チーム
北海道コンサドーレ札幌  四方田修平 北海道 札幌ドーム J2 10位
モンテディオ山形      石崎信弘  山形県 NDソフトスタジアム山形 J1 18位
水戸ホーリーホック      西ヶ谷隆之  茨城県 ケーズデンキスタジアム水戸 J2 19位
ザスパクサツ群馬      服部浩紀  群馬県 正田醤油スタジアム群馬 J2 18位
ジェフユナイテッド千葉   関塚隆 千葉県 フクダ電子アリーナ J2 9位
東京ヴェルディ        冨樫剛一 東京都 味の素スタジアム J2 8位
FC町田ゼルビア       相馬直樹  町田市立陸上競技場 J3 2位
横浜FC             ミロシュ・ルス  神奈川県 ニッパツ三ツ沢球技場 J2 15位
松本山雅FC          反町康治 長野県 松本平広域公園総合球技場 J1 16位
ツエーゲン金沢        森下仁之 石川県 石川県西部緑地公園陸上競技場 J2 12位
清水エスパルス        小林伸二 静岡県 IAIスタジアム日本平 J1 17位
FC岐阜             ラモス瑠偉  岐阜県 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 J2 20位
京都サンガF.C.        石丸清隆  京都府 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 J2 17位
セレッソ大阪           大熊清  大阪府 ヤンマースタジアム長居 キンチョウスタジアム J2 4位
ファジアーノ岡山FC      長澤徹  岡山県 シティライトスタジアム J2 11位
レノファ山口FC        上野展裕  山口県 維新百年記念公園陸上競技場 J3 優勝
カマタマーレ讃岐        北野誠  香川県 Pikaraスタジアム J2 16位
徳島ヴォルティス        長島裕明  徳島県 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム J2 14位
愛媛FC              木山隆之] 愛媛県 ニンジニアスタジアム J2 5位
ギラヴァンツ北九州     柱谷幸一  福岡県 北九州市立本城陸上競技場 J2 7位
V・ファーレン長崎       高木琢也 長崎県 長崎県立総合運動公園陸上競技場 J2 6位
ロアッソ熊本          清川浩行 熊本県 うまかな・よかなスタジアム J2 13位

チーム名については開幕時点のもの。本拠地名については2015年シーズン終了時点のもの。
松本・清水・山形のJ1での順位は年間通算成績。太字はJ1経験チーム



J3 16クラブ・チーム
前シーズンから引き続き参戦する10クラブに、J2から降格した大分トリニータ・栃木SC、日本フットボールリーグ (JFL) から入会した鹿児島ユナイテッドFCを加えた13クラブと、「U-23チーム」を結成したFC東京・ガンバ大阪・セレッソ大阪の3チームを加えた合計16チーム。

グルージャ盛岡      神川明彦  岩手県 盛岡南公園球技場 J3 11位
ブラウブリッツ秋田     間瀬秀一  秋田県 あきぎんスタジアム J3 8位
福島ユナイテッドFC    栗原圭介  福島県 とうほう・みんなのスタジアム J3 7位
栃木SC           横山雄次  栃木県 栃木県グリーンスタジアム J2 22位
Y.S.C.C.横浜        樋口靖洋  神奈川県 ニッパツ三ツ沢球技場 J3 13位
SC相模原          薩川了洋   相模原ギオンスタジアム J3 4位
AC長野パルセイロ    三浦文丈  長野県 南長野運動公園総合運動場総合球技場 J3 3位
カターレ富山        三浦泰年  富山県 富山県総合運動公園陸上競技場 J3 5位
藤枝MYFC         大石篤人   静岡県 藤枝総合運動公園サッカー場 J3 10位
ガイナーレ鳥取      柱谷哲二  鳥取県 とりぎんバードスタジアム J3 6位
大分トリニータ       片野坂知宏  大分県 大分銀行ドーム J2 21位
鹿児島ユナイテッドFC  浅野哲也   鹿児島県 鹿児島県立鴨池陸上競技場 JFL 4位
FC琉球           金鍾成    沖縄県 沖縄県総合運動公園陸上競技場 J3 9位
FC東京U-23         安間貴義  東京都 - -
ガンバ大阪U-23      實好礼忠  大阪府 - -
セレッソ大阪U-23     大熊裕司 - -

チーム名・本拠地名については開幕時点のもの。鹿児島のJFLでの順位は年間通算成績。


今、モンテディオ山形が楽しい 決着編

DSC02480.jpg
                                                      J1昇格おめでとう!!!

今、モンテディオ山形が楽しい 決着編
     クリック → 今、モンテディオ山形が楽しい

① モンテディオ山形 J1昇格を決めた
J1昇格プレーオフ決勝
モンテディオ山形はジェフユナイテッド千葉に1対0で勝ちJ1昇格を決めた。

DSC02459.jpg
                                                 山崎 背番号30 の得点シーン
② モンテディオ山形 天皇杯準優勝
天皇杯決勝 モンテディオ山形vs.ガンバ大阪=1:3

DSC02447.jpg
                                             表彰台のモンテディオ山形イレブンたち 
① <J2 22チーム42試合> 
J1自動昇格上位2チーム 
1位 湘南ベルマーレ        勝点101 得失点+61
2位 松本山雅FC          勝点 83 得失点+30

DSC02468.jpg
      石崎監督と選手たち モンテディオ山形は監督としてのキャリアを踏み始めたチーム、 いわば故郷だ
      石崎監督自身のJ1昇格は3度目 名将と呼びたい!!!

J1昇格プレーオフ 3位〜6位4チーム
3位 ジェフユナイテッド千葉    勝点68 得失点+11
4位 ジュビロ磐田          勝点67 得失点+12
5位 ギラヴァンツ北九州       勝点65 得失点  0 (J1昇格条件を満たさず参加資格なし)
6位 モンテディオ山形        勝点64 得失点+13
1, 2位と3位以下の勝点差は大きく、しかも3〜6位までは差がなくドングリの背比べ状態
プレーオフ準決勝 モンテディオ山形 vs. ジュビロ磐田=2:1

J2残留入れ替え戦 21位 カマタマーレ讃岐  AC長野パルセイロに1:0で勝ち残留  
J3降格         22位 カターレ富山

DSC02478.jpg
                               かつてこれほど目立ったゴールキーパーがおっただろうか?

※<J1 18チーム 34試合>
J2自動降格 J1下位3チーム  
16位 大宮アルディージャ
17位 C大阪セレッソ大阪
18位 徳島ヴォルティス

※ <J3 12チーム 33試合>
J2自動昇格      1位 カターレ富山
J2昇格入れ替え戦 2位 AC長野パルセイロ カマタマーレ讃岐に0:1で負け昇格ならず 

DSC02438.jpg
                       大仁邦彌日本サッカー協会会長は石川竜也選手13とにこやかに握手 
                       モンテディオ山形が長いベテランに格別労をねぎらった印象を受けた

<所感>
ガンバ大阪の決定力は凄いが、山形は良く守った。
「1対2から勝つチャンスがなかった訳ではない」と思わせた。
来季J1のモンテディオ山形の戦いが楽しみだ。

三冠監督「長谷川健太」がさらに名将になることを期待したい。
「優しさ」 と 「真摯さ」 が名将の条件、二つとも持ち合わせている人物だ。
試合後、石崎、長谷川両監督がにこやかに話していた。

今、モンテディオ山形が楽しい

yamagata2[1]

今、モンテディオ山形が楽しい

可能性があることは楽しいことだ
今、モンテディオ山形が楽しい

モンテディオ山形は
天皇杯決勝に進出している
J1昇格のプレーオフ初戦に勝ち、J1昇格争いの真っただ中にいる
J1昇格と天皇杯優勝 可能性が二つもあるのだ


天皇杯決勝に進出
天皇杯準決勝ではジェフユナイテッド千葉を3対2で下した

決勝の対戦カード
対 ガンバ大阪
2014年12月13日(土)14:00キックオフ
会場:日産スタジアム(横浜)
※天皇杯決勝は国立競技場が使えないため横浜で、元旦でなく12月13日


J1昇格のプレーオフ
J1昇格のプレーオフ初戦では、まさかのJ2降格といわれた名門ジュビロ磐田に2対1で勝った
引き分けは上位のジュビロ磐田(4位)の決勝進出になるが
6位のモンテディオ山形が1対1からロスタイムの劇的得点で勝利

ジュビロ磐田がヤマハの時代、ヤマハの山本昌邦氏がモンテディオ山形の前身NEC鶴岡に指導にきた
その所為かどうか大事な試合にはジュビロ磐田には勝たせてもらっているという鮮明な記憶がある

J1昇格プレーオフ決勝
モンテディオ山形(6位) vs ジェフユナイテッド千葉(3位).
12月7日15:30キックオフ  味の素スタジアム(中立地で1試合)
ジェフユナイテッド千葉には天皇杯準決勝3対2で勝利しているが果してどうなるか
勝てばJ1!  J1にあと1勝!

今、モンテディオ山形が楽しい

サッカー日本代表、アジア代表のFIFAワールドカップ2014

DSC01009.jpg

サッカー日本代表、アジア代表のFIFAワールドカップ2014

日本代表
サッカー日本代表のFIFAワールドカップ2014は決勝進出ならず残念な結果に終わった。
原 博実サッカー協会専務理事兼技術委員長(強化担当)がザッケローニ監督の指揮について注文をつけたとか、進言したとか、雑音も聞こえてきたが、私はアジアカップ、コパアメリカ、ワールドカップ予選などを通じ、A代表の試合を十分に楽しませてもらった。

監督の日本人、日本文化に対する理解の深さにも尊敬の念を抱いている。アルベルト・ザッケローニ(Alberto Zaccheroni、1953年4月1日〜 )さん、ありがとう!!!



アジア代表のワールドカップ成績<最後の順位FIFAランキング>
                                    勝点 得点 失点  差
イラン<グループA1位、37位>     :グループF4位  1  1   4  -3
日本<グループB1位、47位>      :グループC4位  1  2   6  -4
韓国<グループA2位、55位>      :グループH4位  1  3   6  -3
オーストラリア<グループB2位、59位>:グループB4位  0  3   9  -6

ウルグアイ<アジア5位ヨルダンに勝利>:グループD2位  6  4   4   0
<FIFA6位>            決勝トーナメント 対コロンビア 0-2 で敗れる


アジア代表は、全4チームがグループリーグ最下位の4位。
次回のワールドカップでアジア代表枠のチーム数が減らされないか心配である。

決勝トーナメント進出は
中南米7チーム、ヨーロッパ6チーム、アフリカ2チーム、アメリカ

プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR