食料自給率 農業問題4 

oneself_h24[1]
        図 食料自給率の変化 生産額ベースとカロリーベースに注目

食料自給率 農業問題4 
  農業問題1〜3は カテゴリ<農業>をクリックして参照してください。 

農林水産省は2015年3月17日 「食糧・農業・農村基本計画」 をまとめた。
食料自給率については、危機感をあおることにより、農水省の存在感を示し、予算を多く獲るため、39%と低い値であるカロリーベースだけを目標にしていた。カロリーベース自給率がたったの39%にすぎませんよと危機をあおり続けてきたのだ。


カロリーベース自給率を目標にしている国は日本の他にない。しかし、今回もカロリーベース自給率の旗は降ろしていない。そして、今回ようやく生産額ベース自給率を目標に入れた。

農家は如何に儲けるか、如何に生産額を上げるかを昔から苦慮している。もちろん伝統の瑞穂の国の「稲作」「米作」へのこだわりはあるが。考えてもみよ。どんな生業でも、業を営む者は生産額にこだわり儲けようとするのは当たり前のことではないか。農林水産省はようやくこの当たり前に到達したことになる。

新しく設定された食料自給率の目標 
カロリーベース食料自給率  50 → 45%に下げた。近年の実績は40%→39%
生産額ベース食料自給率   70 → 73%   平成25年度実績65% → 5年後73%



日本の
農業生産額 は 世界第5位 先進工業国 では米国に次ぎ 世界第2位
農業生産額:1位中国 2位米国(1775億ドル) 3位インド 4位ブラジル 5位日本(826億ドル) 
         6位フランス(549億ドル) 7位ロシア 13位ドイツ(379億ドル) 
1位、3位の中国、インドは人口大国。2位、6位の米国、フランスは農業大国の一面がある。ブラジルは農業大国(人口約2億人)。

生産額ベース食料自給率の先進国国際比較は下図
先進国で100%以上はオーストラリア、カナダ、オランダ。米国92%、フランス83%。日本の70%は決して卑下するような値ではなく、かなり立派な数字である。

th[4] 
結論  生産額ベースが重要であり、日本は農業大国である。

th[1] 参考 カロリーベース自給率上位の道県


食料自給力 を新たに提示 食糧の輸入が途絶えた場合の供給可能なカロリー
米中心;カロリー自給不可能 1495キロカロリー/人  必要量2147キロカロリー/人 
       1日ごはん2杯、うどん1杯、焼き肉1回/10日 
イモ類中心:カロリー自給可能 栄養を考慮2462キロカロリー 考慮しない2754キロカロリー
       1日焼き芋6本 牛乳コップ1杯/4日、焼き肉1皿/18日


石油などエネルギー源その他の輸入が十分でないと、食料自給力の議論は成り立たない。すなわち、食料の輸入が途絶えることは 、エネルギー源の輸入もままならない状況になるだろう。極論すればそのとき人力により鋤や鍬だけで農地を耕すというようなことになる。だから、食料持久力の供給量は絵に描いた餅に過ぎない。やはり農水産省は・・・・・・・。


スポンサーサイト

山形の三姫  ブランド米「つや姫」

阿川佐和子 つや姫            つや姫の宣伝をする阿川佐和子さん

山形の三姫  ブランド米「つや姫」

新年あけましておめでとうございます。

新年早々は平和で芽出度い話題にしたい。
しかし、目出度い話は思い当たらないから出身地山形の宣伝をする。
12月10日「つや姫と知事姫」というコピー(広告・宣伝文句)を書いた。
ブランド米「つや姫」と「知事姫」=「吉村美恵子」山形県知事のことである。


ついでだからもう一つ書く。
つや姫のテレビコマーシャルを阿川佐和子さんがやっているから、
つや姫と「吉村美恵子」山形県知事と阿川佐和子さんで「山形の三姫
阿川佐和子さんは今をときめくベストセラー作家でテレビ司会者でインタビュアー、
あれほどの人が宣伝するほど「つや姫」は凄いのであろうか。
凄いのであるということを書かないと「佐川佐和子氏」に失礼にあたる。



つや姫の出自;
1998年に山形県立農業試験場庄内支場(現・山形県農業総合研究センター水田農業試験場)で、父:東北164号・母:山形70号として、交配が行われ、その後、世代促進を行った後代を選抜・育成し、2005年の雑種第9代(※)に山形97号の地方番号を付与し、2008年に山形県で奨励品種に指定採用された。
祖先品種  • 亀ノ尾  • コシヒカリ  • キヌヒカリ  • ひとめぼれ

※雑種第9代:私は素人であるが、おそらく、収穫した籾を種子として8代(回)繰り返し、種籾を増やしながら、変化がないことを確認し、9代目を新しい品種として認めた。種籾を獲り、将来に渡り繰り返し同一の米を収穫できることを確認した。最近、モンサント社に代表される一代交配種は種子をとることができない。種子会社から買うしかない種子を通し、戦略的に世界を支配しようとする動きがある。

•2009年2月23日に名称を「つや姫」に決定した。交配から「つや姫」命名まで11年かかっている。

評価
o (財)日本穀物検定協会の食味官能試験において、外観については「つやがある」「粒がそろっている」など、味については「甘みがある」「うまみがある」などの評価が得られている。
o 分光測色計による炊飯米の白色度はコシヒカリより高い。
o 炊飯米は表層の硬さの値が大きく、粒が崩れにくくしっかりしており、全体の物性も優れた良好なバランス度が得られる。
o 慶應義塾大学先端生命科学研究所(鶴岡市)の分析では、アミノ酸であるグルタミン酸とアスパラギン酸がコシヒカリより多く含まれている。
• (財)日本穀物検定協会におけるランキングでは、2008年・2009年産米とも、参考品種ながら特Aにランクした。
o 2008年産は、同年の特Aランク21銘柄のうち最高評価を得た山梨県峡北(北杜市)産コシヒカリと並ぶ評価を得た。


品種特性
○つや姫は(「コシヒカリ」などと比べ)草丈が短く倒れにくい
○出穂期・成熟期ともコシヒカリ並で山形県では晩生に属する。
○稈長(稲の背丈)はコシヒカリより短く、耐倒伏性はコシヒカリより強いやや強。
○単位収穫量はコシヒカリよりやや少ない。
○いもち病真性抵抗性導入遺伝子は「Pii,Pik」。葉いもち抵抗性は強、穂いもち抵抗性は(強)、障害型耐冷性・穂発芽性はともに中である。
○玄米千粒重はコシヒカリと同じ22g程度。
○収穫時期はコシヒカリと同じ。
○玄米に光沢があり、白未熟粒の発生が少なく高品質であり、炊飯米の外観と味が優れコシヒカリ以上の極良食味である。

(ウィキペディアより抜粋)

つや姫は、栽培、対耐気候、食味、将来性などあらゆる面で優れている。

つや姫と知事姫

つや姫 表看板 「つや姫」と「知事姫」

つや姫と知事姫

故郷の中学校の同級生と山形県のアンテナショップ「おいしい山形プラザ」へ行った。
入口の表看板は銘柄米「つや姫」の幟(のぼり)と「吉村美恵子」山形県知事のはっぴ姿である。

 
それを見て「つや姫と知事姫」というコピー(広告・宣伝文句)を思いついた。 

今女性知事は全国で3人だというから、知事の価値は能力で決まるが、希少価値であることは間違いない。
知事も「知事姫」と呼ば「れるのは、こと宣伝に限れば悪い気はしないだろう。
日常のことになると「お飾り」という意味あいにとられかねないが。

「吉村美恵子」知事は東北で初めての女性知事、無投票再選で知事2期目に入っている。

52224_400[1] 佐藤唯、吉村山形県知事、ウド鈴木

「おいしい山形プラザ」の1周年記念イベントに出席した
佐藤唯、吉村美栄子山形県知事、ウド鈴木
ウド鈴木と佐藤唯は、やまがた特命観光大使に就任。 (2010年5月4日)
 

因みにウド鈴木は伝統ある名門校山形県立庄内農業高校の出身、「つや姫」の宣伝にふさわしい。





日本農業の理想

日本農業の理想   新年にあたり理想を語る。初夢と言っても良い。

現状のまとめ 
食料自給率は高い方が良いに決まっている。生産額ベース自給率とカロリーベース自給率があるが、日本は生産額ベースが65~70%と高く、カロリーベースが39%と低い。農業はビジネスであるから当然生産額ベース自給率を重視すべきである。国際的にも生産額ベース自給率が指標とされている。農水省がカロリーベースを重視するのは、農業が駄目な産業であることを喧伝することにより組織の存在感をアピールし官僚主導の農政を持続するためである。これにより日本の農業は歪められている。

日本の<農業生産額>は世界で第5位。人口大国中国とインドが1位と3位を占め、米国が2位であり、日本は農業大国ブラジルの4位に次ぐ。
<生産額ベース自給率>は65~70%。先進国では1位カナダ、2位オーストラリア、3位アメリカ、4位フランスに次ぎ第5位である。(本ブログ2012.11.6 食料自給率 農業問題1参照)
これらより評価すると日本は農業大国である。農水省が喧伝するように日本農業は決して斜陽産業ではない。

何故生産額ベース自給率が高いのか。農家は収入機会最大を求め高収入を得るために経営努力し、高級な果物、野菜、肉類、花卉などを栽培・生産していることによる成果である。日本の国が富み、食事の嗜好化が進み、消費者の購買能力・消費能力が大きくなったことに支えられている。

<国産米> は品種改良の結果、新銘柄米が次々登場し、食味が向上している。瑞穂の国の主食として発展し続けているが、残念ながら国内消費は低迷している。一方、主食として米、小麦など世界に流通している穀物に比べ生産原価が高く国際競争力は明らかに劣っている。(本ブログ2012.12.14 食料自給率 農業問題4 新銘柄米参照)


みのりの秋

日本農業の理想
<米作>は一経営単位の水田面積が数百ヘクタールと広く、しかも嘗て散在していた経営単位の水田の交換が進み一か所にまとめられ、作業の効率化が図られている。水田一枚の面積は数10ヘクタールが当たり前である。省力化が図られ、農機具の大型化と効率的使用が進み、世界一であった農業機械の保有台数も減少し、生産原価が低減する。コンバインはGPSを搭載し水田の水平が自動的に管理され、大面積の水田の水管理にも問題がない。

果物、野菜、花卉などを栽培する畑地は、水田地帯では集落の周辺や砂丘地、河川敷などにまとめられる。作業効率を優先し、水田と畑地の境界は直線的にかつ直角に区切られる。

生産原価が低減し国産米は国際流通でも競争力がある。食味の良さと安心・安全及び後進国の経済発展から輸出量が増大し、高価格で売れている。減反政策も昔話となり、生産量は1,200万tを越えている。

果物、野菜、花卉などは高級化がさらに進み、露地、温室、ビニールハウスなどで労働集約的に栽培され、投入した労働力に見合う収入が得られている。農作物の選択力・販売力と栽培技術が農家の収入を大きく左右している。

日本の食料自給率は生産額ベースで80%を、カロリーベースで50%を越えた。米の生産量が増え輸出が増えたからである。1970年に始まった減反政策は過去の記憶でしかない。


問題点
民主党が始め、農村票が欲しい自民党も引き継ぎ、しかも野菜にも拡大されるらしい農業者戸別所得補償制度は水田の集約化の妨げになるし、畑作物すなわち果物、野菜、花卉などの販売力と栽培技術向上の妨げになる。農業に補助金が必要ないとは思わないし、欧米でも農業補助金はかなり使われているが、自助努力を促し、将来の発展につながる生きた使い方が重要である。

農業後継者不足が言われているが、先進国の中で日本の農業人口はまだ多い。若い後継者が必要であるがそれもそれほど悲観する状況にはない。この点で農水省やマスコミの論調は間違えている。

農業への企業参加が話題になるが、農業者の共同経営もしくは個人経営が望ましい。農業にまで人材派遣が及ぶと農村の荒廃が進む。それでは農業は発展しない。農業は農業者の生きがいであって欲しい。但し、野菜工場、食品会社の原料栽培(ジュース用トマトなど)まで拒むものでない。


食料自給率 農業問題4  新銘柄米

食味特A米の品種と分布地域
  食味ランキング特Aの地域分布と品種  (NHKの資料) 

日本の米は元気
最高の食味ランキング<特A>を獲得した<地域と品種>


20年前は、東北、北陸、中部、北関東地域の<コシヒカリ>と<あきたこまち>だけ
次いで、東北地域の<ひとめぼれ><はえぬき>が加わった。

最近、北海道と九州地域が新たに加わる。
北海道;<ななつぼし><ゆめぴりか>
九州;<元気つくし><さがびより><にこまる><ヒノヒカリ><森のくまさん>

新品種;つや姫(山形県)、なすひかり(栃木県)

さすが瑞穂の国日本の米、元気である。日本の、日本民族の宝である。資源である。
しかし、米の消費は伸び悩んでいる。

米の国内生産、消費の推移
  西暦年度     1960  1970  1980  1990   1995  2000  2005  2007
  国内生産(万t) 1,286   1,269   975  1,050  1,075   949   907  871
  国内消費(万t) 1,262  1,195  1,121  1,048  1,049   998   955  990
  粗食料(万t)   1,179  1,089  1,020   955    940   905   866  866
  1人当(㎏)   126  105   87   77   75   71   68   68


<コメント>
国内の1人当たり消費量が126㎏/年から68㎏/年に著しく低下している。
国内消費量の低下は裕福になったことによる嗜好の変化と食品の多様化である。
大規模化など生産効率の向上が必要である。
日本民族の資源として新たに輸出に新天地を求めるべきであろう。
だから、TPPに参加と言うことにはならない。


プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR