夢の力 イルミネーション

DSC07896.jpg
 氷川参道 北から南方面

夢の力 イルミネーション
我が家の裏庭と呼べるような直近で、長期間にわたり「夢の力 イルミネーション」なる行事の最中である。
氷川神社参道「平成広場」 ;6月17日〜10月15日 18:00〜21:00
平成広場は和風庭園風の佇まいでイルミネーションは似合わない感じもするが、それは昼の話、夜の散歩には涼しげで良いようだ。大分にぎわっている。
 
DSC07894.jpg
 催しのテーマは、 汽車ポッポに乗ってどこへ行くのが貴方の夢ですか? 

最近、大宮「ブラタモリ」の舞台となり、その土地の悪口・皮肉をいうタモリを初めて見たが、タモリが「旧中山道」沿いより、「氷川参道」に行きたそうだったのは好感が持てた。参道は18丁(約2km)と日本一の長さがあり、大宮駅東口を直進し、参道との交差点を左折すれば「平成広場」である。

DSC07900.jpg
 階(きざはし) 1

DSC07915.jpg
 階(きざはし) 2

DSC07906.jpg
  トンネルを左から右へグルっとスキャン

スポンサーサイト

渡部昇一

1204872413_main_l[1] (2) 追悼出版 月刊「WiLL」「歴史通」共通 


渡部昇一

渡部昇一氏(1930年(昭和5年)10月15日 - 2017年(平成29年)4月17日)が亡くなった。
「知の巨人」「碩学」「博覧強記」...と称される氏は私の郷里鶴岡の先輩で高校の先輩でもある。
専門は英語学史、文法史。二十歳代で英国に於いて出版した専門著書があり、高く評価されているという。
一方、読書、論評、著述の多様さは「碩学」「博覧強記」の名に相応しく、まさに「知の巨人」であった。

氏が終生大切にしたお姉さんの旦那さんは遠い親戚筋にあたる人で、ある年の夏、私が生まれ育った家の前庭の木陰で赤ん坊(氏の甥)を抱いたその人と兄貴たちが語り合っていたことを思い出す。岩手県岩泉へ仕事に行ったとき、地元の名士と呼ばれ黄綬褒章を受章したばかりの人に、私の今があるのはその人のおかげと、尊敬されていた立派なひとであった。また、そのひとに頼まれて渡部昇一氏に自家産のメロンを贈答品として送っていたことを父が話していたことも思い出す。

渡部昇一の著書を読むことで、読書の面白さを知り、知性的刺激を受け、好きだった歴史がますます好きになった。文章は簡潔で分かりやすく名文である。渡部昇一、藤沢周平、丸谷才一を我が高校の先輩の三名文家と思っている。

記憶に残る主な著書を示すと
『ドイツ参謀本部-その栄光と終焉』 中公新書、1974年 のち文庫祥伝社新書
『腐敗の時代』 文藝春秋、1975年 のちPHP文庫 第24回日本エッセイスト・クラブ賞受賞
『日本史から見た日本人 アイデンティティの日本史』正続 産業能率短期大学出版部 1973年-1977年 のち祥伝社黄金文庫
『日本語のこころ』 講談社現代新書 1974年 「渡部昇一の『日本語のこころ』」ワック
『知的生活の方法』 講談社現代新書、1976年 ISBN 4061158368
『英語教育大論争』 平泉渉と共著 文藝春秋、1975年 のち文庫
『漱石と漢詩』 英潮社出版、1974年
『萬犬虚に吠える』 文藝春秋、1985年 のちPHP文庫、徳間文庫 など
これら著書の特徴は、原書、一次資料によるオリジナリテイーに富むもので、他人に真似こそされ、真似事はない。


渡部昇一は論争を恐れない。
日本の戦後の論壇は東大以下著名大学がマルクス左翼思想に染まっていたこともあり、その弟子たちが大学、官僚、マスコミなどの世界を支配し、未だに左翼こそ良識という基準が日本を支配している。氏ほどの知性が国際的に開かれた教授陣を持つ「上智大学」を卒業したのは、日本の思想の多様性のために幸いだったと思う。氏はドイツ、イギリス、アメリカに留学し、教壇に立ち、外国から日本を観て、その視野で歴史観を醸成した。

特筆すべき論争相手は「朝日新聞」である。
朝日新聞は未だに「マルクス主義史観」に支配されているらしいが、氏の史観は左翼全体主義でも右翼全体主義でもない。
東西の万巻の書を読み培われたものである。

「朝日新聞」の森に埋没し迷っているひとは、この際、氏の著書を読むことをお勧めする。
森の中の高台に昇り、遥か彼方まで見通すための指標となるであろう。


地震と自助努力   「熊本地震」と「庄内地震」

p06_yamagata[1] (2) 1894 M7.0 : 庄内地震の震源地

地震と自助努力   「熊本地震」と「庄内地震」
 「熊本地震」の報道を見て連想し思い出したのが「庄内地震」である。

1995年(平成7年) 1月17日 阪神大震災(兵庫県南部地震、阪神・淡路大震災)
2004年(平成16年) 10月23日 新潟県中越大震災(新潟県中越地震)
2008年(平成20年) 6月14日 岩手・宮城内陸地震 (4,022ガルはギネス世界記録。山が崩壊
2011年(平成23年) 3月11日 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震) 福島第一原発事故
などを経験して、被災者への援助、自衛隊や各県からの応援部隊の派遣など日本の対応は迅速になったと実感している。現在、自衛隊26,000人、警察、消防その他を含め合計3万人の救助隊を派遣、しかし、食料、水などの供給は、不十分であるとメディアは報じている。これも,余震が治まれば、道路網、水道の回復により早期に改善されるであろう。

では、なぜ「庄内地震」を連想したのだろうか?
○出身地のことだから「庄内地震」について多少知識を持っている。
日清戦争 時の地震で、平和で豊かな現在の日本に比べると、国家の援助、国内他地方からの援助は期待できない状況にあった。事実被災地では、「援助は要らない。我々は自助努力でこの難関を克服する」 とした。
○「庄内地震」は酒田市中心の直下、「熊本地震」も震源が浅い内陸直下型地震で余震が多く、家屋の倒壊率が高いことなどが共通している。

image[1] 庄内地震の液状化の写真
 酒田、黒森、浜中などは砂丘地または砂地の地域で液状化現象が起こりやすい。
 東日本大震災でも湯浜~酒田間砂丘縦貫道路沿いに液状化による池・水溜りが散見された。


庄内地震について
庄内地震は、 1894年(明治27年)10月22日17時35分35秒、山形県庄内平野北部酒田市の中心部を震源として発生したMn 7.0 の内陸直下型地震である。日清戦争は、1894年(明治27年)7月から1895年(明治28年)3月。開戦3カ月、終戦まで5カ月の時点であった。北国庄内(海坂藩)は厳しい冬に向かう季節であった。

震源は極浅く、最大震度は烈震を記録している。余震も数多く発生した。震源は現在の山形県酒田市の中心部であり、庄内平野東縁断層帯で発生したと推定されている。最大震度は当時の震度階級(微震、弱震、強震、烈震の4段階)で最大の烈震である。地震の規模はM7.3、最大震度は現在の7相当と言われる。

地震の発生が日本において本格的に地震観測を始める直前であったということもあり、正確な記録に乏しく、震源についても正確な位置の特定はできていない。


被害
庄内平野、特に酒田を中心に局地集中的な大きな被害を出した。家屋損壊は本荘や山形まで及び、酒田では大火災が発生し総戸数の8割が焼失した(酒田地震大火)。
死者:726人
負傷者:8,403人
全壊家屋:3,858戸(山形県内)
半壊家屋:2,397戸(山形県内)
焼失家屋:2,148戸(山形県内)
破損家屋:7,863戸(山形県内)

庄内平野全域において地盤の亀裂や陥没、噴水・噴砂が多く発生した。例えば、袖浦村黒森(現・酒田市黒森)の砂丘では幅1町(約110m)に渡り深さ30尺(約10m)も沈下し、袖浦村浜中(現・酒田市浜中)では高さ1丈(約3m)の小山が出現した。

この地震によって当時は木造建築が大半であった家屋の破損が相次ぎ、木造建築の耐震性を改めて問うきっかけになった。このことにより、濃尾地震(1891年10月28日)を契機に設置された震災予防調査会が木造建築改良仕様書を発表した。

再来周期 歴史資料が乏しいが、前回の発生は850年頃と考えられ再来周期は約1000年。



意見
熊本地震に最大級の支援をすべきである。
アベノミクス公共投資に「ケチクサイ」という間違いを犯している。思い切った財政出動をせよ。

ニュースを見ていると、支援物資は届いているのに、状況が把握できないため被災者まで届かないというじれったさを感ずる。情報の迅速な共有が望ましい。被災者が食料を持ち寄り、炊き出しを行っている自助努力も見られ心強い報道もあった。

※意見は取り敢えずここまで

巨泉口害

大橋巨泉 大橋巨泉

巨泉口害

ときどき日本に来てラジオ、テレビに出まくり毎度下らない持論をご披露に及び金を稼いで去っていく。
永六輔、大竹まこと、・・・車でときたま聞くが、彼らとは馬が合うのかな。

巨泉にとって日本は良い国だ。安倍首相や閣僚など現政権を馬鹿呼ばわりして金が稼げるのだから。
「安倍晋三という馬鹿が総理大臣をやっている」などと・・・。 

権力の批判は良い。金を稼ぐのも良い。
しかし、日本民族が乗っている船を船ごと沈んで良い発言、沈める発言は許せない。

昨日、遊びからの帰り車でTBSラジオを聞いていたら太田光の反撃を食らっていた。かみ合わない。
しかしこれは、太田光の巧みな演出の範囲だったのかな。

巨泉口害! 巨泉老害!
こんなモノ(者)いらない!!! 大橋巨泉!!!

テンプレートを代えました


ここは辻行灯(つじあんどん)です。
テンプレートを代えました。

  辻 幸弥 (つじこうや)


プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR