FC2ブログ

「歴史のファクト」「歴史修正主義」および「コミンテルンの策謀」など 序論

「歴史のファクト」「歴史修正主義」および「コミンテルンの策謀」など
                     序論 


最近読んだ以下の数冊の著書、雑誌記事などから考えたことを述べる。

保坂正康著;昭和の怪物 七つの謎、2018.6.20、講談社現代新書、税別880円

渡辺惣樹著;第二次世界大戦 アメリカの敗北、2018.6.20、文春新書、税別1,100円
        ;戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実、2017.1.20、文春新書、税別1,100円
渡辺惣樹訳・解説、ジェフェリー・レコード著;アメリカはいかにして日本を追い詰めたか、2017.2.8、
        草思社文庫、税別900円

中西輝政(京大名誉教授)-長谷川煕(元朝日新聞記者)対談>;国際共産主義に操られる朝日新聞
        月間WiLL、2018年、10月号、pp240~253、税込840円     など



概説
ロシア革命は1917年に起こったが、アメリカはルーズベルト(FDR(フランクリン・デラノ・ルーズベルト)、第32代大統領(1933年 - 1945年、民主党))の時代までソ連を国家として認めなかった。国家としてはじめて認めたFDRの時代、アメリカ中枢部はコミンテルンのスパイに支配され、日米戦争(太平洋戦争)の原因になったハルノートを起草したハリー・ホワイトもコミンテルンのスパイであった。

一方、盧溝橋事件(1937年(昭和12年)7月7日)で日本はズルズル日華事変(日中戦争)に引き込まれたが、それはコミンテルンのスパイの直接関与、日本メディア(朝日新聞など)、軍人、政治家など「コミンテルンのテーゼ」に支配された者たちによる誤った情報操作、政治判断があったからである。

東条英機はコミンテルンの支配から逃れられない程度が低い(馬鹿な)指導者で、戦後、中曽根内閣でも活躍した瀬島龍三(元陸軍参謀)は晩年までコミンテルンのスパイであった。「石原莞爾」は一環として社会主義を研究したがそれに支配されなかったのは「東亜連盟思想」「世界最終戦争論」など確固たる「思想」「哲学」に裏打ちされていたからである。

そして、現在も、共産主義、コミンテルンテーゼの思想に支配されている日本のメディア、知識人、政治家は多い。

これらが明らかになってきたのは、1995年、米国情報公開法に基づき「ヴェノナ」と呼ばれる機密文書が公開されて以来である。
日本でも「歴史のファクト」に基づく歴史が盛んに研究され「歴史修正主義」が貶(おとし)められることなく、「コミンテルンの策謀」から解放されることを切望する。
多くの日本人にこれらの著書、記事が読まれ、ファクト(事実)に基づく正しい歴史を理解されることを望んでいる。


        isihara_g_05[1] (2) 石原莞爾

その1 
保坂正康著;昭和の怪物 七つの謎、講談社現代新書
 帯;昭和史研究の第一人者が出会った「戦争の目撃者たち」、東条英機、石原莞爾、犬養毅、渡辺和子、瀬島龍三、吉田茂が残した「歴史の闇」に迫る。

本屋で平積みされているから良く読まれている本であると思われる。
私は「石原莞爾」に関する本であればその殆どを買って読む。この本を手にして、全七章のうち「石原莞爾」だけに二章が割り当てられているので即座に購入した。 

「石原莞爾」は私の郷里・高校の先輩である。厳密には学制の変化とともに、石原が仙台陸軍幼年学校に入学する前一年間だけ在学した「庄内中学」は、「鶴岡中学」、「鶴岡高校」、「鶴岡南高校」と変遷した。私が卒業したのは最後の名前の時代である。

大学2年目の夏休みに遅れて授業料を払いに行ったとき、クラーク像に近い古めかしい木造事務棟(今は記念館)の窓口に女子事務員はおらず、留守居の事務長自らが事務処理するからと事務室に入るように促された。「君は鶴岡出身か?石原莞爾将軍を知っているか?偉い人だった。」などと何時間か話が止まらない。それは石原莞爾のファン、崇拝(敬)者が多いことを実感した初めての経験であった。

これを契機に石原莞爾に関する著書を多数読んだ。仙台にいたとき高木清寿著「東亜の父 石原莞爾」(1985/11刊)を購入し読んだとき、著者が近いところに住んでいることが分かり(著書による)、訪ねて行ったことがあった。午後何時間かお邪魔したがそのとき記憶に残った言葉は「あの世で会うとき世の中がどのように変遷したか、詳しく知らせてほしい」というのが石原莞爾の高木氏への遺言であったという。石原莞爾「予言の書」ともいえる「世界最終戦論」の行方を確かめたかったのだろう。

「昭和の怪物 七つの謎」の石原莞爾に関する多くは高木清寿氏への取材によるものだと著者保坂正康氏は語っている。高木氏は1999年まで生きたから、私がお邪魔したときとそうは違わない時期に保坂氏が取材に訪れたことになると思うとこの著書への思いが深くなることを実感する。


参考 クリック→盧溝橋事件  
本ブログ2015年7月27日 「盧溝橋事件に関する中国共産党幹部の発言」に石原莞爾少将(49歳、参謀本部第一部長)の不拡大方針について述べた。


続く

スポンサーサイト

第4次安倍改造内閣

第4次安倍改造内閣  
自民党総裁選(9月20日)の決定により、第4次安倍改造内閣が発足した。
基本方針の閣議決定(抜粋)を<参考1>に、2018年、2012年自民党総裁選を<参考2>に示す。

<私見>
新改造内閣の基本方針1が復興・国土強靱化の推進、であるのは大賛成である。
集中豪雨、気温上昇など気象の急激な変化に対応し、大規模な河川の改修、治水を行うのは喫緊の課題である。加えて今アベノミクスの問題点は●「第2の矢;財政政策」、が不十分なことにある。閣議決定1を思い切って推進するのはアベノミクスのインフレ目標2%以上達成にも、非常に有効である。財源は洪水・津波の予防など数十兆、数百兆円規模の被害を未然に防止するものであるから、未来への投資であり国債を発行すればよい。何十倍もの見返りがあるのだから、将来へのツケを残すものではない。

この際、安倍首相は、アベノミクスの果実でチマチマ借金の返済をする財務省に厳しく対処すべきである。モリカケ問題では財務省から迷惑を被ったのだから(これは真実!!私見ではない!!)、そのお返しをしたら。

憲法第9条改正に賛成する。加憲でもよい。無事推進されることを祈る。
中国、北朝鮮、ロシア情勢に危機を感じないのか? つくづく日本人は能天気だと思う。
あるいは無意識のうちにコミンテルンに洗脳されているからなのか?
直接洗脳はあり得ない。洗脳されたマスコミ、知識人、政治家などから無意識のうちに伝染したのであろう


img_631b8f1a2a040942af7be801848f014f60260[1] (2)
                            第4次安倍改造内閣

<参考1> 第4次安倍改造内閣 基本方針 の閣議決定(抜粋) 平成30年10月2日
来年は、歴史的な皇位の継承、G20サミット・・・。今こそ、日本の明日を切り拓く時である。
平成の、その先の時代に向かって、日本の底力を解き放ち、少子高齢化、激動する国際情勢に真正面から立ち向かう。
内閣の総力を挙げて、以下の政策を推し進める。

1.復興・国土強靱化の推進
まず何よりも、「閣僚全員が復興大臣である」との意識を共有し、熊本地震、東日本大震災からの復興、そして福島の再生を、更に加速する。全国各地で相次ぐ自然災害に対して、被災地の復旧・復興に全力を尽くす。
近年の集中豪雨、気温上昇など気象の急激な変化に対応し、全国的に、河川の改修、治水、砂防対策、ため池改良、熱中症予防など、防災・減災、国土強靱化のための緊急対策を、3年間で集中的に実施する。


2.頑張った人が報われる経済成長
三本の矢でデフレ完全脱却を実現する。戦後最大のGDP600兆円を目指し、AI、ロボットなど最先端のイノベーションで生産性革命を起こし、人づくり革命により誰もが夢に向かって頑張れる経済を創り上げる。
世界に先駆けて「第四次産業革命」を実現し、日本経済の新たな地平を切り拓く。

3.全ての世代が安心できる社会保障改革
子どもたち、子育て世代に大胆に投資し、幼児教育の無償化、真に必要な子どもたちの高等教育の無償化を実現する。現役世代の負担軽減のため、成長と分配の好循環により、希望出生率1.8、介護離職ゼロの実現を目指す。・・・・・・・・。

4.美しく伝統ある故郷(ふるさと)を守り、次世代へ引き渡す
新しい挑戦を後押しする農林水産業全般にわたる改革、中小・小規模事業者の生産性革命、訪日観光客4000万人の実現によって、全国津々浦々で、チャンスあふれる地方創生を展開する。人口急減地域や中山間地域・棚田地域への支援を強化する。・・・・・・・・・。

5.新しい時代のアジア太平洋の平和と繁栄の礎を築く
日米同盟を基軸に、豪印など価値観を共有する国々と、自由で開かれたインド太平洋戦略を推進する。TPPや欧州とのEPAをはじめ、新しい時代の世界のルールづくりを我が国がリードして進める。
北朝鮮の拉致・核・ミサイル問題を解決し、・・・・・日露平和条約を締結するとともに、日中関係を新たな段階へと押し上げることで・・・・・・・。 激動する国際情勢の荒波を乗り越え、新しい時代の北東アジアの平和と繁栄の礎を築く。

最後に、各府省の公務員諸君には、大いに期待している。新たな国づくりには、諸君の斬新な発想力と大胆な行動力が不可欠である。行政のプロとしての誇りを胸に、その持てる力を存分に発揮してほしい。・・・・・。



<参考2> 自民党総裁選の結果
2018年自民党総裁選挙
票数  国会議員    党員     計
安倍   329      224    553
石破    73      181    254

合計で安倍氏553票、石破氏254票と首相のダブルスコアを超える圧勝だった。2012年は僅差であったが、差が拡がった。
石破氏の国会議員票のうち、参議院議員票は汚れた義理人情票であり、党員票はTVと新聞(朝日、毎日、東京、etc.)の連日のフェイクニュースの影響で、石破が「敵の敵は味方」だったに過ぎない。



2012年自民党総裁選挙 自民党は野党で、国会議員が少ないですねぇ~
衆議員議員 116票(一人1票 )  参議院議員 82票(一人1票)  
都道府県  300票(基礎票3票×47都道府県、159票を都道府県で選挙人に応じて配分)  
合計     498票

第1回投票    得票数    議員票   地方票
安倍晋三    141票     54票    87票
石破 茂     199票     34票   165票  
町村信孝     34票     27票     7票  
石原伸晃     96票     58票    38票
林 芳正      27票     24票      3票

決選投票
議員投票による得票数
安倍晋三 108票  石破茂 89票

2012年には、第一回投票で石破が安倍を上回り、決選投票では僅差で安倍が勝った。
この結果に私は感謝する。


石破茂とは? 自民党総裁選候補者の素顔

石破茂とは? 自民党総裁選候補者の素顔
  石破茂は「正直」でも「公正」でもない。評論家であるが政治家ではない。
  安倍憎しのマスコミに騙されることなかれ。

自衛隊の最高指揮官失格
首相は自衛隊の最高指揮官であるが、石破は失格だ!!
2008年2月イージス艦「あたご」が南房総市沖で漁船と衝突、漁船の親子が死亡したことは記憶にあると思う。しかし、マスコミの報道とときの石破防衛大臣が公正でないのでこの顛末を正しく知っている人は少ないような気がする。
石破はマスコミ報道におもねる発言を繰り返し、早々に「あたご」の艦長を解任し、海上幕僚長を更迭した。
その後の刑事裁判で「あたご」に回避義務がないと結論され、全海上自衛官が無罪となった。その後自衛隊OBや関係者が石破に謝罪を求めたがほほかむりしたままである。自衛隊関係者で穏健な人でも数ある上官の中で石破だけは許せないと言っているという。首相はその最高位の上官なのである。
メディアに付和雷同して三権分立のもとで正しい判断を下せないのだから国民としてもましてや国会議員としても基本的素養にかける。首相などとんでもない。


竹下派平成研究会の参院議員が石破支持の裏
石破は鳥取県で、自民党参議院のドン青木幹雄元参議院議員会長は島根県である。「参議院選挙で“1票の格差”是正のため鳥取県と島根県は『合区』され1つの選挙区になった。
息子一彦参議院議員可愛さに青木幹雄は竹下派が石破を支持するよう声をだした。鳥取での石破の神通力を頼みにしたわけである。
私大東京医大の贈収賄事件より、公たる国会議員票の贈収賄は明らかに大きな犯罪である。この犯罪的行為で石破の国会議員票は数十票増えるらしいのだ。
吉田博美平成研究会長代行は青木幹雄に義理があるらしい。吉田の本心は安倍支持であるが心ならずも石破に投票するらしい。「あんなことを言い続けるなら石破支持を引っ込めるぞ」とその吉田が激怒しているという。吉田の逆鱗に触れたのは石破本人で「モリカケ問題」にからめ安倍政権をこき下ろす発言をしているからだという。果たして竹下派の参議院票は無事に石破に投票されるのであろうか?


正直、公正は嘘
石破の「正直・公正」には違和感がある。獣医師会から百万円の献金を受けた石破は獣医学部新設を不可能にする「石破4条件」を作り上げた。これは受託収賄罪に相当するのではないか?モリカケは朝日をはじめマスコミがその雰囲気を作っただけで確証がないが、一般大衆はその差を区別できないのは残念だ。
石破の言論には高校生の弁論大会に見られる程度の正義感がある。良く言って評論家の言である。政治にとって正義はほんの一部でしかなく、実践できるものなのかどうか問われるが、石破の言には実践の道筋が欠けている。安倍首相は実践の道筋を語っているが石破は言論明晰の中に全くそれが欠けている。大衆はこれも区別できないのかなぁ~!!!野党や左派マスコミの「お花畑思考」と同じである。石破の言を聴く度にむかつく。 お前!政治家だろう!!!

石破と人口政策
人口対策は日本の国家としての最大の問題だ。安倍が石破を初代地方創成担当大臣にしたのは、安倍が2014年の骨太の方針で50年後に1億人の人口維持という方針を初めて打ち出しているからだ。地方再生、人口維持を石破氏に託したのだ。しかし、石破がやったのは村おこし、町おこし程度のものでしかない。地方創成は大プロジェクトだったはずである。思考の規模が小っちゃいのだ。安倍はもっとスケールが大きい人材を選ぶべきで自らも骨身を削って欲しい。


008_20150929200340e51[1]                                                           これが石破が正論を吐き否定していた石破派という派閥の正体である。水月會としゃれても派閥だ。石破が掲げる文字は「下手ウマ」と言いたいだろうが心無しか品性に欠ける。

石破派 
石破は派閥があるのはおかしいと正論を吐いている。「さわらび会」から「無派閥連絡会」という名前を経て「水月会」という石破派を作った。「水月会」は禅の無私の境地だと言いたいらしいが、いつの間にか「石破派」を作ったことになる。言っていることとやることがまるで違う。自衛官の解任・更迭という対応を併せると「嘘つき、非公正」という言葉を石破に贈りたい。


憲法論議
憲法九条の二項はない方が正論と思われるかも知れない。しかし、こちらの方が安倍案よりラディカルであることは認識すべきである。石破には核には核という飛躍した思想がある。
現実論として与党に公明党があり公明党との意見統一をして2/3以上を獲得しないと憲法改定は国会を通らない。政治は現実の道筋を示すものであるから政策として安倍晋三首相の方が正しい。石破は急がなくても良いというが、中国、北朝鮮などの現状を見るにつけ憲法改正を急ぐべきである。
日本の軍事費はGDP比0.8%台に下がっているらしいが、自衛のため1%超から1.5%くらいには上げるべきである。そのためにはGDPを600→700→800兆円にあげる政策が必要である。日本が縮み思考でない政策をとっていれば現在800兆円位のGDPにはなっていただろう。

<総括>
石破は他人のためひいては国民のために汗をかかないから信用できない。政治家より評論家に向いている。
合区反対を唱えているが自分が当事者だからだ。他人のことであったら何も言わないだろう。
石破茂は小池百合子都知事もどきである。石破が首相では日本が終わってしまう。


結論:石破茂は総理大臣にしてはならない人間である。 

自民党総裁選 ≒総理大臣選出選挙

自民党総裁選 ≒ 総理大臣選出選挙
 少々馬鹿馬鹿しいが、野党に忖度(そんたく)するとすれば=ではありませぬ

朝日新聞
の加計問題の初報は、写真の周囲をぼかしてあるから、始めから朝日得意の嘘・虚報であった。世に多い言葉の切り取りの、写真版である。
その目的は安倍首相を引きずり降ろすこと。国会をあれだけ騒がせ支持率を低下させても目的を達成できていない。今回の自民党総裁選は最後のチャンスである。
満を持すように『権力の「背信」 「森友・家計学園問題」スクープの現場』 朝日新聞取材班著 朝日新聞出版 1620円(税込) を出版した。しぶとい!!! 石破氏の獣医師会からの献金など都合が悪いことには触れていないらしい。 確信的な証拠は何もなく、全編情緒の塊まりである。一方



徹底検証「森友・加計事件」 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 小川栄太郎著 飛鳥新社 1500円(税込) 10万部突破  が出版されている。
●朝日新聞は「安倍政権スキャンダル」をどうしたてたか?
●ニュースが全く伝えず、意図的に隠蔽された真相
●ファクトベースの客観的検証と綿密な取材に基づく、著者渾身のドキュメンタリー。
私はこちらの本に賛同し推薦するから、写真はこちらのみ


               9784864105743[1]

東京新聞は、自民党総裁選について
「何より避けて通れないのは、政治への信頼回復をめぐる議論だ。森友・加計両学園の問題では、公平・公正であるべき行政判断が、安倍氏の影響力で歪められたかが問われた。関連の公文書が改ざんされ、国会で官僚の虚偽答弁がまかり通るのは異常である」
どうして「もりかけ疑惑」が起きたのか。その根底にあるのは何か。総裁選を通じて「1強」と言われる安倍政権の実態を検証する必要がある。(朝日、毎日新聞も同志)

モリカケはマスコミ(朝日新聞)のデッチ上げで犯罪だ
森友問題は、分筆した土地が野田市に只(ただ)同然で事前に払い下げられていたのだから問題なし。官僚の思い違いによるいざこざがあったのは問題。政治に対しては報道犯罪である。
加計問題は、石破茂氏も噛んでいるが、獣医学部増設はこの分野の後進国日本に絶対必要である。石破は100万円の政治資金を貰い『石破4条件』でこの問題をややこしくした。今日現在も『豚(とん)コレラ』が発生しているではないか。


石破氏は『公平・公正』を口にするが、フェイクニュース『モリカケ問題』の報道の言葉でもある。物欲しそうに虚報を頼りにしているのではないか?
『安倍一強』のどこが悪いのか。中国・北朝鮮問題に対応するには、幸いな状況だ。


石破は安倍内閣の初代地方創成相であった。なんの業績があったのか?真面目にやったのか?疑問である。
石破氏は議論には強いが落ち着きがない。自民党総裁には相応しくない。小池都知事に匹敵する党遍歴を<参考>に示す。どこでも大をなせなかった石破氏が現巨大政党自民党の総裁になろうとは虫が良すぎる。6年前の自民党総裁選で安倍氏に負けたのは日本にとって幸いであった。次回はもうないように止めを刺したいものだ。


<参考> 石破茂の党遍歴
自民党離党:1993年;細川連立政権(1993年8月9日から1994年4月28日)が推進した政治改革関連4法案をめぐり、野党に転落した自民党の方針に反して賛成し役職停止処分を受けたため。

新生党:1993年6月、自民党・羽田派が宮沢改造内閣の不信任案に賛成し、可決。6月23日羽田派が自民党を離党し新生党を結成。党首羽田孜。宮沢は解散・総選挙に打って出る(嘘つき解散)。

改革の会:1994年1月に結成;代表西岡武夫;1993年6月自由民主党を離党した鳩山邦夫と、1993年12月に自由民主党を離党した西岡武夫、石破茂、笹川尭、大石正光ら総勢5名が集まって1994年1月に結成された。

自由改革連合:1994年(平成6年)7月から12月まで存在した。6月29日の内閣総理大臣指名選挙で社会党委員長村山富市に敗れた元自民党総裁・元総理大臣の海部俊樹を代表として7月27日に結成した。改革の会・新党みらい・柿澤自由党が合流。

新進党結党に参加(1994年12月10日)。しかし、1995年に国連中心主義を唱える小沢一郎が新進党党首に選出されると、安全保障政策に失望し、1996年の第41回衆議院議員総選挙を前に新進党を離党。

無所属:1996年新進党を離党し無所属

自由民主党に復党:1997年3月。2000年、第2次森内閣で農林水産政務次官に任命され、2001年の第2次森改造内閣では防衛庁副長官に任命される。



「アベノミクス」は実行されていない 3

「アベノミクス」は実行されていない 3
アベノミクスの3本の矢;
●第1の矢;金融政策  ●第2の矢;財政政策  ●第3の矢;成長戦略

これまで実効的だったのは、●第1の矢;金融政策、だけである。
日本では、●第1の矢;金融政策と●第2の矢;財政政策、を同時に実施したことがない。
●第1の矢と●第2の矢を同時に行えば、相乗効果で大きな効果が期待できる。

今、自民党総裁選の真っ最中である。この結果によりアベノミクスがしぼんでしまうのは日本経済にとって勿体ない。
そこで、日本の政策実施権を持つであろう人達の経済政策について簡単に述べる。


     s_ice_screenshot_20170605-191512[1]  安倍晋三
安倍晋三首相;アベノミクスの創始者であるから、第1、第2の矢の範囲では経済政策を理解している。ただし、第3の矢では、財界に甘い政策が多いがこれが景気浮揚の足を引っ張っている。海外労働力の移入(国際基準では移民)政策は省力化投資を促進しない。それ故、最低賃金の上昇を抑える効果があり、景気の足を引っ張る。安倍の外交センスは父安倍晋太郎の秘書時代から磨かれたものであるから、代われる人材は少ないであろう。余人はあれだけ次々と外国の要人に逢うだけで疲れ果てるだろうと思われてならない。 

     thKQLFFI6J.jpg  石破 茂
石破茂経済音痴なのではないか?『デフレは購買力が増えるから世の奥様方は喜ぶ』レベルでデフレの弊害・問題点さえ分からないのではないか?最近、それは間違いであったといっているらしいが、経済には弱く財務省の言いなり。それに、自民党を一度出た出戻りで信条に一貫性がない。外交、首脳間のつきあいのセンスがあるのだろうか?何より日本の顔になり得るのか?
頼みは『モリカケ問題』の失敗を何とか尻拭いしたい安倍嫌いの左系朝日新聞、テレビ報道、三流評論家の最後のあがきの宣伝か?(朝日の尻拭い役はプライドが許さないと思うが)

小泉進次郎:小泉進次郎は細々(こまごま)したことしか語らないから政策を持っているとは思えない。父純一郎と同じレベルの一言居士で、指導者として何より大切な大局観に欠ける。ゆめゆめ騙されることなかれ。
父小泉純一郎竹中平蔵を使い『グローバル化』を進展させた。その成果として郵便局の窓口はアメリカ資本の生命保険会社(アフラック)が独占することになった。資本が有り余っている日本で外資導入など必要を感じないが、無能な経営者と『グローバリズム』の所為である。こうなったら小泉純一郎と竹中平蔵はアメリカに逃亡(亡命)するだろうと言われていたが、小泉純一郎は原発政策と安倍晋三批判に忙しく、竹中平蔵は今もって民間委員として安倍政権の中にいる。能天気なことに彼らが国家に損失を与えたことは誰も認識していないようだ。進次郎も同レベルか?


野田聖子、岸田文雄;経済政策は未知数であるが、財務省の言いなりの可能性あり。アベノミクス継承の可能性は低い。勉強して出直して欲しい。

※安倍晋三三選阻止のため、朝日はじめ左系マスコミはあれこれ邪魔するだろう。マスコミこそ権力であることを認識し、清濁を公平に判断することを願わん!!!



プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR