FC2ブログ

石破茂とは? 自民党総裁選候補者の素顔

石破茂とは? 自民党総裁選候補者の素顔
  石破茂は「正直」でも「公正」でもない。評論家であるが政治家ではない。
  安倍憎しのマスコミに騙されることなかれ。

自衛隊の最高指揮官失格
首相は自衛隊の最高指揮官であるが、石破は失格だ!!
2008年2月イージス艦「あたご」が南房総市沖で漁船と衝突、漁船の親子が死亡したことは記憶にあると思う。しかし、マスコミの報道とときの石破防衛大臣が公正でないのでこの顛末を正しく知っている人は少ないような気がする。
石破はマスコミ報道におもねる発言を繰り返し、早々に「あたご」の艦長を解任し、海上幕僚長を更迭した。
その後の刑事裁判で「あたご」に回避義務がないと結論され、全海上自衛官が無罪となった。その後自衛隊OBや関係者が石破に謝罪を求めたがほほかむりしたままである。自衛隊関係者で穏健な人でも数ある上官の中で石破だけは許せないと言っているという。首相はその最高位の上官なのである。
メディアに付和雷同して三権分立のもとで正しい判断を下せないのだから国民としてもましてや国会議員としても基本的素養にかける。首相などとんでもない。


竹下派平成研究会の参院議員が石破支持の裏
石破は鳥取県で、自民党参議院のドン青木幹雄元参議院議員会長は島根県である。「参議院選挙で“1票の格差”是正のため鳥取県と島根県は『合区』され1つの選挙区になった。
息子一彦参議院議員可愛さに青木幹雄は竹下派が石破を支持するよう声をだした。鳥取での石破の神通力を頼みにしたわけである。
私大東京医大の贈収賄事件より、公たる国会議員票の贈収賄は明らかに大きな犯罪である。この犯罪的行為で石破の国会議員票は数十票増えるらしいのだ。
吉田博美平成研究会長代行は青木幹雄に義理があるらしい。吉田の本心は安倍支持であるが心ならずも石破に投票するらしい。「あんなことを言い続けるなら石破支持を引っ込めるぞ」とその吉田が激怒しているという。吉田の逆鱗に触れたのは石破本人で「モリカケ問題」にからめ安倍政権をこき下ろす発言をしているからだという。果たして竹下派の参議院票は無事に石破に投票されるのであろうか?


正直、公正は嘘
石破の「正直・公正」には違和感がある。獣医師会から百万円の献金を受けた石破は獣医学部新設を不可能にする「石破4条件」を作り上げた。これは受託収賄罪に相当するのではないか?モリカケは朝日をはじめマスコミがその雰囲気を作っただけで確証がないが、一般大衆はその差を区別できないのは残念だ。
石破の言論には高校生の弁論大会に見られる程度の正義感がある。良く言って評論家の言である。政治にとって正義はほんの一部でしかなく、実践できるものなのかどうか問われるが、石破の言には実践の道筋が欠けている。安倍首相は実践の道筋を語っているが石破は言論明晰の中に全くそれが欠けている。大衆はこれも区別できないのかなぁ~!!!野党や左派マスコミの「お花畑思考」と同じである。石破の言を聴く度にむかつく。 お前!政治家だろう!!!

石破と人口政策
人口対策は日本の国家としての最大の問題だ。安倍が石破を初代地方創成担当大臣にしたのは、安倍が2014年の骨太の方針で50年後に1億人の人口維持という方針を初めて打ち出しているからだ。地方再生、人口維持を石破氏に託したのだ。しかし、石破がやったのは村おこし、町おこし程度のものでしかない。地方創成は大プロジェクトだったはずである。思考の規模が小っちゃいのだ。安倍はもっとスケールが大きい人材を選ぶべきで自らも骨身を削って欲しい。


008_20150929200340e51[1]                                                           これが石破が正論を吐き否定していた石破派という派閥の正体である。水月會としゃれても派閥だ。石破が掲げる文字は「下手ウマ」と言いたいだろうが心無しか品性に欠ける。

石破派 
石破は派閥があるのはおかしいと正論を吐いている。「さわらび会」から「無派閥連絡会」という名前を経て「水月会」という石破派を作った。「水月会」は禅の無私の境地だと言いたいらしいが、いつの間にか「石破派」を作ったことになる。言っていることとやることがまるで違う。自衛官の解任・更迭という対応を併せると「嘘つき、非公正」という言葉を石破に贈りたい。


憲法論議
憲法九条の二項はない方が正論と思われるかも知れない。しかし、こちらの方が安倍案よりラディカルであることは認識すべきである。石破には核には核という飛躍した思想がある。
現実論として与党に公明党があり公明党との意見統一をして2/3以上を獲得しないと憲法改定は国会を通らない。政治は現実の道筋を示すものであるから政策として安倍晋三首相の方が正しい。石破は急がなくても良いというが、中国、北朝鮮などの現状を見るにつけ憲法改正を急ぐべきである。
日本の軍事費はGDP比0.8%台に下がっているらしいが、自衛のため1%超から1.5%くらいには上げるべきである。そのためにはGDPを600→700→800兆円にあげる政策が必要である。日本が縮み思考でない政策をとっていれば現在800兆円位のGDPにはなっていただろう。

<総括>
石破は他人のためひいては国民のために汗をかかないから信用できない。政治家より評論家に向いている。
合区反対を唱えているが自分が当事者だからだ。他人のことであったら何も言わないだろう。
石破茂は小池百合子都知事もどきである。石破が首相では日本が終わってしまう。


結論:石破茂は総理大臣にしてはならない人間である。 

スポンサーサイト

自民党総裁選 ≒総理大臣選出選挙

自民党総裁選 ≒ 総理大臣選出選挙
 少々馬鹿馬鹿しいが、野党に忖度(そんたく)するとすれば=ではありませぬ

朝日新聞
の加計問題の初報は、写真の周囲をぼかしてあるから、始めから朝日得意の嘘・虚報であった。世に多い言葉の切り取りの、写真版である。
その目的は安倍首相を引きずり降ろすこと。国会をあれだけ騒がせ支持率を低下させても目的を達成できていない。今回の自民党総裁選は最後のチャンスである。
満を持すように『権力の「背信」 「森友・家計学園問題」スクープの現場』 朝日新聞取材班著 朝日新聞出版 1620円(税込) を出版した。しぶとい!!! 石破氏の獣医師会からの献金など都合が悪いことには触れていないらしい。 確信的な証拠は何もなく、全編情緒の塊まりである。一方



徹底検証「森友・加計事件」 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 小川栄太郎著 飛鳥新社 1500円(税込) 10万部突破  が出版されている。
●朝日新聞は「安倍政権スキャンダル」をどうしたてたか?
●ニュースが全く伝えず、意図的に隠蔽された真相
●ファクトベースの客観的検証と綿密な取材に基づく、著者渾身のドキュメンタリー。
私はこちらの本に賛同し推薦するから、写真はこちらのみ


               9784864105743[1]

東京新聞は、自民党総裁選について
「何より避けて通れないのは、政治への信頼回復をめぐる議論だ。森友・加計両学園の問題では、公平・公正であるべき行政判断が、安倍氏の影響力で歪められたかが問われた。関連の公文書が改ざんされ、国会で官僚の虚偽答弁がまかり通るのは異常である」
どうして「もりかけ疑惑」が起きたのか。その根底にあるのは何か。総裁選を通じて「1強」と言われる安倍政権の実態を検証する必要がある。(朝日、毎日新聞も同志)

モリカケはマスコミ(朝日新聞)のデッチ上げで犯罪だ
森友問題は、分筆した土地が野田市に只(ただ)同然で事前に払い下げられていたのだから問題なし。官僚の思い違いによるいざこざがあったのは問題。政治に対しては報道犯罪である。
加計問題は、石破茂氏も噛んでいるが、獣医学部増設はこの分野の後進国日本に絶対必要である。石破は100万円の政治資金を貰い『石破4条件』でこの問題をややこしくした。今日現在も『豚(とん)コレラ』が発生しているではないか。


石破氏は『公平・公正』を口にするが、フェイクニュース『モリカケ問題』の報道の言葉でもある。物欲しそうに虚報を頼りにしているのではないか?
『安倍一強』のどこが悪いのか。中国・北朝鮮問題に対応するには、幸いな状況だ。


石破は安倍内閣の初代地方創成相であった。なんの業績があったのか?真面目にやったのか?疑問である。
石破氏は議論には強いが落ち着きがない。自民党総裁には相応しくない。小池都知事に匹敵する党遍歴を<参考>に示す。どこでも大をなせなかった石破氏が現巨大政党自民党の総裁になろうとは虫が良すぎる。6年前の自民党総裁選で安倍氏に負けたのは日本にとって幸いであった。次回はもうないように止めを刺したいものだ。


<参考> 石破茂の党遍歴
自民党離党:1993年;細川連立政権(1993年8月9日から1994年4月28日)が推進した政治改革関連4法案をめぐり、野党に転落した自民党の方針に反して賛成し役職停止処分を受けたため。

新生党:1993年6月、自民党・羽田派が宮沢改造内閣の不信任案に賛成し、可決。6月23日羽田派が自民党を離党し新生党を結成。党首羽田孜。宮沢は解散・総選挙に打って出る(嘘つき解散)。

改革の会:1994年1月に結成;代表西岡武夫;1993年6月自由民主党を離党した鳩山邦夫と、1993年12月に自由民主党を離党した西岡武夫、石破茂、笹川尭、大石正光ら総勢5名が集まって1994年1月に結成された。

自由改革連合:1994年(平成6年)7月から12月まで存在した。6月29日の内閣総理大臣指名選挙で社会党委員長村山富市に敗れた元自民党総裁・元総理大臣の海部俊樹を代表として7月27日に結成した。改革の会・新党みらい・柿澤自由党が合流。

新進党結党に参加(1994年12月10日)。しかし、1995年に国連中心主義を唱える小沢一郎が新進党党首に選出されると、安全保障政策に失望し、1996年の第41回衆議院議員総選挙を前に新進党を離党。

無所属:1996年新進党を離党し無所属

自由民主党に復党:1997年3月。2000年、第2次森内閣で農林水産政務次官に任命され、2001年の第2次森改造内閣では防衛庁副長官に任命される。



「アベノミクス」は実行されていない 3

「アベノミクス」は実行されていない 3
アベノミクスの3本の矢;
●第1の矢;金融政策  ●第2の矢;財政政策  ●第3の矢;成長戦略

これまで実効的だったのは、●第1の矢;金融政策、だけである。
日本では、●第1の矢;金融政策と●第2の矢;財政政策、を同時に実施したことがない。
●第1の矢と●第2の矢を同時に行えば、相乗効果で大きな効果が期待できる。

今、自民党総裁選の真っ最中である。この結果によりアベノミクスがしぼんでしまうのは日本経済にとって勿体ない。
そこで、日本の政策実施権を持つであろう人達の経済政策について簡単に述べる。


     s_ice_screenshot_20170605-191512[1]  安倍晋三
安倍晋三首相;アベノミクスの創始者であるから、第1、第2の矢の範囲では経済政策を理解している。ただし、第3の矢では、財界に甘い政策が多いがこれが景気浮揚の足を引っ張っている。海外労働力の移入(国際基準では移民)政策は省力化投資を促進しない。それ故、最低賃金の上昇を抑える効果があり、景気の足を引っ張る。安倍の外交センスは父安倍晋太郎の秘書時代から磨かれたものであるから、代われる人材は少ないであろう。余人はあれだけ次々と外国の要人に逢うだけで疲れ果てるだろうと思われてならない。 

     thKQLFFI6J.jpg  石破 茂
石破茂経済音痴なのではないか?『デフレは購買力が増えるから世の奥様方は喜ぶ』レベルでデフレの弊害・問題点さえ分からないのではないか?最近、それは間違いであったといっているらしいが、経済には弱く財務省の言いなり。それに、自民党を一度出た出戻りで信条に一貫性がない。外交、首脳間のつきあいのセンスがあるのだろうか?何より日本の顔になり得るのか?
頼みは『モリカケ問題』の失敗を何とか尻拭いしたい安倍嫌いの左系朝日新聞、テレビ報道、三流評論家の最後のあがきの宣伝か?(朝日の尻拭い役はプライドが許さないと思うが)

小泉進次郎:小泉進次郎は細々(こまごま)したことしか語らないから政策を持っているとは思えない。父純一郎と同じレベルの一言居士で、指導者として何より大切な大局観に欠ける。ゆめゆめ騙されることなかれ。
父小泉純一郎竹中平蔵を使い『グローバル化』を進展させた。その成果として郵便局の窓口はアメリカ資本の生命保険会社(アフラック)が独占することになった。資本が有り余っている日本で外資導入など必要を感じないが、無能な経営者と『グローバリズム』の所為である。こうなったら小泉純一郎と竹中平蔵はアメリカに逃亡(亡命)するだろうと言われていたが、小泉純一郎は原発政策と安倍晋三批判に忙しく、竹中平蔵は今もって民間委員として安倍政権の中にいる。能天気なことに彼らが国家に損失を与えたことは誰も認識していないようだ。進次郎も同レベルか?


野田聖子、岸田文雄;経済政策は未知数であるが、財務省の言いなりの可能性あり。アベノミクス継承の可能性は低い。勉強して出直して欲しい。

※安倍晋三三選阻止のため、朝日はじめ左系マスコミはあれこれ邪魔するだろう。マスコミこそ権力であることを認識し、清濁を公平に判断することを願わん!!!



「アベノミクス」は実行されていない 2

「アベノミクス」は実行されていない 2
前章に『「アベノミクス」は実行されていない』を書いたがその続きである。

owqrDmfh[1]
                        台風12号 2018.7.28

記録にないような超大豪雨災害(西日本豪雨)を広島、岡山、愛媛県などが被災し、死者が200人を超えた。今テレビで、台風12号が間もなく上陸すること、いつもと逆の東側から西日本を襲うこと、および西日本豪雨被災地の現状報告がなされている。
近年、北九州朝倉・日田、広島市などの大災害もあり、しかも今回の西日本豪雨は雨量1,000mm超の記録もあることから当然地球温暖化の影響が考慮される。水害はかつてない大規模化の時代に入った。 


今、報道は如何に災害から逃げるかばかりで、まだ、その対策については殆どなされていないが、ここでは政治・行政、メディアに思い切った批判・注文を付けることにする。
近年、緊縮財政で国の国土への財投が少なくなった。『コンクリートから人へ』は、与党民主党時代のお題目として聞いたが、朝日新聞の社是の様なものでもある。


与党蓮舫(現枝野立憲民主党主もだが)は民主党の悪名高い『事業仕分け』でスーパーコンピュータは「2位では駄目なんですか」の迷言を吐いたが、高規格堤防=スーパー堤防も無駄とバッサリと仕分けた。国民の命を守るのが政治の役目とすれば失敗したことが今回見事に証明されたことになる。

000100075[1]
         スーパー堤防=高規格堤防 説明図  hは堤防最高部の高さ

東日本大震災のとき、朝日新聞はなお『コンクリートから人へ』がなおざりにされてはならない、これを機会に土建国家にならないかという危惧があるとまことしやかな報道をした。朝日は被災地はかわいそうだと言いながら、復興予算は勿体ないと矛盾にみちたことを言っていた。原発被害を除く東日本大震災の被害額は多めに見積もっても6兆円なのに、なぜか復興予算は23兆円に膨らまされて、少なくとも最初の5年で19兆円もばら撒かれてしまうと言った。
※6兆円では被災地の跡片付けも出来なかったのだから、振り返るとこの言は間違いだったことになる。日本人は過去の過ちを正さず、忘れてしまうという美徳を持っているらしいが、もっと批判的になることも必要である。



<まとめ>
民主党政権も朝日新聞も『コンクリ―トから人へ』に代表されるように災害大国日本への、日本国土への財投に冷淡である。日頃テレビの影響でリベラルが正義であるかのように感じさせられている日本国民はその影響で、『土建国家』 は国の停滞を代表する言葉のように躾けられてきたのではないか?その裏には東大教授や慶大教授や名だたる評論家、論客もいるから猶更である。

しかし、国土は守らなければならない。『国土強靭化』といわれて久しいが、最近の災害多発の状況は国民が自分たちの意志として政治を動かし国土を守らなければならないことを示している。
これは経済政策としても理にかなっていることで、縮小日本から繁栄する日本への自然な道筋である


続く

「アベノミクス」は実行されていない

「アベノミクス」は実行されていない

6月15日に「経済財政運営と改革の基本方針(骨太方針2018)」が閣議決定された。
私はリフレ派を支持するから、この方針では日本の将来は危うく暗いと悲観する。
すなわち、貧困者の比率が高いままで、結婚できない貧困層も減らず、貧困児童も多いまま放置される。
何よりも人口の減少原因もそのまま放置されることになる。生まれ出ずるべき数十万、数百万の葬り去られた日本人の怨嗟の悲鳴が聞こえてくるようだ。何という残酷か?

「アベノミクス」により、失業者が減少し(就職率向上)、若者の就職率が向上し、ボーナスの支給率が増えるなどの効果があったが、未だデフレを脱却するに至っていない。今手を抜けばすぐにデフレに戻ってしまう状況にある。これでは如何にも勿体ない状況と言える。
この原因は何か?アベノミクスの3本の矢は以下に示すものである。


○アベノミクスの3本の矢;
●第1の矢;金融政策:
●第2の矢;財政政策
●第3の矢;成長戦略


      img20171025225600807544[1] (2)
                               財務省

第1の矢は、黒田日銀総裁のもとで実行している。
第2の矢は、形の上で僅かばかりやったことがあるが、まだ殆どやっていないといえる。
財務省が抵抗しているからである。財務省は国会議員、経済評論家やマスコミに宣伝して回り、財政規律を楯に『第2の矢』に抵抗している。日経、朝日新聞等も反『アベノミクス』である。その表われが骨太方針2018である。新聞業界でリフレ派を理解するのは産経新聞の田村秀男氏位であろうか?

安倍晋三は首相であるから自分の政策を実行できるかというとそうはいかないようだ。
リフレ派の論客;藤井聡、三橋貴明、高橋洋一氏などと夕食を共にしながら、安倍晋三首相は自分の思い通りにはいかないと嘆いたらしい。三橋貴明氏は国民が財政政策について発言しないと、安倍首相でさえ思い通りに政策を行えないというのが現実だから何とか発言して国会に届けて欲しいと言っている。


      694992274f158355c2b007b72dcac099[1]
          高橋洋一氏   全部ウソ → 増税しかない 財政破綻寸前 日本国債暴落 

日本は財政の失策により 『8,000兆円/20年間』 損したという試算がある。
これにより、1000兆円の国家赤字も、貧困者の増加も、貧困児童の増加も、人口減少の原因も、全て説明できる。
日本だけが経済成長しなかったが、他の先進国並みの成長したとすると、このような試算が成立する。


試算のようにならなかったのは、財政政策の失敗である。責任は第一に政治、第2に財務省にあるが、財務省の頑迷さを考えると責任はバカな国家議員より財務省にあると言える。結果として勤勉で優秀な日本人の個人所得が世界の27位に過ぎないというバカなことになった。
国民よ、この事実に大いに怒れ!!!

いっそのことモリカケ問題で財務省を解体したら良い。
国民よ! 貴方が報われなかったのは、頑迷な財務省が日本を牛耳って来たからである。
その失敗は冗談では済まされない残酷なものである。自殺者は増え、生まれるべき命が生まれず人口が減少した。
主権者たる我々の力で財務省を解体しようではないか。


プロフィール

 辻 幸弥 (つじこうや)

Author: 辻 幸弥 (つじこうや)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR